Yahoo!ディスプレイ広告 、コンテンツキーワードターゲティングの提供開始を発表

Yahoo!ディスプレイ広告 、コンテンツキーワードターゲティングの提供開始を発表

Yahoo!ディスプレイ広告(以下、YDA)で、コンテンツキーワードターゲティングが提供されることが発表されました。

参考:ディスプレイ広告(運用型) コンテンツキーワードターゲティングの提供について

2021年7月29日提供開始が予定されています。

この記事では、現時点で分かっている「コンテンツキーワードターゲティング」の機能や仕様についてご紹介します。

※広告アカウントへの実装後に、設定方法を含めて更新予定です

YDAのコンテンツキーワードターゲティングとは?

コンテンツキーワードターゲティングは、システムから提供されたキーワードを選択して、それに関連するウェブページやアプリに広告を配信するターゲティング手法です。

画像引用元:ディスプレイ広告(運用型) コンテンツキーワードターゲティングの提供について

コンテンツをターゲティングする手法には「サイトカテゴリ」や「プレイスメント」がありましたが、キーワードに基づきより柔軟に掲載先を指定できるため、その中間に位置づけられます。

配信先から除外するコンテンツの指定にも

また配信対象のコンテンツをターゲティングするだけではなく、配信先から除外するコンテンツを指定する方法としても利用が可能です。

例えば、知育玩具を販売している広告主が、「幼児教育」や「育児」というキーワードをコンテンツキーワードターゲティングで指定します。

ただ、「育児」というキーワードに関連して、度々話題になる男性の育児参加などの社会問題系のニュースコンテンツなどには配信したくないとすれば、「事故」などのキーワードで除外設定することが考えられます。(キーワードはシステムによって提供されるため、これらは選択できない可能性があります)

コンテンツキーワードターゲティングの注意点

配信に利用する場合にも、除外に利用する場合にも、以下の仕様を把握していないと意図とは異なった広告配信となってしまう可能性があるため注意が必要です。

対象掲載面は、Yahoo! JAPANの一部サービスのみ

画像引用元:ディスプレイ広告(運用型) コンテンツキーワードターゲティングの提供について

現時点では配信対象となる掲載面は、Yahoo!JAPANの一部サービスのみに限られます。

以下は対象外です。

  • タイムラインの広告枠
  • 提携パートナーサイト面
  • ディスプレイ広告(予約型)

除外されるのもYahoo!JAPANの一部サービスのみ

除外ターゲティングとして利用する場合には、コンテンツキーワードターゲティングに対応していない掲載面には広告が表示されます。

また、あくまでコンテンツの解析が可能な掲載面のうち、キーワードとマッチした場合のみが対象となるため、あらかじめ理解しておきましょう。

画像引用元:ディスプレイ広告(運用型) コンテンツキーワードターゲティングの提供について

なお、コンテンツキーワードリストは、配信と除外を合わせて1,000件です。除外専用のリストも提供されるため上手く利用しながら、必要以上にリストを作りすぎないように注意したいですね。

まとめ

配信先のコンテンツに向けてターゲティングを行えるようになれば、よりユーザーが商品やサービスに注意が向きやすいタイミングを捉えることも可能になります。

また、広告を配信をしたくないコンテンツをキーワードで効率よく対象外とすることもできるようになります。

さまざまな商品・サービスで活用できるターゲティング手法なので、ぜひ今のうちから準備を進めておき、提供開始され次第、積極的に活用していきたいですね。


この記事のURLをコピーする
Atsuki Satake

Atsuki Satake

アナグラム株式会社 クルー。フリーでWEBメディアのライターや、SEOアフィリエイトを経験。その後リスティング広告に興味を持ち、一気通貫で運用ができる点に魅力を感じてアナグラムに参画。寝ることが好きすぎて、睡眠コンサルタントという資格を取得するも活用される場が特にない。

最近書いた記事