Facebook広告「アンケート広告」の概要と使い方

Facebook広告「アンケート広告」の概要と使い方

街角のアンケート調査には答えたことがないけれど、SNSに上がれてきたアンケートには答えがあるという方も多いのではないでしょうか?

Facebookによれば、Instagramストーリーズを利用するビジネスの60%が、月に1度は何らかのインタラクティブ要素(ハッシュタグ、@メンション、アンケートスタンプなど)を使っているそうです。Instagram広告ではすでに、「投票ステッカー」を利用したアンケート機能が既にリリースされています。

参考:Instagram ストーリーズ広告に「アンケート機能」が追加|投票ステッカーが利用可能に

このようなユーザーとのコミュニケーションを図るきっかけとなるインタラクティブな機能の一部は、Facebook広告でも利用可能です。

今回は、アンケートスタンプを通し、ユーザーへ商品の魅力を伝えたり、ユーザーの意見、反応を得るが期待できるFacebookのアンケート広告の概要や使い方を分かりやすくご紹介します。

アンケート広告とは?

アンケート広告とは、Facebookのモバイルフィード内でユーザーに対し2択で質問を投げかけユーザーとコミュニケーションをとることができる機能です。

アンケート広告には、次の3パターンでの広告出稿が可能です。

  • アンケート投票のみ
  • アンケート投票+リンク先
  • アンケート投票+アプリインストール

基本は、動画クリエイティブの下に「アンケートの質問」と「回答の選択肢」が表示され、選択肢をタップすることでアンケートに回答、アンケート結果を見ることができます。そのほか、アンケートでの選択肢ごとにリンク先URLを設定でき、投票すると広告下部にサイトが表示されそのまま遷移できます。上の例では「あなたはどっちが好み?」という質問に「トマト」と「アボカド」の2択をユーザーに答えてもらいタップ後、サイトへ遷移させ購入を提案しています。また、アプリインストールを促すことも可能です。


このようにアンケート広告では、動画で視覚的に情報を伝え、その後のユーザーにとってほしいアクションまでスムーズに伝える事ができます。

参考:Facebook Invites People and Businesses to Play

アンケート広告の設定方法

アンケート広告は以下の手順で広告マネージャから設定が可能です。

1.キャンペーン目的を設定

アンケート広告は下記のキャンペーンの目的に対応しています。

  • リーチ
  • ブランドの認知度アップ
  • トラフィック
  • アプリのインストール

2.広告フォーマットの設定


[1件の画像または動画]を選択し、対象の動画をアップロードもしくはメディアライブラリから選択します。

現在、アンケート広告は動画のみをサポートしています。

3.[アンケートを追加]をクリック


メディアを選択後にアンケートを追加できるようになります。

4.アンケート項目の設定


クリエイティブツールで、[アンケートの質問]、[選択肢1]、および[選択肢 2]を入力します。またアンケートの選択肢ごとに遷移するウェブページを設定することも可能です。URLを設定する場合には両方の選択肢に追加する必要があります。

そして最後に[保存]をクリックして設定完了です。

アンケートへ回答の確認方法の見方

アンケートの結果は広告マネージャー経由で確認することが可能です。広告マネージャで配信した広告を選択し、画面左上の「チャートを見る」タブをクリックする事で確認できます。

確認できるアンケート結果の指標は以下のとおりです

  • 確認リーチ人数
  • 合計投票者数
  • 各選択肢の投票数
  • 各選択肢の投票割合(%)

Facebook アンケート広告の注意点

アンケート広告実施にあたっては、次のような点に注意が必要です。

Facebookモバイルニュースフィード以外ではアンケートボタンは表示されない

広告セットの設定する際にFacebookモバイルニュースフィード面以外を選択してしまうと、アンケートボタンがない状態の動画広告が配信されてしまうため、配信する際は、Facebookモバイルフィード面のみ設定がおススメです。

アンケート回答者を確認することができない

Facebookのアンケート機能では回答者を閲覧することが出来ますが、アンケート広告では「誰が」「どちらに」回答したかは広告では確認することが出来ません。

アンケート回答者をリターゲティングすることはできない

アンケート回答者は商品やサービスへの関心が高いと予想されるため、リターゲティング広告を出したいところですがプライバシーポリシーの都合によりできません。

ユーザーとのコミュニケーションを意識した活用を

投票という形でユーザーとインタラクティブなコミュニケーションが図れるアンケート広告は、ユーザーにサービスや商品理解を深めてもらえたり、ファンになってもらうきっかけにもなりえます。
一方で、企業が知りたいことを一方的に聞くのでは、おそらくアンケート機能は十分に活用できないのではないかと考えています。「みんなはどっちが好きなんだろう?」など、あくまでアンケートの結果をユーザーにも知りたいと思ってもらえることが、コミュニケーションの入り口であるべきではないでしょうか。

アイデア次第で、ユーザーとのコミュニケーションの幅を増やすことができるアンケート広告をぜひ活用してみてください。

この記事のURLをコピーする
Yuki Fujisawa

Yuki Fujisawa

アナグラム株式会社 クルー。大学時代より今後生きていく為の業を手に入れたいという思いから成長産業であるネット広告に興味を持ち、2017年10月からアナグラムに参画。ただ目標の数字を達成するだけでなく、クライアントさんに安心して頼っていただける存在になれるよう日々精進中。

最近書いた記事