Google レスポンシブ検索広告(RSA)とは?入稿仕様と活用するための4つのポイント

Google レスポンシブ検索広告(RSA)とは?入稿仕様と活用するための4つのポイント

レスポンシブ検索広告とは、複数パターンの広告見出しや説明文を使って、従来のテキスト広告にくらべユーザーにより関連性の高いメッセージを表示することができる広告です。

検索広告では、限られた広告テキストの文字数をやりくりして、訴求ポイントや表現を変えた広告パターンをいくつも作成しますよね。作成したどのパターンがユーザーからの反応がいいかを検証していくのは成果を改善する方法の一つですが、試したい広告のパターンが多ければ多いほど時間や手間も掛かり、すべてのパターンを検証するのは必ずといっていいほど現実的ではありません。

そのような中で活用できるのがGoogle 広告の「レスポンシブ検索広告(responsive search ads、RSA)」です。

レスポンシブ検索広告でできること

レスポンシブ検索広告

レスポンシブ検索広告を使うと、設定した複数パターンの広告見出しや説明文を自動でさまざまに組み合わせ、機械学習を活用することによりユーザーごとに関連性の高い広告を表示できるようになります。従来のテキスト広告との違いは、大きく3つあります。

1.デバイスの幅などに合わせて柔軟に広告文を作成

デバイスの幅に適応した柔軟な広告が作成されるため、さらに広いスペースを使って見込み顧客とメッセージを共有できます。

2.関連性の高い広告文の組み合わせを自動で

自動的にユーザーに最も関連性の高い組み合わせの広告を表示でき、今までの様に広告見出しと説明文の組み合わせを1つ1つ考えなくて良いので時間を節約できます。

3.オークション機会が増える

広告見出しの数が多いと検索語句の一致率が高まりオークションでの入札数が増えるため、既存のテキスト広告では獲得できなかったクリックやコンバージョンを獲得できより多くの見込み顧客にアプローチできます。

レスポンシブ検索広告の入稿仕様

レスポンシブ検索広告は、入稿時に広告見出しや説明文などを複数パターン含めることで、それらを組み合わせてさまざまな広告文を動的に生成することができます。

種別

入稿可能数

文字数

カウント方法

広告見出し

3~15個

30文字以内

全角および半角カナ:2文字

半角英数記号:1文字

説明文

2~4個

90文字以内

表示URL

※オプション

0~2個

15文字以内

広告見出し

最小3種類~最大15種類の広告見出しを設定できます。2個~3個の広告見出しを順不同で表示します。

説明文

最小2種類~最大4種類の説明文を設定できます。1個~2個の説明文を順不同で表示します。
2018年9月に拡張テキスト広告に広告見出し3と説明文2が追加されたタイミングで説明文の文字数上限が半角80文字から半角90文字に変更されています。

参考:[随時更新] リスティング広告、広告テキストの文字数マニュアル

表示URL

表示URLは、拡張テキスト広告と変更はありません。ドメインは自動で入力され、最大2つのパスフィールドを任意で追加することができます。ユーザーがサイト上のどこのページにたどり着くかわかりやすくするのに役立ちます。

表示位置を固定することもできる

さまざまなパターンが作成できると言っても、「一番はじめの広告見出しにはこれを表示したい」や「このフレーズはこの位置には表示したくない」といった要望も出てくるでしょう。レスポンシブ検索広告では、特定の内容の表示位置を固定することもできます。

広告見出しにカーソルを合わせるとピンアイコンが表示され、ピンアイコンをクリックするとどこの位置に固定するかを選択できます。

広告見出し1には固定した広告見出し(この場合「アナグラム」と「アナグラム株式会社」)だけが表示されるようになり固定していない広告文は広告見出し1に表示されなくなります。
説明文も同様に、固定した箇所にのみ表示されるようになります。ただし、説明文2を固定した場合は、そもそも表示されない場合があるので注意が必要です。

特定のテキストを常に広告内に表示したい場合は、広告見出し3と説明文2は表示されないことがあるので、広告見出し1また2、説明文1に固定するようにしてください。

ピンの設定は控えめに

広告見出しと説明文を最大数設定した時に広告見出しを1件固定すると、組み合わせのパターンは大幅に少なくなってしまうため、レスポンシブ検索広告のメリットを十分に活用するためには、ピンの設定は控えめにすることをおすすめします。

レスポンシブ検索広告の入稿方法

広告タブより「レスポンシブ検索広告」を選択します。

広告見出し、説明文、最終ページURL、表示URL(任意)、URLオプション(任意)をそれぞれ入力して保存します。

右側に表示できるスマートフォンおよびデスクトップでのプレビューを確認しながら、内容の調整をしていきましょう。

広告の効力(Ad strength)

入稿画面の右上に「広告の効力」という項目があり、今入稿しようとしている広告見出しや広告文の組み合わせを評価し、入稿画面で効果を向上させるための改善を提示してくれます。

広告の効力

未入力の場合

広告の効力

入力はしたが広告見出しに改善ポイントがある場合

広告の効力

改善ポイントがない場合

レスポンシブ検索広告を活用するための5つのポイント

広告見出しと説明文は順不同で表示されることを念頭に置き、単体でも組み合わされても意味が通じるように作成をしましょう。

1.異なる広告見出しを、少なくとも8個以上作成

広告見出しが多ければ多いほど、Google 広告でメッセージを関連性の高い広告にまとめるオプションが増え、掲載結果の向上につながります。

2.広告見出しのバリエーションは豊かに作成

ターゲットとなるメインキーワードを含めた広告見出し、メインキーワードを含まない広告見出し、商品やサービスのその他のメリット、ユーザーのために解決できる問題、配送や返品についての情報などで作成してください。

3.キーワード挿入機能も活用

キーワード挿入機能を活用することで、より多くの広告文で配信を行うことができます。

4.レスポンシブ検索広告は広告グループごとに1つだけ作成

1つの広告グループに複数のレスポンシブ検索広告が入稿されているとさまざまなバリエーションのテストを行えずに、最適化が遅くなる可能性があります。

5.広告グループごとに2つ以上の拡張テキスト広告を

広告グループごとに1つだけレスポンシブ検索広告を作成しますが、あわせて2つ以上の拡張テキスト広告を作成することが推奨されています。

参考:効果的なレスポンシブ検索広告を作成する – Google 広告 ヘルプ

レスポンシブ検索広告を用いることで、さまざまな検索語句の一致率が高まりオークションでの入札数が増える一方で、効果の良い見出しは積極的な表示が期待できるよう拡張テキスト広告として入稿するのが良いでしょう。レスポンシブ検索広告で成果の良かったパターンを拡張テキスト広告として入稿し、レスポンシブ検索広告へはさまざまなアセットを追加してテストを継続するのが、運用方法のひとつです。逆に明確に効果をテストしたい場合には拡張テキスト広告で試すのが有効です。どのような結果を得た以下によって、2つの広告フォーマットを有効に利用するのがオススメです。

まとめ

レスポンシブ検索広告では、広告見出しや説明文の数が少なかったり、類似したメッセージの広告文ではGoogle 広告の機械学習を最大限活用することができません。

機械学習を最大限活用するために、レスポンシブ検索広告を入稿する前に、広告をどのようなメッセージでユーザーに届ければよいかをいま一度見直す良いタイミングかもしれません。
こちらの記事を参考に広告文について整理してみてはいかがでしょうか。

参考:クリックを呼ぶ広告文: 広告文改善のための10のチェックリスト
参考:広告文をレベルアップさせる、最低限チェックしたい5つのポイント

この記事のURLをコピーする
Naoya Ebana

Naoya Ebana

アナグラム株式会社 クルー。プログラマ、ネットショップ運営を経験しインターネット広告の世界へ。地方の代理店にて運用型広告を2年間様々な業種を100社以上経験し、2018年5月よりアナグラムへ参画。

最近書いた記事

カテゴリ

更新情報をお届けいたします!

メールアドレスを登録していただくだけで、あなたにおすすめの情報や更新情報をお届けいたします。ぜひご登録ください!アナグラムのブログ更新は公式Facebookページ、Twitterでも受け取れます。

  • メールアドレスと登録する
  • Facebookで更新情報を受け取るTwitterで更新情報を受け取る

関連記事