静止画素材を活用して動画を作れる!?広告運用者でも簡単に動画クリエイティブ作る方法3選

静止画素材を活用して動画を作れる!?広告運用者でも簡単に動画クリエイティブ作る方法3選

YouTube広告、Meta広告、Tiktok広告はじめ動画広告が主流になってきています。

しかし、以下のような理由で動画広告メニューのチャレンジができてない方も多いのではないでしょうか。

  • 動画を作るとなると何から手を付ければいいか分からない
  • 動画を作成するリソースや予算がない

そんな方に向けて広告運用者でも簡単にかつ無料で動画を作成できる方法を紹介します。動画の作成にはさまざまなツールの利用が考えられますが、本記事では無料から利用できるCanva(キャンバ)を用いて解説していきます。

静止画素材を活用した3つの動画作成方法

方法1|静止画クリエイティブを動画にする

静止画を動画にすることで視認性が向上し、成果の向上が期待できます。

例えばCanvaで制作した上記の静止画を例に作成してみます。

クリエイティブを選択し赤枠内の「アニメート」を選択します。

画面の左側に設定できるアニメーション一覧が表示されるので、クリエイティブデザインにあわせて好みのアニメーションを選択すると動画化できます。

また、もし動きが早すぎて文字が追えない場合、画面上部の秒数を調整することで解消できます。

一般的に1秒で視認できる文字量は10~15文字程度と言われています。

デフォルトは5秒になってますが、任意の秒数を指定できるため静止画内の文字数に合わせて調整することがおすすめです。

方法2|カルーセル広告をスライドショー形式にする

カルーセル広告を制作し成果が良い場合も動画化することでさらにリーチが広がる事があります。

例えば上記のカルーセル広告の成果が良い場合を例に挙げます。

先ほどご紹介したアニメーション機能を活用しても動画化できますが、スライドショー形式の動画を作る際はトランジション機能がおすすめです。

カルーセル広告の素材をCanvaにアップロードし、画像赤枠内のクリエイティブとクリエイティブの間の矢印をクリックします。

トランジション「スライド」を選択し向きは左向きを選択します。各クリエイティブとクリエイティブの間の切り替えを追加するとスライドショー形式の動画が完成します。

Canva慣れてない筆者が初めて作成した時も簡単にできたので、カルーセル広告の素材さえあれば長く見積もって15分もあれば作成できると思います。

また、1回型を作ってしまうと2回目以降は5分ほどで動画1本作れるのでかなり簡単に動画の制作ができるのでおすすめです。

制作のポイントは1点だけ、動画の秒数は1スライド読める秒数に設定することです。

前述の通り、1秒で視認できる文字量は10~15文字程度と言われているため画像内の文字数に合わせて1コマあたりの秒数を調整してみましょう。

実際に、Meta広告にて「1枚3秒で次の画像にスライドする」動画①と「画像の情報量に応じて秒数を変更した」動画②をテストした結果、動画②の方が配信量も多くかつコンバージョンも多く発生したのでぜひ試してみてください。

方法3|正方形カルーセル広告の画像に余白をつけて縦型に

Instagramストーリーズ/リール面やTiktok広告やLINE VOOM面などスマートフォンでの動画視聴が行われる広告配信先では、やはり縦型動画があると成果の向上が期待できます。

縦型に静止画を加工して方法2のようにカルーセルを動画化するのもひとつですが、素材に文字を載せたりするのも慣れないと難しかったりしますよね。

その場合におすすめなのが、正方形サイズの静止画の上下に余白を付けて縦型動画を作成する方法です。

先ほどのカルーセル広告を例に挙げます。

ホーム画面から縦型テンプレートを選択します。

画面左のサイドバー「アップロード」より正方形サイズの動画をアップロードし、中心に動画を配置します。

背景を選択し、画面左上の背景色を設定します。

その他、「アプリ」から背景メニューを追加してさまざまな背景を探してみるのもおすすめです。背景が変わるだけでクリエイティブの印象も大きく変わります。

背景色を設定すると上記のような縦動画がすぐ完成します。

もし余白が気になる場合は、上記の通り静止画素材を追加することもできます。

会社やサービスのロゴやコールトゥーアクションを設定することで成果改善に繋がることもありますので試してみて下さい。

成果が奮わない時は「音」を動画に追加する

ナレーションを入れる

いまいち成果が出ないなら、ナレーションを入れてみることもおすすめです。

特に情報量が多いクリエイティブだったり視覚的に文字を読む負荷が高い場合はナレーションを使うことで伝えられる情報量が増えるため成果改善することもあります。

自分でナレーションを追加することも可能ですが、自動音声ツールも増えてきているためいくつか紹介します。

自動音声ツール名URL利用金額※2024年1月地点特徴
AITalk® 声の職人®https://www.ai-j.jp/products/cloud_voice/50,000円/月~・人間の発声に近いナチュラルな音声を作成できるのが特徴
・テキストを入力するだけで簡単にナレーション作成でき、喜怒哀楽などの感情/抑揚など細かく調整可能
VOICEVOXhttps://voicevox.hiroshiba.jp/無料・男女様々な音声が用意されており、決められた利用規約を守れば商用
・非商用問わず利用可能。
・イントネーションの詳細な調整ができるのが特徴
VOICEPEAKhttps://www.ah-soft.com/voice/6nare/23,800円~・男女6種類の声が備わっている
・1種類ずつ購入もしくは6種まとめてのパックで購入し利用できる
・VOICEVOXに比べナチュラルで人っぽく喋れるのが特徴

▽ナレーションに関しては以下の記事でまとめています。

BGMや効果音を入れる

また、BGMや効果音を入れることもおすすめです。

詳しくは以下の記事でまとめています。

まとめ

広告運用者でも簡単に静止画から動画クリエイティブを制作する方法をご紹介してきました。

私もそうでしたが、何から着手をするべきか分からずなかなか動画広告に踏み切れない方もいらっしゃるかと思います。

しかし、まずは成果の出ている静止画を動画にするだけで成果拡大や次に活用するアクションが見えてきます。成果のよかった動画をもとに本格的に動画クリエイティブの作成を行うのもいいでしょう。

ゼロからいきなり始めると大変ですが、上記のように今まで蓄積したデータを元に徐々に段階を踏んで動画広告にチャレンジしていく事がおすすめです。

関連記事

運用型広告で陥りがちな100個のミス(3/3)
運用型広告で陥りがちな100個のミス(3/3)
続きを見る
運用型広告で陥りがちな100個のミス(1/3)
運用型広告で陥りがちな100個のミス(1/3)
続きを見る
【月のまとめ】2024年4月公開の記事ランキング
【月のまとめ】2024年4月公開の記事ランキング
続きを見る