Gmail 広告キャンペーンの提供終了へ、Gmailへの広告配信はファインドキャンペーンに統一

Gmail 広告キャンペーンの提供終了へ、Gmailへの広告配信はファインドキャンペーンに統一

Gmail 広告キャンペーンは2021年7月から「読み取り専用」になり、既存のGmail 広告キャンペーンの変更や新規でのキャンペーン作成もできなくなることが発表されました。

参考:Gmail 広告について

なお、Gmailへの広告配信はファインド広告の配信先のひとつとして現在も提供されています。引き続きGmailへの広告配信を継続したい場合には、ファインドキャンペーンを利用していくことが推奨されています。

この記事では今回の変更内容の解説と、Gmailへの広告配信が含まれるファインドキャンペーンの使い方を簡単に解説します。

Gmail 広告キャンペーンとは?

Gmail 広告キャンペーンは、Gmailの受信トレイのプロモーションタブやソーシャルタブ上部に広告を配信できるキャンペーンです。Gmail 広告キャンペーンを使用すると、Gmail広告面のみに広告を配信することが可能でした。

Gmail 広告の仕様から設定方法、活用方法までのスベテ

今回の変更によりGmailへの広告配信機能はファインドキャンペーンに統一されます。まずは、ファインドキャンペーンがどのようなものなのか押さえていきましょう。

ファインドキャンペーンとは

左からYouTube、Discover、Gmail に表示されるファインド広告の例
画像引用元:さまざまな場でユーザーに発見してもらえるファインド広告 – Google 広告 ヘルプ

ファインドキャンペーンは、Gmailのプロモーションタブやソーシャルタブ、YouTubeのホームフィードや次のおすすめのフィード、Discoverに広告を配信できるキャンペーンタイプです。

コンバージョン数の最大化または目標コンバージョン単価と予算に基づいて、関心度の高いユーザーに広告を配信します。

同じGmailが配信先に含まれていますが、ファインドキャンペーンでは配信先を個別に指定できないため、Gmailのみへ広告配信をすることはできません。そのため、Gmail広告キャンペーンと全く同じ条件での広告配信は今後できなくなります。

Gmail への広告配信を継続する際に注意するべきこと

Gmailへの広告配信を継続するにはファインドキャンペーンの利用が必要です。これまでGmail広告キャンペーンを利用してきたアカウントでは、どのような点に注意してファインドキャンペーンを利用するのがよいのか、解説します。

設定予算を増やす

ファインドキャンペーンはGmail 広告キャンペーンに比べて配信先のサービスが多いため、これまでと同様の規模の配信を継続する場合には設定予算を増やす必要があります。公式サイトではGmail 広告キャンペーンの2倍の予算をファインドキャンペーンに割り当てることが推奨されています。

入札単価は高めに

ファインドキャンペーンは前述の通り、コンバージョン数の最大化または目標コンバージョン単価の入札戦略を使用します。Gmai広告キャンペーンで可能だった手動の入札戦略はサポートされていません。

目標コンバージョン単価を使用する場合は、Gmail 広告の過去30日間の平均コンバージョン単価を20%引き上げた金額を設定することが推奨されています。

これは、キャンペーンの移行後は新しい設定内容に考慮した配信が行われ、広告のパフォーマンスが不安定になる可能性があり、コンバージョン単価の変動によって配信ボリュームが下がる可能性もあるためです。
まずはこれまでよりも高めな目標コンバージョン単価を用いるなど、配信ボリュームの減少による成果の縮小などを回避できるようにするのがよさそうです。

ターゲティングの見直し

ファインドキャンペーンでは、Gmail 広告キャンペーンと同様にカスタマーマッチや購買意向の強いユーザー層などのターゲティングを使用することができます。

ただしファインドキャンペーンではキーワードによるターゲティングができないため、Gmail 広告キャンペーンでキーワードを使用して配信していた場合は、カスタムオーディエンスを使った配信に変更する必要があります。

なお、興味関心や購入意向のほか、GmailはGoogleの提供サービスであるため、指定した語句とその類似語句を検索したユーザーに広告を表示することも可能です。

カスタムオーディエンスを作成する際、まずはGmail 広告キャンペーンでコンバージョン数上位のキーワードを基にするのがおすすめです。

また、Gmail広告キャンペーンでは可能だったデバイスターゲティングは利用できません。広告配信先となるデバイスをコントロールしたい場合は、Discoverなどスマートフォンへの配信も多いファインドキャンペーンへの出稿は十分な検討をしましょう。

カスタムHTMLも使用できない

カスタム HTMLをして自由度の高い広告配信も可能でしたが、ファインドキャンペーンでは利用ができません。

ファインド広告とファインドカルーセル広告といった、複数パターンの見出しや画像を組み合わせた広告フォーマットでの広告配信を行なっていきましょう。

参考:カスタム HTML を使用して Gmail 広告を作成する – Google 広告 ヘルプ

まとめ

Gmail 広告キャンペーンからファインドキャンペーンへ移行すると手動で設定できる項目が減り、Gmail面のみに広告を配信することもできなくなります。

今まで使っていたものが使えなくなってしまうのは不便と感じることがあるかもしれませんが、ファインドキャンペーンを新たに使ってみるきっかけになるでしょう。機能の変更や停止に悲観的になるのではなく、新たなことに日々チャレンジしながら、より成果を上げていきたいですね。

この記事のURLをコピーする
Yurika Inomata

Yurika Inomata

アナグラム株式会社 クルー。システム開発業に携わる中でリスティング広告に魅力を感じ、広告代理店を経て2015年よりアナグラムへ参画。現在、リスティング広告やFacebook広告の運用を中心に行っている。最近は社内の部活動に参加して、脱インドア派を目指し中。

最近書いた記事