Twitter広告のフォロワーターゲティングで、狙ったユーザー層へ広告を配信するために押さえておきたいポイント

Twitter広告のフォロワーターゲティングで、狙ったユーザー層へ広告を配信するために押さえておきたいポイント

フォロワーターゲティング(ハンドル(ユーザー名)を活用していることから、ハンドルターゲティングと呼ばれることもあります)はTwitterのコミュニケーションネットワークとしての特徴を活かしたTwitter広告独自のターゲティング手法です。フォローの対象に基づくアカウント同士のつながりを利用して見込みの高いユーザーへ広告配信できるSNS広告ならではターゲティングです。

今回はフォロワーターゲティングで狙ったユーザー層へ広告を配信するために、押さえておきたいポイントをご紹介します。


フォロワーターゲティングの特徴

フォロワーターゲティングは、ユーザー名で指定したアカウントのフォロワーとそのフォロワーに似た興味関心を持つユーザーをターゲティングする仕組みです。広告主のビジネスに関心が高いであろうユーザーたちがフォローしているアカウントをいかにして見つけるかが鍵となります。

広告主のビジネスに関心が高いユーザーが集まるアカウントとは?

まずは下記のアカウントを検討することをオススメします。

業界で権威ある人物・機関のアカウント

商材と関係が深い分野で権威ある人物・機関・メディアのアカウントも有力候補です。Twitterは情報収集源としても活用されることが多いので、ツイート内容が特定の分野に特化したアカウントには興味や関心が似通ったフォロワーが集まりやすい特徴があります。

自社、競合他社のアカウント

自社商材に関心が高い人が最も集まっているのは自社のTwitterアカウントです。自社アカウントで積極的に情報発信している場合は必ず選択しましょう。競合他社のアカウントも商材への関心が高い人が集まりやすいという点でぜひ網羅しておきたいところです。商材として相性の良いブランドや商品、例えば商材がトレーニングジムであればトレーニング器具やトレーニングウェアのメーカーの公式アカウントまで対象を広げてみるのも良いでしょう。

フォロワーの多いアカウントはノイズに注意

例えば芸能人をイメージキャラクターとして起用している商材の場合、その芸能人のフォロワーは必ずしもその商材に関心があるわけではないので注意が必要です。対象のアカウントのフォロワーを何人かピックアップして次のような点をチェックみることをオススメします。

  • 日頃から広告主のビジネスに関連性のある情報をツイートしているか
  • プロフィールに広告主のビジネスに関連性のあるフレーズや情報があるか
  • フォローしているアカウントの投稿に対して「いいね!」や「リツイート」などをしているか

端的に言えば、プロフィールや直近のツイート内容を見て、「○○(商材に関係する分野)をしている人」と一目で分かるとベターです。

また、当然ながらツイート内容が明らかに宣伝ばかり、フォロワーがスパムっぽくて怪しいというユーザーは避けた方が無難です。下記ツールでフォロワーにスパムアカウントがどの程度含まれているかざっくりと調べることができます。

参考:Fake Followers Check

※使い方は以下のサイトが詳しいので参考に利用してみてください。

参考:Twitterのフォロワー数をお金で買った人を見破るFake Followers Check

アカウントのフォロワー数が多ければ多いほど、これらのノイズは多くなる傾向があります。フォロワー数が多い事自体は悪いことではないですが、フォロワー数の少ないアカウントでも、広告主のビジネスと関連があるフォロワーが多いアカウントを指定することで、よりターゲティングの精度高めていくのが重要です。過度にフォロワー数だけを重視するのはやめましょう。

アカウントのさがし方

では、どのようにして広告主のビジネスに関心が高いユーザーが集まるアカウントを探していけばいいのでしょうか。

もっともオススメなのはTwitter検索の利用です。まずは企業名や商品名などから検索してみましょう。

当たりがつかないのであれば以下のようなランキングサイトから、該当するジャンルやカテゴリ別に検索できるサービスを利用するのも一つの手です。

参考:Twitter(ツイッター)検索、ランキングサイト – meyou.jp(ミーユー) 

参考:ツイナビ | ツイッター(Twitter)ガイド 

Twitter検索は広告運用にも役立つので、以下の記事も参考にしてみて下さい。

参考:知っておくと広告運用がさらに捗る!Twitter検索の魅力と活用方法

対象ユーザーが追加されているリストもチェック

Twitterの”リスト”は複数のアカウントをまとめて管理することができる機能で、誰でも自由に作成することができます。

フォロワーターゲティング用に選択したアカウントが追加されているリストの数や内容を見ることで、アカウントの位置づけや影響力を把握できます。

リストはアカウントプロフィールページの「リスト」から確認できます(リストが作成されていない場合は表示されません)。その中の「メンバーになっているリスト」から、その人が追加されているリスト一覧を見ることができます。

リストは同じ分野のアカウントをまとめる目的で作られる場合が多いです。選択したアカウントが商材と関係が深いリストに多く追加されていればそれだけアカウントの影響力も高いと判断できます。

また、同じリストに追加されているアカウントもフォロワーターゲティング用の候補として有力です。リストを活用することで連鎖的に似たアカウントを探すことも可能です。

その他、そのアカウントがフォローしているアカウントや、デスクトップではプロフィール画面右にある「おすすめユーザー」でも関連するアカウントを見つけることができますので、試してみて下さい。

フォロワーターゲティングの設定方法

まずは元のキャンペーンフォーム(設定画面)での設定方法です。オーディエンス設定にある「フォロワー」から、該当のユーザー名を入力して検索します。また、関連するキーワードなどを入力することでそのキーワードを含むアカウントも探せます。

また、下部の「リーチを拡大」からオススメのアカウントを閲覧し追加することも可能です。その他、「自分のフォロワーに似たユーザーもターゲティングする」場合にはチェックボックスにチェックをいれます。

続いて新しいキャンペーンフォームでの設定です。多少構成や文言の変更はあるものの、できることはは元のキャンペーンフォームと同様です。ターゲティング設定の「オーディエンス機能」で「フォロワーが似ているアカウント」としてアカウントを検索し設定します。

なお、フォロワーターゲティングでは複数のアカウントを指定できますが、合計のフォロワー数が少なくとも5万以上であることが推奨されています。ただし、当然複数のアカウントのフォロワーには重複もあり、単純にフォロワー数の合計が配信対象者とはならない可能性があります。


設定画面から確認できる「キャンペーンの予測対象者数」を参考にターゲティングを調整していきましょう。(2018年3月現在、新しいキャンペーン設定画面では「利用不可」のため、旧画面のものをお使いください。)

参考:フォロワーターゲティング

デモグラフィックデータを掛け合わせて絞り込む

なお、商材のターゲットとなる性別や年齢層が明確である場合、デモグラフィックデータを掛け合わせて絞り込みをかける手もあります。例えば商材が化粧品で、それを愛用している女性タレントのアカウントを選ぶ場合、女性のみを配信対象にすればターゲティングの精度を高めることができます。

ターゲティング設定の「オーディエンス特性」から設定ができます。性別、年齢、言語、端末、プラットフォームはフォロワーターゲティングとのAND条件になるので、掛け合わせたい項目をチェックします。

対象アカウントのセグメントを切って効果測定する

自社、競合他社、顧客、メディア、公的機関などアカウントごと発信している情報も違えば、フォロワーの興味・関心や得たい情報もさまざまです。

ターゲットとするTwitterのアカウントをいくつかのセグメントに分け、別のキャンペーンや広告グループで運用することでセグメントごとにターゲティングの効果を検証しやすくなります。例えば「商材のメーカー」「プロモーションに起用したタレント」「レビューサイト・ブロガー」のように商材へ関わる立場の違いで切り分けると、クリエイティブもそれぞれ「商品機能軸」「タレント軸」「商品レビュー風」など訴求の方向性を尖らせるのも効果的ですので、ぜひ試してみてください。

終わりに

フォロワーターゲティングではフォロー・フォロワーという目に見えにくい関係性をいかにして捉えていくかが鍵になります。Twitterの仕組みを利用したユニークなターゲティング方法のため慣れないうちはアカウントの選定が難しい側面もありますが、他のターゲティング方法ではアプローチできなかったユーザーにも広告を届けるきっかけにもなります。ぜひ活用してみましょう。

Twitterの使い方や広告のターゲティングをどのように活用するかに興味のある方は以下の記事も参考になるはずです。

参考:口コミ拡散のためにはコンテンツが1番、では2番は何に?|jigen_1さんが語るツイートが拡散する仕組みとは Marketeer

Shintaro Fumoto

Shintaro Fumoto

アナグラム株式会社 クルー。前職ではネット印刷会社にてリスティング広告の運用とアクセス解析、コンテンツ制作などWEB周りを幅広く経験。2017年5月より運用型広告の運用に特化すべくアナグラムに入社。かつて企業Twitterアカウントの「中の人」を務めたこともあり。前職での経験を活かし、代理店と事業主側双方の視点をもって取り組む。

最近書いた記事

カテゴリ

更新情報をお届けいたします!

メールアドレスを登録していただくだけで、あなたにおすすめの情報や更新情報をお届けいたします。ぜひご登録ください!アナグラムのブログ更新は公式Facebookページ、Twitterでも受け取れます。

  • メールアドレスと登録する
  • Facebookで更新情報を受け取るTwitterで更新情報を受け取る

関連記事