LINE広告「友だち追加広告」とは?使い方とメリット、注意点を解説

LINE広告「友だち追加広告」とは?使い方とメリット、注意点を解説

いまやLINE公式アカウントの存在はとても身近ですよね。ユーザーは企業のLINE公式アカウントを友だちに追加することで有益な情報を受け取ることができ、企業はユーザーとのコミュニケーションの機会を得られます。そのため、企業によるLINE公式アカウントの利用も活発になっている様子が伺えます。

今回ご紹介するLINE広告の「友だち追加広告」(以下、友だち追加広告)は、LINEアプリ内にLINE公式アカウントの友だち追加を促す広告を出せるメニューです。

もちろん広告を使わずとも、WebサイトやSNS、店頭などからLINE公式アカウントの存在を知らせ、登録を促すことも可能です。しかし友だち追加広告という手段を知っておくことで効率的に顧客を増やすことができるかもしれません。

この記事では、友だち追加広告の使い方とメリット、注意点を解説します。LINE公式アカウントを既に運営中、また今後検討している方は是非チェックしてみて下さい。


友だち追加広告の特徴とメリット

友だち追加広告は、トークリスト上部やLINE VOOM(旧:タイムライン)、LINE NEWSなどのLINEアプリ内に広告を表示でき、ユーザーは「友だち追加」ボタンをワンタップするだけで、簡単に友だち追加できます。

日本の人口の70%以上がLINEを利用しているため、多くのユーザーをLINE公式アカウントに集め、企業の情報発信を行うことで、効率よく自社のサイトや店舗へ送客することができます。

友だち追加広告のメリットは、大きく以下の2つです。

  • LINE公式アカウントの友だち追加を促進できる
  • ターゲティングにより関心度の高いユーザーへアプローチできる

それぞれ解説していきます。

LINE広告アカウントの友だち追加を促進できる

友だち追加広告は、設定した予算の範囲内で効率的に友だちを獲得することができます。

費用が発生するのは友だちを獲得したタイミングのため「たくさん予算をかけて広告を配信したのに、友だちがまったく獲得できなかった…」ということは起こりません。

出稿時期やターゲティング、クリエイティブなどによって費用感は変わりますが、1人あたり数十円から数百円で友だちを獲得することが可能です。

ターゲティングにより関心度の高い友だちを獲得できる

友だち追加広告では、LINE広告で使える以下のすべてのターゲティング方法が利用可能です。商品やサービスのターゲットに合わせて設定をすれば、企業にとって質の高いユーザーへの配信や友だちの獲得につながります。

  • 地域
  • 年齢
  • 性別
  • OS
  • 詳細ターゲティング(興味・関心、行動、属性)
  • オーディエンス

現在地や居住地、勤務地といった位置情報を使った地域ターゲティングや、配偶者の有無、推定年収等の属性ターゲティングなどが設定できたり、詳細ターゲティングで興味・関心や行動をターゲティングできます。

またオーディエンスでは、サイト訪問者やLINEアプリ内のアクションデータ、LINE公式アカウントの友だち情報、自社で所有している顧客情報を友だち追加広告の配信に活用できます。

LINE広告のターゲティングについて詳しくは、こちらの記事をご参照ください。

友だち追加広告の配信先

広告を配信する上で重要となる、配信面と広告フォーマットについて解説します。LINEの配信面としての特性を捉え、効果の期待できるクリエイティブを制作しましょう。

広告配信面

友だち追加広告では、2022年1月時点ではLINEアプリ内のトークリスト、LINE NEWS、LINE VOOM(旧タイムライン)に配信が可能です。配信面それぞれに使用できるフォーマットが定められているため、制作前に確認することをおすすめします。

利用できる広告フォーマット

友だち追加広告のクリエイティブは画像のみで、「画像」と「画像(小)」の2種類のフォーマットが使用可能です。各フォーマットの入稿サイズ、タイトルとディスクリプションの文字数、配信面は以下の表をご覧ください。

画像 画像(小)
入稿サイズ 1200×628pixelまたは1080×1080pixel 600×400pixel
タイトル 20字以内(半角全角問わず) 20字以内(半角全角問わず)
ディスクリプション 75字以内(半角全角問わず) 75字以内(半角全角問わず)
配信面 トークリスト、LINE NEWS、LINE VOOM(旧タイムライン) トークリスト、LINE NEWSの一部

アクションボタンは友だち追加広告では「友だち追加」のみです。そのため既に友だち追加しているユーザーに配信された場合は「友だち追加済み」と表示されます。

友だち追加広告キャンペーンの作成方法

友だち追加広告キャンペーンは、LINE広告の管理画面から新規キャンペーン作成より簡単に作成できます。広告アカウントトップ>キャンペーンタブ内の「キャンペーンを作成」を選択>キャンペーンの目的を「友だち追加」に設定してください。

入札方法と課金方式、上限単価

LINE広告の他の配信タイプと同様に、自動最適化の活用や月次予算や日次予算の制限キャップは使用可能です。自動最適化を利用すると上限CPF(※)の最低金額は¥75、手動入札の場合は最低金額は¥50となります。

※CPF…Cost Per Friend.友だち獲得単価のこと。

LINE公式アカウントのWeb版管理画面からも出稿できる

また友だち追加広告は、LINE公式アカウントのWeb版管理画面からも出稿が可能です。設定方法は下記を参考にしてください。

参考:LINE公式アカウント (LINE Official Account Manager) 友だち追加広告マニュアル|LINE for Business

友だち追加広告の注意点

友だち追加広告における結果(友だち追加数)は、管理画面上で「クリック数」として表示されます。CV、CVR、CPAの列はあるものの、何もカウントされません。

友だち追加広告を運用する際には、結果=CVだと思っていると、混乱を招いてしまうため注意しましょう。

友だち追加広告の運用ポイント

友だち追加広告の運用の際のポイントは、ユーザーに友だち追加メリットを提示することです。

自社のLINE公式アカウントを友だちに追加すると、ユーザーにとってどのような嬉しいことがあるのか?を、広告の画像、タイトル、ディスクリプションを使って提示できると良いでしょう。

ユーザーにとってLINEが身近な存在であるがゆえに、コンテンツは流し見されていることも多いです。ユーザーに目線を合わせて考えることで、より目を引く友だち追加広告となります。

企業とユーザーのお互いに価値のあるコミュニケーションを

LINE公式アカウントの友だち追加を促す施策として、友だち追加でLINEスタンプを無料で配布する、商品の割引クーポンを配信するといったインセンティブを前提とする方法があります。

しかしインセンティブ目的で友だち追加したユーザーは、インセンティブを得た後すぐにブロックをしてしまう可能性があり、その場合企業は本来の目的を果たせません。

友だち追加広告では、LINE広告のターゲティングを活用して柔軟にターゲットユーザーにアプローチし友だち追加を促進できるため、訴求したいサービスや商材に、より興味・関心の高いであろう友だちの獲得が見込めます。

友だち追加してもらったとしても、頻繁にメッセージが送られてきたり、有益な情報がないなど、肝心のLINE公式アカウントの運用がおざなりでは、ユーザーは離れていってしまいます。企業とユーザーのお互いに価値のあるコミュニケーションの場のひとつとして、活用していきたいですね。

この記事のURLをコピーする
Fuka Nakagami

Fuka Nakagami

アナグラム株式会社 クルー。岐阜県郡上市出身。大学進学を機に上京し、国際交流サークルに入ったことで世界を旅することにハマる。また旅先で、ことばとインターネットの可能性を知り、Webマーケティングの世界に。ライターやSEOを経験した後、運用型広告コンサルタントとして2021年にアナグラムに参画。

最近書いた記事