YDAからLINE広告枠への配信が拡大、トークリスト最上部やLINEファミリーアプリ・LINE広告ネットワークにも

YDAからLINE広告枠への配信が拡大、トークリスト最上部やLINEファミリーアプリ・LINE広告ネットワークにも
この記事は最終更新日から約1年が経過しています。

2023年4月よりYahoo!広告 ディスプレイ広告(運用型)(以降、YDA)において、LINEアプリ上での配信面が拡大しトークリスト最上部にも配信されるようになりました。

また、5/17(水)にはLINEファミリーアプリとLINE広告ネットワークが配信先として追加されています。

参考:LINEとの取り組みによる配信先拡大について

本記事では、YDAとLINEの取り組みによる配信先拡大の詳細や注意点について解説します。


YDAからLINEアプリ内のトークリスト最上部に配信拡大

画像引用元:【ディスプレイ広告(運用型)】LINEとの取り組みによる配信先拡大について 内PDF

これまでもYDAからLINEアプリ内のホーム面やウォレット面、ニューストップ面などには、広告が配信されていましたが、今回新たにトークリスト最上部にも配信が拡大されました

LINEトークリスト最上部は、LINEアプリの中でも一番目につきやすく高いアクティブ率が期待できるため、この配信先の追加は嬉しいですね。

LINEトークリストだけの成果確認や配信の指定は出来ない

LINEトークリスト最上部だけに絞って成果を確認したり、配信先を指定することはできません。

ただし、LINEトークリスト最上部を含むLINEアプリ全体であれば、プレイスメントリストを作成しての配信、または除外が可能です。LINEアプリを指定する際のURLは以下になります。

  • iOS:itunes.apple.com/443904275
  • Android:play.google.com/jp.naver.line.android

画像の表示のされ方に注意

LINEアプリへ配信される画像サイズは、レスポンシブ(画像)のみで、「1:1」「1.91:1」のどちらの形式も対象です。しかし、LINEトークリスト最上部に配信された際に画像が小さくなってしまうため、視認性が下がってしまう恐れがあります。また、画像の四隅が丸く加工される場合があるようです。

画像が縮小された時の見え方が心配な場合は、例えば文字の含まないバナーに変更するか、場合によってはLINEアプリをプレイスメントから除外することも検討しましょう。

LINEファミリーアプリ/LINE広告ネットワークにも配信拡大

5/17(水)からはLINEファミリーアプリとLINE広告ネットワークへ配信先が拡大されました。

特に設定等は不要でYDAを配信していれば、5/17(水)以降自動でLINEファミリーアプリ/LINE広告ネットワークへ配信先が拡大されています。適用は順次行われており、2023年6月中旬に完了予定です。

引用元:媒体資料の一覧ページ|LINE for Business 2023年4-9月期 媒体資料 内PDF 157p目

LINEファミリーアプリは、LINEアプリ以外でLINE社が提供しているアプリの総称で、「LINE camera」や「LINEマンガ」、「LINE GAME」など、様々な分野のアプリが対象です。

LINE広告ネットワークはLINEアプリ、LINEファミリーアプリ以外の10,000(※2022年8月時点の累計アプリ数)以上のアプリにリーチできるモバイルアドネットワークです。主なパートナーアプリの一例としては、ウェザーニュース、クックパッド、ルナルナなどがあります。

LINEアプリだけでなく、LINEファミリーアプリやLINE広告ネットワークが配信先に加わることで、更に多くのユーザーへリーチ出来る可能性が広がりますね。

LINEファミリーアプリ/LINE広告ネットワークに絞った成果確認や配信の指定は出来ない

広告の配信先は「配信先URLレポート」で確認ができますが、LINEファミリーアプリ/LINE広告ネットワーク経由の配信かを確認することはできませんが、「配信先URLレポート」でそれぞれの配信先の結果は確認が可能です。

もし、LINEファミリーアプリ/LINE広告ネットワークを経由した配信先を制御したい場合には、5/17(水)前後での配信先URLの変化を確認し、除外したい配信先があれば配信先URLレポートから確認して除外設定を行いましょう。

まとめ

LINE広告を配信していなくてもYDAからLINEのトークリスト最上部やファミリーアプリ/LINE広告ネットワークへ配信できるようになることで、新たな顧客にアプローチ出来る機会になります。

LINEのトークリスト最上部に絞っての配信や、LINEアプリとLINEファミリーアプリ/LINE広告ネットワークを分けて配信するなど細かく制御することはできませんが、やはりYDAの自動入札やオーディエンスデータを活用しながらLINE関連サービスへも配信できるのは魅力的です。

もし、LINEネットワークへの配信だけをとめたい、LINEアプリへの配信で静止画以外も利用したい場合にはLINE広告での配信を実施するといった形で場合によって使い分けられると良いですね。

関連記事

【運用型広告アップデートまとめ】2023年05月
【運用型広告アップデートまとめ】2023年05月
続きを見る
【運用型広告アップデートまとめ】2024年05月
【運用型広告アップデートまとめ】2024年05月
続きを見る
Yahoo!広告、2021年の主要アップデートまとめ
Yahoo!広告、2021年の主要アップデートまとめ
続きを見る