TikTok広告、Spark Ads(第三者配信)の概要と活用方法

TikTok広告、Spark Ads(第三者配信)の概要と活用方法

TikTok広告のインフィード広告にオーガニック動画を広告として利用できるSpark Ads(旧名称:Boosted TikToks)という広告フォーマットがあります。クリエイターの動画を広告として活用できるフォーマットとして注目が集まっていますが、そうした第三者配信だけではなく自社のオーガニック動画の活用にも使えます。今回は注目のSpark Adsの概要と設定手順を紹介します。

Spark Adsとは?

Spark Adsとは、インフィード広告の広告素材として通常のオーガニック動画を活用できる広告フォーマットです。オーガニック動画は自社が投稿したものだけではなく、たとえば承諾を得たTikTokクリエイターなどの第三者が投稿した動画も広告として活用が可能です。

Spark Adsは以下の広告目的で利用できます

オークションリーチ&フリークエンシー
リーチ
トラフィック
アプリインストール
動画視聴数リード作成
コミュニティインタラクション
コンバージョン
ショップ購入(アルファ版) 
リーチ
トラフィック
アプリインストール
動画視聴数
コミュニティインタラクション

Spark Adsのメリット

Spark Adsを活用して得られるメリットはおもに以下の3つです。

リーチするボリューム・対象をコントロールすることができる

オーガニック動画ではリーチするボリュームや対象をコントロールすることは困難です。うまくおすすめフィードでリーチが伸びれば良いですが、自社で精魂込めて制作した動画が全然再生されなかったり、広告費をかけPRをお願いしたクリエイターさんの動画が期待したほど伸びないこともあるでしょう。

一定の配信ボリュームが欲しい場合、Spark Adsを利用して投稿のリーチを拡げることが可能です。またTikTok広告で使えるターゲティング機能を使い、動画を届けたいユーザー層にリーチしていくことも期待できるでしょう。

CTAボタンが設定できる

通常のオーガニック動画では動画に対してCTAボタン(Call to Action)をつけられず、ウェブサイトにアクセスしてもらうには、プロフィールから遷移したり、動画視聴後に検索してアクセスしてもらう必要がありました。

Spark Adsを使えばオーガニック動画に対し、CTAボタンや広告テキストを付与し広告として配信することが可能となります。そのため動画からシームレスにウェブサイトやアプリストアに誘導しアクションにつなげることが可能となります。

TikTokアカウントを伸ばせる

通常のインフィード広告ではTikTokアカウントを紐付けずに配信するため、広告からTikTokアカウントへのフォロー等のアクションができません。

一方Spark Adsでは、広告に使用した投稿のTikTokアカウントへのフォローを促したり、プロフィールに遷移してからそのTikTokアカウントが投稿している他の動画を見てもらうことも期待できます。

そのためダイレクトレスポンス目的だけではなく、TikTokアカウントのフォロワー獲得の配信目的としても活用できるでしょう。

Spark Adsの設定方法

通常のTikTokインフィード広告ではTikTokアカウントを作成しなくても広告アカウントにデータをアップロードすれば広告を配信することができますが、Spark AdsではTikTokアカウントで投稿した動画が必要となります。そのため配信するためにはTikTokアカウント(TikTokビジネスアカウント)の準備や配信する広告アカウントとの連携作業が事前に必要となります。

TikTokアカウントとTikTok For Businessアカウントを連携させて配信するケース(おもに自社の投稿を使用する場合)

(準備)アカウント連携

まずはTikTokビジネスアカウント(※)と配信する広告マネージャがあるTikTok For Businessアカウントを連携させます。連携方法は以下の3つです。

※今回はTikTokビジネスアカウント(通常のTikTokアカウントから企業のビジネス用途のアカウントへアップグレードしたもの)とTikTok For Businessアカウント両方が既に開設されている前提の方法となります

参考:TikTokビジネスアカウント – TikTokにおけるブランドの活動拠点

①TikTok For Businessのログインページから登録する方法

1.TikTok For Business( https://business.tiktok.com/ )のログインページで[TikTokでログイン] をクリック(※上図)

2.TikTokアカウントにサインインし[承認] をクリック

3.[既存のTikTok For Businessアカウントに連携] を選択し、TikTok For Businessのログイン認証を入力して、[確認] をクリックします

②TikTok For Businessのユーザー設定ページから登録する方法

1.TikTok For Business にログインしユーザー設定ページ(右上にあるプロフィールアイコンから[設定]を選択、ログイン後に https://ads.tiktok.com/ac/page/settings )に移動(※上図右上)

2. 設定 > 個人情報 > プロフィール > TikTokアカウントから、[TikTokアカウントに連携] をクリック(※上図中央)

3.TikTokアカウントにログインし[承認] をクリックして、TikTok For BusinessにTikTokアカウントへのアクセス権を付与

③広告マネージャーの広告設定画面からアカウントをリンクさせる方法

1.対象のアカウントの広告マネージャーからキャンペーン、広告セットを作成

2.広告設定画面のIDの「TikTokアカウントを使用してSpark Adsを配信」のトグルをオンにする(※上図中央)

3.使用するTikTokアカウントを設定するから所有アカウントを使用のアカウント連携を選択

4.使用するTikTokアカウントへログインし、リンクさせる

広告の作成

広告作成画面から連携したアカウントと投稿動画を選択し広告を作成します

キャンペーン、広告セットを設定し広告の作成画面へ

1.広告の設定画面にてIDの「TikTokアカウントを使用してSpark Adsを配信」のトグルをオンにする

2.「所有アカウント」から前項で連携した対象のアカウントを選択広告フォーマットは「動画」を選択。

3.広告クリエイティブの投稿にある「+TikTok上の投稿動画」を押下

4.対象の投稿動画を選択していく

5.残りは通常のインフィード広告と同様に広告テキストやリンク先URLなどを設定し広告の作成を完了する

承認された投稿を配信するケース(おもにクリエイターなどの投稿を使用する場合)

(準備)TikTokアカウントでの広告設定の許可

使用するTikTokアカウントで広告利用が初めての場合は、まずはアカウント設定で「広告設定の許可」をする必要があります

1.右下にあるプロフィールをタップ

2.プロフィールページ右上にあるハンバーガーメニューをタップ

3.クリエイターツールをタップ

4.広告設定のトグルをオンに設定

コードの取得

使用する動画の広告利用を承認し、コードを取得します

1.広告に利用する動画を選択し、3つのドットをタップ(1)

2.「広告設定」を選択

3.「広告コンテンツ利用規約」を確認し、同意にチェック

4.広告使用承諾のトグルをオンにする

5.「コードを作成」をタップ

6.広告利用の承諾期間を選択しアクセス許可をタップ

7日間、30日間、60日間、365日間から選択します。(期間は承諾確認後からカウントされます。)

7.「コードをコピー」をタップし、クリップボードに保存

(Appendix)TikTok広告オンリーモード

「広告としてのみ表示」のトグルをオンに設定すると、おすすめやフォロー中のフィード、検索結果などに表示されず、該当の広告は広告表示にのみ表示されるようになります。

デフォルトではオフになっていますが、クリエイターなどアカウントの世界観を表現する動画と広告で使用する動画を分けたい(広告に使う動画をプロフィールに表示させたくない)場合はオンにするとよいでしょう。

アセットへ追加

TikTok広告マネージャーのアセットに動画を追加します

配信するアカウントのTikTok広告マネージャーにアクセス

1.「アセット」タブを選択

2.「クリエイティブ」を選択

3.「Spark Ads投稿」を選択

4.「権限申請」を押下

5.手順「コードの取得」で取得したコードで検索し、対象の投稿が表示されたら確認を押下

6.「投稿が許可されました」の表示が出たらアセットへの追加が完了

広告の作成

広告設定画面でアセットに追加した動画を選択し広告を作成します

広告の作成画面へ

1.キャンペーン、広告セットを設定し、広告設定画面にてIDの「TikTokアカウントを使用してSpark Adsを配信」のトグルをオンにする

2.「他の承認済みアカウントまたは投稿動画を使用」から対象のアカウントを選択する(広告フォーマットは「動画」を選択)

3.広告クリエイティブの投稿にある「+TikTok上の投稿動画」を押下

4.対象の投稿動画を選択していく

5.残りは通常のインフィード広告と同様に広告テキストやリンク先URLなどを設定し広告の作成を完了する

広告もコンテンツだ

オーガニック動画の間に表示されるTikTokのインフィード広告は、広告としてお金をかけて表示機会を得られたとしてもコンテンツとして魅力的でなければ他のオーガニック動画と同様スキップされ、本来の目的を達成することはできません。

そのため広告も視聴してくれるだろう前提で広告主の伝えたいメッセージをただ盛り込めばいいわけではなく、「どうしたら視聴してくれるだろうか」「どうしたらスキになってもらえるか」といったオーガニック動画でも同様の思考が必要となります。”広告然とした動画”よりも、オーガニック動画で一定の数値が出ている動画のほうが、広告クリエイティブとしても良いパフォーマンスが出るだろうことは想像に難くないでしょう。

Spark Adsではオーガニック動画を広告として使え、またオーガニック動画では叶えられないCTAボタンの付与や、動画のリーチ・ターゲティングもコントロール可能となるため、TikTokでのプロモーションにおいてとても重宝する機能と言えそうです。Spark Adsをうまく活用し、成果もスパークさせていきたいですね!

この記事のURLをコピーする
Kosuke Sugawara

Kosuke Sugawara

アナグラム株式会社 チームリーダー。SG/172cm/70kg 87世代。前職である新卒で入社したウェブサービス会社ではマーケティング全般から、インハウスでのリスティング広告の運用に従事。2016年1月、ふとしたきっかけでアナグラムへ参画。平凡な一般人としての感性を活かしたテキスト広告の作成に定評がある。2015年AdWords川柳で優秀賞を受賞。

最近書いた記事