Google 広告の「広告カスタマイザ」の使い方|できることや設定方法を解説

Google 広告の「広告カスタマイザ」の使い方|できることや設定方法を解説
広告カスタマイザとは、データフィードを使用してユーザーの検索語句や場所、時間などに合わせて、広告文の広告見出しや説明文などのテキストを動的に変更することができる機能です。

Google 広告の「広告カスタマイザ」。名前は聞いたことがあるけど本格的に活用できていない、という方が多いのではないでしょうか。広告カスタマイザはうまく活用することで、よりユーザーの検索語句や検索している状況に応じた広告文を配信することができます。今回はそんな広告カスタマイザの使い方を分かりやすく解説していきます。

広告カスタマイザでできること

広告カスタマイザでできることは主に3つです。

  1. キーワードに応じて広告文をカスタマイズ
  2. 地域に応じて広告文をカスタマイズ
  3. ユーザーが検索する時間に応じて広告文をカスタマイズ

広告カスタマイザを利用すると、通常のテキスト広告とは異なり、検索やユーザーの場所などごとに広告文をカスタマイズ可能になります。まずは、どのような仕組みでこれを可能としているのか見ていきましょう。

どのような案件に向いているのか

まず、在庫が日々変動するアカウントや商材ごとに期間限定セールを頻繁に実施するアカウントは広告カスタマイザがとても向いています。このようなアカウントの場合、数ある商材ごとに訴求を変更することやセールを期間ごとに更新することがとても大変です。しかし、そのような作業を毎日のように広告文の変更を行う必要なくデータフィードの更新をするだけで済むという点で広告カスタマイザは非常に魅力的です。

また、ユーザーの検索語句や検索意図に合わせて広告文を柔軟にカスタマイズできるため、よりユーザーがいま求めているであろう正確な情報を提供しやすくすることもできますよね。

広告カスタマイザの仕組み

広告カスタマイザは、別途用意したGoogle 広告の管理画面からアップロードできるデータフィードの内容を、条件に合わせて広告文へ呼び出すことで、文面を動的にカスタマイズすることができます。

たとえば、特定のキーワードに対して表示させる広告のテキストを、あらかじめ登録したデータの内容で指定することができます。

データフィードとは

データフィードとは特定のルールに則って整理・構造化されたデータ郡のことです。


広告カスタマイザではこのような特定のルールをこちら側で設定し、データフィードを作成します。そのフィードを広告文へ設定することで、作成したフィードのルールに応じて広告文が動的に変化するようになります。

広告カスタマイザの設定方法

ここでは「広告カスタマイザでできること」ごとに「データフィードの作成」と「広告文への設定」、各段階を順々に説明していきます。

データフィードの作成

広告カスタマイザのデータには動的に変更を反映させる広告を指定する「ターゲット属性」と広告カスタマイザの適用範囲(デバイスや地域)や日時などのスケジュールを指定できる「標準の属性」、表示する内容を指定する「カスタム属性」が用意されています。

設定可能なターゲット属性一覧

ターゲット属性はキャンペーン・広告グループ・キーワードや地域などさまざまにあり、データフィードを作成する際には必ずどれかを指定する必要があります。また、それぞれのターゲット属性を組み合わせて設定することも可能です。

属性

機能

有効な値

Target keyword

この行をトリガーするキーワード

キーワードとマッチタイプ記号(例: 完全一致の場合は[花])。マッチタイプの形式をご覧ください。

Target keyword text

この行をトリガーするキーワード。キーワードのマッチタイプは “Target keyword match type” 列で指定

マッチタイプ記号を付けないキーワード

Target keyword match type

“Target keyword text” 列の対象キーワードに適用するマッチタイプ

broad または phrase または exact

Target ad group

この行のデータを使用する広告グループ

既存の広告グループ名

Target campaign

この行のデータを使用するキャンペーン

既存のキャンペーン名

Target location

ユーザーの現在地や関心のある地域にマッチした場合に、この行をトリガーする場所

地名(言語は自由)

Target location restriction

“Target location” に記載されている地域に適用されているターゲット設定の種類

Physical location または空のセル

引用元:広告カスタマイザの設定 – Google広告 ヘルプ

設定可能な標準の属性一覧

標準の属性は指定することでデバイスやカスタマイザを使用した広告文のスケジュールなどを設定できる機能です。一方、カスタム属性は自身で属性を指定することができる機能であり、その際は「属性 (属性のデータ型)」の形式で記入する必要があります。

属性

機能

有効な値

Device preference

スマートフォン(タブレット、パソコン以外)で表示する広告のデータ行を制限

mobile または all

Scheduling

広告カスタマイザを表示する曜日と時間

曜日、開始時間 – 終了時間。たとえば、月曜日の午前 9 時~午後 5 時までのスケジュールを指定する場合、「Monday, 09:00 AM – 05:00 PM」と入力します。複数の曜日を設定する場合は、曜日をセミコロンで区切ります。月曜日と火曜日の両方に設定する場合は、「Monday, 09:00 AM – 05:00 PM; Tuesday, 09:00 AM – 05:00 PM」と入力します。

Start date

フィード アイテムの掲載を開始する日

yyyy/mm/dd hh:mm:ss(24 時間表示)

End date

フィード アイテムの掲載を停止する日

yyyy/mm/dd hh:mm:ss(24 時間表示)

Custom ID

データ行を識別する一意の値。各行に自動的に “Item ID” と呼ばれる値が指定されますが、独自の custom ID 値を作成して Google 広告 から認識させることもできます。

文字と数字の任意の組み合わせ

引用元:広告カスタマイザの設定 – Google広告 ヘルプ

カスタム属性用のデータ型

カスタム属性は文字通り任意の属性を指定できますが、広告文に反映させるデータ型はこれらの仕様に沿ったものである必要があります。

属性のデータ型

一般的な用途

使用できる文字

値の例

text

商品名

文字、数字、記号

ハイキング靴

number

在庫数

整数

11

price

金額

数字(小数を含む)と有効な通貨記号

$24.99

date

タイムスタンプ

yyyy/MM/dd hh:mm:ss

2014/08/14 17:01:00

引用元:広告カスタマイザの設定 – Google広告 ヘルプ


これらのターゲット属性と標準・カスタムの属性使用して、フィードを構成できます。

広告カスタマイザのデータフィードの設定方法

広告カスタマイザを使用するためには「データフィードの作成」と「広告文への設定」の2つのステップが必要です。

まずは「データフィードの作成」に際して、広告カスタマイザ データフィードのテンプレートのダウンロードとアップロード方法について解説します。

広告カスタマイザ データのアップロードの方法

まずはGoogle 広告の管理画面より右上にある ツールと設定>ビジネスデータの画面に遷移して、「+」ボタン>「広告カスタマイザ データ」ボタンに推移してテンプレートをダウンロードしましょう。

ここから広告カスタマイザ データフィードのテンプレートもダウンロードできますので、テンプレートをベースに作成するとスムーズです。

テンプレートをもとに広告カスタマイザ データを作成したら、同じビジネスデータ上の画面からフィードファイルを選択、ファイル名を記載してアップロードができるので覚えておきましょう。

ここではGoogleスプレッドシートで定期更新する方法をご紹介しますが、他の方法も合わせて以下の形式を選択できます。

  • Googleスプレッドシート
  • HTTP / HTTPS
  • FTP / SFTP

データフィードの定期更新の設定方法

また、フィード内容が定期的に変化していく場合、いちいち手動でフィードを手動でアップロードしなくても、フィードを定期的に自動更新してくれるような設定をすることも可能です。

Google スプレッドシートでの設定例

データフィードの中身の更新頻度に合わせて設定しておくことで、最新の情報を常に更新して利用することができるようになります。

広告カスタマイザ用のデータフィードテンプレートのダウンロードとアップロード方法を確認したら次にデータフィードの中身の作成と広告文への設定方法について説明していきます。

広告カスタマイズを用いる広告文の設定

アップロードした広告カスタマイザ用のビジネスデータを広告文に呼び出すために、広告文のテキストには「構文」とよばれる形式での記述を行います。

構文は、「データ名」と「属性」を指定しておきます。こうすることで、ターゲット属性が一致するデータが構文に代入されて広告テキストに反映されます。


それでは、広告カスタマイザを利用してどのように広告文を動的に変更することができるのか見ていきましょう。

1. キーワードに応じて広告文を変更

キーワード毎に広告文を動的に変えたい場合は、下記のような関係性になります。

キーワード挿入機能との違い

Google 広告にはユーザーが検索した語句に一致したキーワードを広告文に動的に挿入する機能である「キーワード挿入機能」というものがあります。

広告カスタマイザのキーワードに応じて広告文を変更する機能は、このキーワード挿入機能と似ている部分がありますが、これら2つの機能には決定的な違いがあります。

キーワード挿入機能はユーザーが検索した語句に一致した設定しているキーワードそのものしか挿入できませんが、広告カスタマイザはユーザーが検索した語句に一致した設定しているキーワード以外の文言も挿入できます。

そのため設定したキーワードに対して、より柔軟に広告文を変更したい場合には広告カスタマイザを使用することをおすすめします。

2. 地域に応じて広告文を変更

ユーザーの現在地や関心のある場所に応じて、広告文を変化させることもできます。

例えば、特定の地域限定のセールや店舗ごとにセールによる割引率や商品ラインナップが異なる場合に有効です。地域ごとの広告文を用意したり広告キャンペーンを細分化したりが非効率な場合には検討してみるのがおすすめです。

3. ユーザーが検索する時間に応じて広告文を変更

定期的なイベントの告知や、一度限りのイベントまでの期限の告知を行いたい、といったこともあるかと思います。

そのような場合は「カウントダウン関数」を使用することでユーザーが検索した時間に応じて広告文をカスタマイズすることができます。

一度限りのイベントまでの期限の告知

一度限りのイベントの場合は、データフィードの登録は必要なく、イベントの日時を登録広告文にそのまま入力するだけで、期限を告知することができます。イベントの日時が終了すると広告文は表示されなくなります。

同じように” { “を入力し設定を行うと以下のような構文を含む広告文が作成され広告文が日程までのカウントダウンで変更されるようになります。

一度限りのイベントまでの期限の告知の構文例

また、イベント日時の何日前から広告文を表示させるかを設定することも可能です。(デフォルトではイベント日時の5日前から表示されます。)

定期的なイベントの告知

定期的なイベントの告知に応じてカスタマイズする場合はカスタム属性の「講師(text)」「日程(date)」など使用した構成のフィードを作成します。

条件に合わせて広告文にテキストを挿入できるIF関数

今までご紹介させていただいた機能以外にも、条件に合わせてテキストを挿入することができる「IF関数」という機能もあります。このIF関数を利用すると、以下の2つの条件で広告テキストを変更することができます。

  • デバイス
  • オーディエンスリスト

IF関数に関しても{ を入力することでデバイス・オーディエンスなどの条件設定が簡単に行なえます。例えばモバイルユーザー向けに広告文のテキストを変更したい場合は、登録広告文と表示広告文の関係性は下記のようになります。

フィードを用意する必要がない分、手軽に導入することができます。

動的テキストそれぞれに代替値を設定できる「デフォルト値」の設定

広告カスタマイザやIF関数を利用した広告文においてはデフォルトのテキストを指定することができます。デフォルト値を利用することによって、データフィードに適合しないような場合でも、代替されるテキストが挿入され常に掲載が可能な状態となります。

デフォルト値を設定する際は以下のような構文を使用します。

構文:{=データ名.属性名:デフォルトのテキスト}

IF関数とデフォルト値設定についての詳細はこちらの記事もどうぞ。
参考:Google アドワーズに「IF関数」・「広告カスタマイザのデフォルト値設定」機能が追加

広告カスタマイザの注意点

広告カスタマイザを利用するにあたって、いくつか注意点があります。

1.デフォルト値の設定もしくは広告カスタマイザを使用していない通常の広告文が広告グループ内に最低1つ必要

表示できる広告が何もない状態とならないよう、このような仕様となっています。広告本数を増やしたくない場合にはデフォルト値の設定がおすすめです。

2.文法や綴りに誤りがあると表示されない

句読点や大文字表記、スペースが入っていたり、同じ文字が反復していないか注意しましょう。

3.文字数制限に抵触していると表示されない

属性データが入力された結果の文字数が、あらかじめ決められた通常の広告テキストの文字数制限を超えてしまうと、該当の広告テキストは表示されず、デフォルトのテキストが適用されるか通常のテキスト広告が表示されます。適用後に文字数がオーバーしないよう、余裕をもった文字数で設計をしておきましょう。

4.リンク先URLは変えられない

動的に変更できるのはテキストのみであり、リンク先のURLを変更することはできません。リンク先を変更する必要がある場合は、リンク先ごとに広告をヨウイしておきましょう。


通常の広告文と違い、動的に広告文が変化するため、はじめは実際に検索をしてみてどのように表示されているか確認することをおすすめします。

まとめ

今回は広告カスタマイザの「できること」と「具体的な設定方法」について解説をしました。

一見、難しそうに見える広告カスタマイザですが、仕組みと設定方法は意外と簡単です。しっかりと理解し使いこなせるようになれば、ユーザーごとに広告文を変えるなど、今まではできていなかった訴求方法ができるようになり、広告文を作成する際の幅が広がるので、ぜひ活用してみてください。

この記事のURLをコピーする
Jungo Nagai

Jungo Nagai

アナグラム株式会社 クルー。大学時代にサッカークラブのスタッフとして従事。その後大学院にてスポーツ参加を促す研究に取り組む。現在はお客様のビジネスのお手伝いができるようリスティング広告などの運用を行っています。無印良品が好き。

最近書いた記事

カテゴリ

更新情報をお届けいたします!

メールアドレスを登録していただくだけで、あなたにおすすめの情報や更新情報をお届けいたします。ぜひご登録ください!アナグラムのブログ更新は公式Facebookページ、Twitterでも受け取れます。

  • メールアドレスと登録する
  • Facebookで更新情報を受け取るTwitterで更新情報を受け取る

関連記事