Yahoo!ディスプレイ広告(予約型)とは?運用型との違いや活用法、入稿時の注意点を解説

Yahoo!ディスプレイ広告(予約型)とは?運用型との違いや活用法、入稿時の注意点を解説
この記事は最終更新日から約1年が経過しています。

Yahoo!ディスプレイ広告(以下YDA)には、大きく分けて運用型と予約型があります。どちらも画像や動画を使った広告ですが、配信の目的や掲載場所などが異なります。普段「YDA(運用型)」を利用していても、「YDA(予約型)」は高額になる、効果が見えない、活用場面が思い当たらない……という方はいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、YDA(予約型)の基本的な情報から入稿時に気を付けたいポイントまで、わかりやすく解説します。

YDA(予約型)とは?

▲トップインパクト クインティ(静止画/動画)
画像引用元:ディスプレイ広告(予約型)の商品について - ヘルプ - Yahoo!広告


「YDA(予約型)」(以下、予約型広告)とは、Yahoo!JAPAN関連サービスの広告枠や期間などを予約し事前購入する広告です。掲載される場所や期間、課金方法、ターゲティングなどがさまざまな商品としてパッケージ化されています。

YDA(予約型)の特徴

予約型広告の強みは、Yahoo! JAPANのトップページなどひときわ目立つ広告掲載枠に、独自のフォーマットで掲載の期間と露出量を保証して配信ができることです。

予約型広告だけのリッチな広告フォーマットも利用できる

運用型広告では掲載できない枠への掲載や、予約型広告だけのオリジナルフォーマットなど、多種多様な広告表現が用意されています。Yahoo! JAPANのトップページをベースに特別な演出やデザインを施したタイアップサイトの制作メニューもあります。他にないオリジナリティ溢れる広告で、印象的な演出をすることができます。

Yahoo!JAPAN関連サービスのページ内で目立つ箇所への掲載

予約型広告の広告枠があるのは、国内最大級のポータルサイトであるYahoo! JAPANのトップページや、Yahoo!ニュース、Yahoo!ファイナンスなどの視認性の良い場所(よく見られる場所)です。運用型と共有している枠と、予約型専用の枠や掲載方法があります。

掲載期間と表示回数が保証される

予約型の広告枠には、ブランドパネルなど運用型と共有しているものがありますが、予約の際に掲載期間と表示回数が保証され、同じ枠への掲載は運用型広告より予約型の広告が優先されます。運用型の場合は他広告主の出稿が増えたり、入札額が上がったりすると表示回数が減ることがありますが、予約型であれば予約後に他広告主の運用型広告の出稿が増えたとしても、配信ボリュームが下がってしまうことはありません。

また、決まったボリュームで必ず掲載され、広告出稿後の運用調整などは不要です。かかる費用や配信の際のリーチがあらかじめ把握できるので、配信の計画も立てやすいでしょう。

YDA(運用型)との違い

YDA(運用型)(以下、運用型広告)は、広告掲載の結果を見ながら入札価格やクリエイティブなどの設定を調整し、サイト来訪者数や商品購入数を促進したいなどのそれぞれの目的に合わせて柔軟に配信することが可能です。予約型広告と運用型広告の特徴をまとめると、以下のようになりますので、行いたいプロモーションの内容を踏まえてどちらが適しているのかを考えられると良いですね。

予約型運用型
広告の掲載箇所Yahoo!JAPAN関連サービスの視認性の良い箇所へ掲載また、予約型でしか掲載できない独自の掲載枠があるYahoo!JAPANだけでなく、様々なウェブサービス上に掲載される
キャンペーン目的ブランド認知のみコンバージョンやアプリ訴求など6種類から選択
課金方法vCPM(ビューアブルインプレッション)に応じたインプレッションの予約購入型広告配信によって実際に発生したインプレッション数やクリック数などの成果に応じた課金型
表示回数の保証ありなし
独自のクリエイティブあり(商品により)なし
掲載開始後のターゲティングやクリエイティブ等の変更不可
掲載期間あらかじめ配信する期間を決めて予約。停止はできるが延長は不可。停止や延長など、柔軟に変更が可能。
掲載決定広告枠を予約して買い取る事前予約制入札によるオークションの結果決定

予約型広告の様々な商品

画像引用元: ディスプレイ広告(予約型)の商品について - ヘルプ - Yahoo!広告

予約型広告は掲載面や広告枠、ターゲティングにより200以上もの商品が用意されています。

予約型広告の場合は、掲載期間や表示回数、枠の場所によって最終的な広告費用が算出されますが、その金額はそれぞれの商品で設定されている最低出稿金額を上回っている必要があります。そのため、利用したい商品の最低出稿金額を必ず確認しておきましょう。また、あらかじめ予約する必要があるため、必ずしも希望の広告商品を希望の期間に確保できない可能性もあるため、早めの計画が必要です。

いわゆる純広告は価格も高めな印象が強いですよね。もちろん、多くの広告掲載面を予約できる商品もありますが、商品によっては費用を抑えた商品も多数用意されています。ここでは、メジャーな広告商品のほか、比較的手軽に掲載ができる商品までいくつかご紹介します。

圧倒的な掲載量を誇る広告メニュー

Yahoo!の予約型広告、いわゆる純広告はインターネットの一等地であるYahoo! JAPANのもっとも目立つファーストビューに掲載でき、圧倒的なリーチ数の獲得を実現できるのが魅力のひとつです。ネット広告に携わる方であれば「ブランドパネル」という名前は一度は聞いたことがありますよね。

ブランドパネル SP

Yahoo!JAPANトップページの広告枠は「ブランドパネル」という名称で、スマートフォン版サイトでは検索ボックスのすぐ下に配置されています。このスマートフォンのブランドパネル枠を予約できる商品です。(SPとはスマートフォンの略称)

ウェブ版、アプリ版のYahoo! JAPANトップページ両方が配信対象となります。スマートフォンで何か検索をしようとした際に必ず目に入る位置に、保証された表示回数を掲載できます。商品やサービスを認知させるだけでなく、予約型広告閲覧後の検索行動にも期待が持てるので、オーガニックの検索結果含め検索広告でのアプローチにも変化があるでしょう。最低出稿金額は500万円から、1~31日間で配信期間を自由に設定できます。

ブランドパネル トップインパクト PC

PC版Yahoo!JAPANトップページでは、ブランドパネル枠は検索ボックス左下にあり、、このブランドパネルに加えてトップページの両サイドに縦長のバナーと、ニューストピックスのすぐ下に横長のバナーを表示する商品です。最低出稿金額は1,000万円から、1日間~31日間で配信期間を自由に設定できます。

ブランドパネルのみであれば運用型からも出稿可能ですが、トップインパクトの表示形式は予約型専用です。画面のほとんどを覆うように広告が表示されるので、瞬間的に強い印象をもたらすことが可能です。そのため、新商品や新サービスなどの発表、繁忙期の大規模なセールの告知などに適しています。

比較的予算を抑えて実施できる広告メニューも

比較的短期で500万円、1000万円というブランドパネルなどの広告商品もあり、予約型の広告は大きな予算が必要だから検討したことがないという広告主も多くいらっしゃることでしょう。しかしながら予約型であっても比較的予算を抑えて実施できる広告メニューも用意されています。

ブランドパネル PC(市区郡)/ブランドパネル SP(市区群)

市区群ターゲティングを掛け合わせたブランドパネル商品は、2023年3月~6月までの配信分についてPC・SPともに比較的低額な10万円が最低出稿金額となっています。配信期間は5日間~31日間で自由に設定できます。

地域を限定する配信のため、自動車販売店や住宅展示場といった来店するユーザーの住んでいる・関連のある地域が限定されるイベントで集客のための広告を印象的に見せることができます。また、掲載期間と投下したい予算額がはっきりと決まっている官公庁関係のプロモーションなどでも、少額ながらまとまった露出量が保証されるためおすすめです。

また、折込チラシを併用したドラッグストアやスーパーでの活用例も紹介されており、地域に密着するビジネスであれば幅広い使い方が見込めます。

参考:【動画で分かる】10万円からYahoo! JAPANトップに広告を掲載

予約型広告の配信方法

予約型広告は、運用型広告と同一のYahoo!ディスプレイ広告の管理ツールから入稿します。ただし、予約型広告用のキャンペーンは、代理店アカウントでのみ作成できます。

予約型広告を配信したい場合は?

広告主の方は、Yahoo!広告のディスプレイ広告(予約型)の取り扱い契約を結んでいる正規代理店(セールスパートナー)を通して予約型広告を出稿できます。まずは運用型広告をお願いしている代理店などに問い合わせてみてください。

もし現時点で正規代理店との取引がなく、どこに相談したらよいかわからないという場合は、公式にセールスパートナーの一覧が掲載されています。

参考:セールスパートナー 一覧

セールスパートナーとなっている広告代理店の方で、予約型広告の提案や実施を検討されている場合は、Yahoo!広告の営業担当の方へ問い合わせるとよいでしょう。サポート窓口でも、簡単な内容であれば回答がもらえます。

シミュレーション機能でリーチ数を確認して計画を立てる

予約型広告商品のうち「vimps購入型(変動)」は配信前に管理ツール上で広告掲載枠の在庫確認と、ビューアブルインプレッション数とリーチ数の相関のシミュレーションをすることができます。

広告掲載枠の在庫とはある期間に掲載可能な予約型商品の枠の残りのことで、掲載したい期間に、他の広告主が先に在庫を全て抑えてしまっている場合は、それ以上に広告を配信することはできません。特に年末年始などの繁忙期では予約型広告出稿の需要が高いため、在庫が埋まりやすくなります。これから掲載を検討している期間に空き枠があるか、事前に在庫の確認をするのが良いでしょう。

また、「vimps購入型(変動)」の商品は保証されるビューアブルインプレッションを決めて購入します。シミュレーション機能を活用することで、予算が決まっている場合は配信した際のリーチの予想がつきますし、反対に目指したいリーチ数が決まっているときは、購入すべきビューアブルインプレッションはいくらなのかを調べることができます。

在庫・シミュレーション確認方法

①管理ツール右上の「ツール」から「在庫確認・シミュレーション(予約型)」を選択

②「新規作成」を選択

③在庫確認リスト名を入力し「在庫確認条件を追加」をクリック

④シミュレーションしたい商品(シミュレーション可能なのはvimps購入型のもののみ)を選択し「決定して進む」をクリック

⑤配信したい期間や地域などの条件を追加し「在庫確認条件を追加」をクリック

⑥「在庫確認・シミュレーション作成」をクリック。複数の商品や条件を追加して、まとめてシミュレーションを作成することも可能です

⑦シミュレーションが完成すると、ビジネスIDに紐づいたメールアドレスあてにお知らせメールが届きます。「作成済みの在庫確認リスト」から先ほど作成したリストを選択し、「結果を見る」をクリック

⑧このシミュレーションでは、以下の項目を確認することができます

  • 総販売在庫数(1)
  • 予想総リーチ数(2)
  • vimps数に対する予想リーチ数、予想フリークエンシー数の推移のグラフ(3)

キャンペーン作成時にもシミュレーションは確認可能

予約型キャンペーンを作成する際の画面上で、広告予算、予想リーチ数と予想ビューアブルインプレッション数をシミュレーションすることができます。広告予算、リーチ数またはビューアブルインプレッション数のうちどれかが決まっている場合は、入力するとその他の数字もわかります。

予約型広告の入稿方法

予約型広告は、運用型広告と同じYahoo!ディスプレイ広告の管理ツールを使用して入稿し、準備物も基本的には同様となります。そのため、審査が通り次第配信開始という流れに大きな違いはありませんが、審査フローについては予約型特有な部分もありますので、審査の章で解説します。

入稿時の注意点

実際に入稿をする際には、代理店アカウントで開設したディスプレイ広告の管理ツールでの作業が必要です。

また、大まかに言って、注意点が2つあります。キャンペーン作成時に購入が確定してしまう、審査が運用型とフローが違うのでスケジューリングが重要である2点です。

キャンペーン作成時に購入が確定する

運用型広告は配信設定をオンにしているキャンペーンを作成したのみでは広告は配信されず費用はかかりませんが、予約型広告はキャンペーンを作成した時点で枠が抑えられ購入が成立します。そのため、誤ってキャンペーンを作成してしまわないよう注意が必要です。

キャンペーンを作成完了したのちにキャンセルをすることは可能ですが、作成から3営業日が経過するとキャンセル料として掲載料と同額の費用がかかってしまいます。

審査のタイミングを把握しておく

画像引用元:予約型の審査について - ヘルプ - Yahoo!広告

予約型広告の審査は、掲載の開始前後で行われます。

タイミング名称要・不要申請
掲載開始前入稿前審査掲載制限商材は必須・その他は任意各種フォームより申請
掲載開始前掲載前審査全てのアカウント、商材で必須なし
掲載開始前押し込み審査基本的には不要、掲載開始前3営業日以内で入稿した場合のみ発生なし
掲載開始後掲載後審査追加入稿がある場合のみ必須なし
掲載開始後リンク先審査入稿時点でリンク先が未公開・未完成だった場合のみ必須なし

掲載開始前の審査

掲載予定の商材のカテゴリーや利用する予約型広告商品の種類などによっては入稿前審査と掲載前審査が必須、通常は掲載前審査のみ必須です。入稿前審査については申請が必要となりますので、説明します。

入稿前審査

予約型広告には、運用型広告にはない細かなレギュレーションがあります。審査の通過に懸念のある場合や、入稿物の修正に時間がかかってしまう場合は、入稿前審査を受けておくとスケジュールが立てやすいでしょう。

また、一部の商品は、商材やプロモーション内容に関わらず入稿前審査が必須の場合があります。審査に要する期間は約3営業日です。

入稿前審査は、目的に応じて用意されたフォームから申請します。

  • 掲載制限カテゴリー確認依頼フォーム
    予約型広告には、掲載制限となるプロモーション内容があります。(健康器具・雑貨など)掲載制限となるカテゴリーはヘルプにて公開されていますが、判断に迷う場合はこのフォームから依頼することで、掲載制限となるかどうか回答を貰うことができます。
  • ディスプレイ広告(予約型) 入稿前審査依頼フォーム
    広告(クリエイティブ・リンク先サイト)の審査を行います。特定の商品もしくはプロモーション内容(医療、意見広告など)の場合、もしくは、入稿時点でリンク先サイトが未公開の場合に必要となります。
  • ブランドリフト調査 入稿前審査依頼フォーム
    ブランドリフト調査の審査を行います。「比較検討」の調査種別を希望する場合のみ必須となり、それ以外の時は任意です。

掲載制限カテゴリーについては以下のヘルプを参照してください。

参考:掲載制限、販売制限について - ヘルプ - Yahoo!広告

掲載前審査

全ての広告は入稿後、掲載前審査の対象となります。

掲載前審査での申請は不要で入稿すると自動的に開始されます。審査には3営業日程度かかるため、遅くとも掲載開始日の4営業日前の23:59までに入稿しておきましょう。

押し込み審査

掲載開始日の3営業日前00:00から2営業日前の23:59までに入稿(押し込み入稿)された広告を対象に、1〜2営業日(目安)で対応されます。

キャンペーン作成時に登録した広告形式に対し、原則として入稿順に4件までが審査対象となります 。また、押し込み審査の対象となるのは商品予約の際(キャンペーン作成時)に同時に作成した広告グループ配下の広告のみです。

ただし、1営業日前に入稿されたものは期日通りの掲載開始が約束されるものではないため、スケジュールには余裕を持たせた方がよいでしょう。

押し込み審査はあくまで配信日直前に急遽入稿しなければならないなどで審査を受けたい場合に利用するようにし、利用しない前提でスケジュールを組むことをおすすめします。

掲載開始後の審査
  • 掲載後審査(追加入稿分)
    掲載開始日より後に入稿された広告については、その都度追加で審査されます。
  • リンク先審査
    広告入稿時点でリンク先が未公開または未完成だった場合、サイトの審査が掲載開始日に実施されます。(掲載開始日が休日の場合は、翌営業日となります)

余裕をもった入稿スケジュールを確保しておく

審査には日数がかかることと、もし審査否認となった場合入稿物の訂正にも時間を要するため、余裕を持ってスケジュールを組むことが大切です。

  • 入稿前審査を利用しない場合
    審査には3営業日要するため、例えば月曜日から配信開始したい場合は遅くとも前の週の火曜日のうちに入稿を済ませておきます。例えば、祝日がある週や年末年始はさらに前倒しでスケジュールを組む必要があります。
  • 入稿前審査を利用する場合
    入稿前審査に3営業日、掲載前審査に3営業日とそれぞれ要するため、例えば月曜日から配信開始したい場合は前々週の木曜日のうちに入稿を済ませておきます。こちらも、祝日や年末年始にご注意しましょう。
▲入稿・審査スケジュールイメージ

上図の例だと2022年2月25日(土曜日)から掲載したい場合は、入稿前審査を考慮して2週間以上の余裕を持っておくのが良いでしょう。クリエイティブの修正などが必要な場合を考慮して、更に入稿スケジュールに余裕をもたせると安心かもしれません。

キャンセル時の注意点

予約型広告では、キャンペーンを作成し予約が完了した後も、キャンセルのタイミングによっては料金が発生しません。

画像引用元:キャンセルについて - ヘルプ - Yahoo!広告

キャンセル料が発生しないのは、キャンペーン作成後3営業日までにキャンセルを行った場合です。

ただし、キャンペーン作成後から3営業日以内であっても、掲載開始日を過ぎている場合はキャンセル料が発生します。

キャンセル料は、掲載開始前であれば予約の総額100%、掲載開始後であれば翌日以降残りの掲載日数分の日割り金額です。掲載開始してから途中でキャンセルした場合、掲載した期間の予約の料金は日割りの金額が必要となるので、最終的に支払わなければならない金額は合計で予約の総額と一致します。

キャンセルについてはそのタイミングによって厳格にルールが定められています。もし「うっかり配信日時を間違えてしまった……」なんて場合でも、大きな金額が動くことになりかねないので、ヘルプページをしっかりと確認しておきましょう。

レポートやブランド効果計測で成果を確認

画像引用元:Yahoo! JAPANブランド効果測定について

予約型広告の配信後は、「Yahoo!JAPANブランド効果測定」を行うことで、広告を配信したことでどのような反響があったかを調べることができます。

Yahoo!JAPANブランド効果測定には「ブランドリフト調査」、「サーチリフト調査」の2種類があります。

どちらも、Yahoo!営業担当への確認と、予約型広告の配信後に広告管理ツールでの設定が必要です。なお、配信金額など一部の条件では利用できない場合があります。

ブランドリフト調査

こちらは広告を見たユーザーに対して行う調査で、対象のブランドを認知しているか、広告によって対象のブランドの認知が向上したかなどが調査されます。

例えば商品リニューアルを告知するために予約型広告を配信した後に、その商品の売り上げが増加したとします。その際にブランドリフト調査を行うことで、予約型広告を見たことがきっかけで認知や購入に至ったユーザーがどのくらいいるかを把握できるので、増加した商品の売り上げに予約型広告がどれだけ貢献したかを評価しやすくなります。

調査の内容については、以下の調査種別から選ぶことが可能です。

広告指標必須/任意計測目的
広告想起必須広告を見たユーザーはブランド(商品)の広告を認知しているか
ブランド認知任意広告を見ることでユーザーは対象のブランド(商品)の認知が向上したか
メッセージ連想任意広告を見たユーザーに対し、広告メッセージの理解を促せたか
比較検討任意広告を見ることによりユーザーに対して比較検討を促せたか
好意度任意広告による好意度の向上、企業ブランド・商品に対するポジショニングの調査
購入意向任意広告を見ることにより、対象商品(サービス)への購入の意向を上昇させることができたか
引用元:Yahoo! JAPANブランド効果測定について

種別「比較検討」を希望する場合のみ、入稿前審査のタイミングで「ブランドリフト調査 入稿前審査依頼フォーム」からの申請が必須となっているため注意しましょう。

サーチリフト調査

サーチリフト調査では対象キーワードの自然検索数が広告によってどのように変化したかがわかります。

検索広告やディスプレイ広告のサーチキーワードターゲティングを利用している場合は特に利用したい調査ですね。

広告指標必須/任意計測目的
サーチリフト必須広告によって対象キーワードの自然検索数が上昇したか
引用元:Yahoo! JAPANブランド効果測定について

パフォーマンスレポート

ブランドリフト調査やサーチリフト調査は予約型専用メニューですが、運用型と同じくパフォーマンスレポートでクリック数やコンバージョン数などを確認することもできます。パフォーマンスレポートの出し方は、運用型と同じです。 

まとめ

予約型広告は高額であったり特別なレギュレーションもあったりしますが、運用型広告では実現しづらい短期での大規模な露出が可能であったり、リッチな表現の広告フォーマットもあったりと、運用型広告にはない魅力もあります。今回ご紹介した通り、比較的ご予算を抑えて購入できる商品もありますので、目的に応じた商品がないか一度確認してみるのがおすすめです。

また、ただ配信して終わりではなく、ブランド効果測定を行うことで配信の成果を確認し、ブランディングや販売促進などに活用するとよいでしょう。

新商品の発売時や繁忙期に計画的に露出を増やしたい場合など、運用型広告だけでは届けきれなかったユーザーにまで認知を広げたいというタイミングにはぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

Yahoo!広告 キャンパスとは?Yahoo!広告を無料で学べて認定資格の取得も
Yahoo!広告 キャンパスとは?Yahoo!広告を無料で学べて認定資格の取得も
続きを見る
[初心者もよくわかる] Yahoo!広告とは?特徴や種類、Google広告との違いを分かりやすく解説
[初心者もよくわかる] Yahoo!広告とは?特徴や種類、Google広告との違いを分かりやすく解説
続きを見る
Yahoo!広告、2021年の主要アップデートまとめ
Yahoo!広告、2021年の主要アップデートまとめ
続きを見る