動画アクションキャンペーンとは?TrueView アクションとの違いと設定方法

動画アクションキャンペーンとは?TrueView アクションとの違いと設定方法

TrueView アクションをベースにした新しい機能の動画アクションキャンペーン(Video Action Campaign – 以降、VAC)が登場しました。

動画アクション キャンペーンについて – Google 広告 ヘルプ

今回新しく追加されるVACの元となるTrueView アクションは、動画の再生中や再生後にユーザーに広告のクリックやウェブサイト上での行動を促す機能が充実した広告フォーマットです。

本記事ではVACについて、元となったTrueView アクションとの違いや設定方法について解説します。


動画アクションキャンペーン(VAC)とは

VACとは、ユーザーに行動を促進することを目的とした動画広告を設定できる機能で、YouTubeやYouTube以外の動画パートナーの広告枠に掲載をすることができます。

また、広告フォーマットは長い見出しや説明文も追加されたレスポンシブフォーマットになっており、YouTubeの動画の再生前や再生中に表示されるインストリーム広告やYouTube検索ページやYouTube ホームフィードに表示されるディスカバリー広告が1つの広告で配信が行えるようになります。

TrueView アクションとVACの違い

TrueView アクションとの違いについて大きく分けて2点ご紹介します。

配信面の追加

TrueView アクションでは配信ができなかった YouTube ホームフィードの広告枠にも配信が行えるようになります。動画パートナーの広告枠にもTrueView アクション同様に掲載されます。

1つのキャンペーンで配信面が増えることによって、リーチできるユーザーの増加が見込め機械学習も効率的になる可能性を秘めています。

広告フォーマットの変更

TrueView アクションでは設定ができなかった長い広告見出しと説明文が2つ追加されています。

レスポンシブのフォーマットはスキップ可能なインストリームや TrueView ディスカバリーなど複数の広告フォーマットで表示ができます。

VACの設定方法

VACはキャンペーンで設定するわけではなく、広告グループで設定する機能のため注意が必要です。ここでは設定方法について紹介します。

① まずはユーザーに行動を促す目的の動画キャンペーンを作成します。キャンペーン作成画面ではキャンペーンのサブタイプは「コンバージョンの促進」を選択してください。

なお 、すでにキャンペーンのサブタイプがコンバージョン促進のTrueViewキャンペーンがあればキャンペーン配下に新しくVACの広告グループを作成しても構いません。

② 広告グループの設定では、種類を「レスポンシブ」を選択してください。標準を選択するとVACではなくTrueView アクションキャンペーンとなりますので注意が必要です。

③ ターゲット設定では「ユーザー」でターゲット設定を行うことをおすすめしています。「コンテンツ」で設定を行うとYouTube ホームフィードなどディスカバリー面への配信が行えず機械学習の本来の力を発揮できない可能性があります。

④ 広告の設定では、下記項目を1個ずつ設定します。

「長い広告見出し」と「説明文」はTrueView アクションにはなくVACに追加された項目です。

  • 広告配信用のYouTube 動画(10秒以上の動画を推奨)
  • 最終ページURL
  • 行動を促すフレーズ(半角 10 文字(全角 5 文字)まで)
  • 広告見出し(半角 15 文字(全角 7 文字)まで)
  • 長い広告見出し(半角 90 文字(全角 45 文字)まで)
  • 説明文(半角 70 文字(全角 35 文字)まで)
  • 広告のURLオプション
  • コンパニオンバナー
  • 広告名

VACを配信開始するときの注意点

TrueView アクションからVACに完全に移行する場合はTrueView アクションの過去のデータを参照できないため0からの機械学習となってしまいます。

そのためVACを検証する場合はいきなり切り替えるよりも、まずはTrueView アクションと併用して配信を行い、十分なデータが蓄積できた後にTrueView アクションとVACの効果を比較検証することをおすすめします。

最後に

VACはTrueView アクションと比べ、配信面が追加され、より多くのユーザーに広告配信ができることによって機械学習も効率的になった機能で、インストリーム広告とディスカバリー広告を別々の広告として入稿する必要もなくなり管理も楽になります。今後はテレビ面にも配信されるようアップデートを予定していたりとこれからのアップデートにも注目していきたい機能です。

新しい機能が追加されていく中で、きちんと仕組みを理解して素早く上手に活用することで、さらによい結果を生み出せる可能性を高められます。

この記事のURLをコピーする
Naoya Ebana

Naoya Ebana

アナグラム株式会社 チームリーダー。プログラマ、ネットショップ運営を経験しインターネット広告の世界へ。地方の代理店にて運用型広告を2年間様々な業種を100社以上経験し、2018年5月よりアナグラムへ参画。

最近書いた記事