Googleファインド広告が機能を拡充へ|商品フィードの活用やDDAの利用が可能に

Googleファインド広告が機能を拡充へ|商品フィードの活用やDDAの利用が可能に
この記事は最終更新日から約1年が経過しています。

YouTubeや、Gmail、Discover面など、Googleが保有するメディアやサービスに広告が配信できるファインド広告は、Googleの持つ1st パーティーデータの活用ができるなど、魅力的な配信メニューの一つではないでしょうか。

今回ファインド広告で、さらに活用の幅が広がる複数のアップデートが発表されています。

  • ファインド広告で商品フィードを利用可能に
  • 商品単位のレポートがリリース予定
  • データドリブンアトリビューションにファインドが追加予定
  • コンバージョンリフト測定が可能に

参考:ファインド広告の新機能で需要を拡大

以下、それぞれの概要をお伝えしていきます。


ファインド広告で商品フィードを利用可能に

ファインド広告にて商品フィードを利用した広告配信が可能となりました。

画像参照元:ファインド広告の新機能で需要を拡大

ファインド広告へGoogle Merchant Centerの商品フィードを関連付けることで、ユーザーの興味や関心、検索動向などに基づいてより関連性の高い広告配信が可能となります。

商品ごとに広告を作成するのではなく、フィード内の画像と商品の詳細情報を元にファインド広告のクリエイティブが作成されるので、ファインド用にクリエイティブを用意する手間なく配信開始できます。

クリエイティブで個別の商品画像がクリックされた場合は、フィード内にある商品のページに直接遷移されるため、ユーザーが興味を持った商品の詳細をすぐに確認できるのは大きなメリットです。

リリースでは、Discoveryなどのフィードが配信面ということもあり、ライフスタイル画像を利用することで、より効果的な配信ができるとの紹介もされています。

参考:商品使用イメージ画像リンク [lifestyle_image_link] - Google Merchant Center ヘルプ

ただし、この商品フィードは既存のファインドキャンペーンに紐づけることは出来ないので注意が必要です。商品フィードを活用したファインド広告を配信したい場合は、新しいファインドキャンペーンを作成しましょう。

詳しい設定方法やメリットに関しては以下のブログをご確認ください。

参考:Google広告、商品フィードを使用したファインド広告とは?概要や設定方法を解説

商品単位のレポートがリリース予定

商品フィードの活用にあわせて商品ごとの表示回数やクリック数などの指標も確認できるようになります。リリースは2023年3月中を予定しています。

画像参照元:ファインド広告の新機能で需要を拡大

ヘルプ内のスクリーンショットをみる限りでは、購入などの指標まで確認できるのかは不明ですが、どの商品が一番クリックが多いかなどは把握できるようです。

ファインド広告で商品フィードを活用する際は、ぜひ併せて確認したいレポートですね。

データドリブンアトリビューションが適用へ

機械学習機能を活用して、最も影響力の大きいタッチポイントである広告に貢献度を自動で割り当てるデータドリブンアトリビューション(以下、DDA)をお使いの広告アカウントも多いことと思います。

これまでファインド広告はDDAを含めラストクリックモデル以外のアトリビューションモデルは適用できず、間接的な効果などを加味するのが難しい状況でした。

今回のアップデートにより、DDAを適用しての運用が可能となります。

Googleのグローバルでの調査によれば、他のアトリビューション モデルからデータドリブン アトリビューションに切り替えた広告主は、コンバージョンが平均で 6% 増加したとのデータが示されています。

興味や関心、意図に基づいて商品を表示できるファインド広告は、比較検討のタイミングでも接点を持てる配信手法ですので、DDAにより効果を余すこと無く評価できるようになるのはうれしいですね。

コンバージョンリフト測定が可能に

広告の効果は必ずしもクリックを伴っておらず、クリックがない広告の成果を評価する方法のひとつに「コンバージョンリフト測定」がありますよね。

Googleでは動画アクション キャンペーン向けにコンバージョンリフトテストを2022年10月にベータ版で提供を開始していましたが、今回ファインド広告においても利用が可能となりました。

なお、ファインド広告と動画アクション キャンペーンの両方を運用している場合には「地域に基づくコンバージョンリフト測定」を利用して両キャンペーンの効果をあわせて測定できるとのことです。

ただし、現状はすべての広告主で利用はできません。使用を希望する場合はGoogleの営業担当への相談が必要となっています。

参考:About Conversion Lift - Google 広告 ヘルプ 

まとめ

より購買に直結するよう商品フィードの活用が可能となり、またDDAが適用されたことでパフォーマンスのより正確な把握も可能となるファインド広告は、今後さらに活用シーンが増えそうですよね。

商品フィードを用いたファインド広告の配信では、効率的に成果を伸ばした事例も紹介されています。

販売促進または見込み顧客の発掘を目標とするファインド広告に商品フィードを追加すると、現在と同程度のコンバージョン単価でコンバージョンを 45% 増やせるというデータもあります

引用元:ファインド広告の新機能で需要を拡大 - Google 広告 ヘルプ

商品フィードをお持ちの広告主やファインド広告にまだ取り組んでいなかった方は、今回のアップデートを踏まえて活用を検討してみるのをおすすめします。

関連記事

【運用型広告アップデートまとめ】2023年03月
【運用型広告アップデートまとめ】2023年03月
続きを見る
Google広告「デマンド ジェネレーション キャンペーン」とは?特徴から設定方法まで分かりやすく解説
Google広告「デマンド ジェネレーション キャンペーン」とは?特徴から設定方法まで分かりやすく解説
続きを見る
Google広告とは?特徴や種類、活用のポイントを分かりやすく解説
Google広告とは?特徴や種類、活用のポイントを分かりやすく解説
続きを見る