Instagram広告ってどう出すの?始め方から基本の設定までわかりやすく解説

Instagram広告ってどう出すの?始め方から基本の設定までわかりやすく解説

日本国内3,300万人(2019年3月時点)のMAUを誇るInstagramは、いまやWeb広告の配信を検討するべき媒体の一つです。

Instagramは、ハッシュタグやユーザー、アカウントをフォローして特定の好みや興味で繋がります。そのため、好みや興味を汲み取った広告配信によって、ユーザーに広告主の商品を身近に感じてもらえる機会を得ることができます 。

またInstagramには投稿内の商品の詳細を簡単に確認して購入できるショッピング機能をはじめ、ショッピングの場としてもその存在感を高めています。

今回はそんなInstagram広告の始め方、基本設定について紹介します。

Instagram広告とは?という方は、まずはこちらの記事をご覧ください。

Instagram広告を配信する2つの方法

Instagram広告を出稿する際は2つの出稿パターンがあります。Instagramプロアカウントから出稿するパターンと広告アカウントを利用して出稿するパターンです。

InstagramプロアカウントとはビジネスでInstagramを利用するユーザー向けのアカウント設定で、Instagram広告の配信だけでなくお問合せ先の表示や詳細なデータを見ることができます。

参考:プロアカウントについて | Instagramヘルプセンター

ただしプロアカウントからの広告出稿ではコンバージョン目的の配信ができないなどできることが限られているため、要注意です。

今回は詳細な設定が可能な「広告アカウントを利用して出稿する場合」の設定方法についてご紹介します。

事前に必要な準備と設定

配信を開始するまでに必要なものを解説していきます。

・[必須] Facebookページ

Facebookページはビジネス向けのFacebookアカウントです。みなさんがFacebookを個人で利用される場合に作成するアカウントがビジネス仕様にアレンジされているものです。下記ページから作成することができます。

https://www.facebook.com/pages/creation/

・[必須] 支払い方法を設定した広告アカウント

Instagram・Facebook・Messenger、Audience Networkへの広告配信は広告マネージャを利用します。予算、配信するターゲット、広告の作成など、広告配信に必要な設定は広告マネージャで行います。

支払い方法はビジネス設定から設定することができます。

参考:Facebook広告の支払い方法を追加する | Metaビジネスヘルプセンター

・[任意] プロフィール画像を設定したInstagramアカウント

Instagramアカウントは必須ではありません。しかし、下記デメリットがあるため、Instagramアカウントを作成して配信するのをおすすめします。

  • Instagram広告からプロフィールへ移動するとFacebookページがリンクされてしまう
  • 広告に表示されるプロフィール画像と広告主名はFacebookアカウントのものが引用される
  • 広告へのコメントに返信ができない

事前に必要な設定の手順

配信するまでに必要な設定の手順をご説明します。

前章で紹介したFacebookページや広告マネージャ、Instagramアカウントと広告を管理・編集するユーザーを紐付ける必要があります。

広告マネージャ画面の左側ハンバーガーマーク(①)からビジスネ設定(②)を開いて設定いたします。

[必須]Facebook広告アカウントへユーザーを割り当てる手順

1.広告アカウントを選択

2.該当のアカウントを選ぶ

3.[ユーザーを追加]をクリック

4.ユーザーを選択

5.与える権限範囲を決め

6.[アクセス許可を設定]をクリック

参考:広告アカウントにメンバーを追加する | Metaビジネスヘルプセンター

[任意]InstagramアカウントをFacebook広告アカウントへ割り当てる手順

次にInstagramアカウントをFacebook広告アカウントへ割り当てます。

1.ビジネス設定を開いてInstagramアカウントをクリック

2.紐付けたいInstagramアカウントを選択

3.[アセットを追加]をクリック

4.紐付けたい広告アカウントを選択

5.[次へ]をクリック

ドメイン認証

ドメイン認証はドメインの所有者の確認によりコンテンツの安全性を確保するための任意の機能です。ドメイン認証を行うことでドメインの不正使用や悪質行為者による偽情報の拡散を防ぐことができます。

手順については以下を参考にしてください。

合算イベント測定

Apple社のiOS14以降のプライバシーポリシー(AppTrackingTransparency)に伴って、コンバージョンの測定に制限がかかります。

合算イベント測定はATT対策として最低限のトラッキングを行えるようにする機能です。

Facebookピクセル

Facebookピクセルとは、ウェブサイトに設置することでウェブサイトでユーザーが実行したアクションを把握して、広告の効果測定や広告配信の目標として利用することのできるコードです。

設定せずとも広告配信自体は可能ですが、とくにコンバージョン目的で配信する場合には以下の理由から設定をオススメします。

  • 広告の費用対効果が管理画面で見えるようになる
  • データが貯まることで機械学習が最適化されていき、成果がよくなる
  • サイト訪問者に広告を配信することができる

設定方法は以下をご確認いただきながら設定をすすめましょう。

参考:Facebookピクセルの設定とインストールの方法 | Metaビジネスヘルプセンター

コンバージョンをより正確に測定するために

なお、Apple社が実施しているITP(個人情報保護のためのサイトトラッキング抑止機能)の影響でサードパーティCookieに対する制限があり、従来の方法だけではコンバージョンが十分に測定できないケースがあります。

これに対しMeta社は、「コンバージョンAPI」や「詳細マッチング」という機能を提供しており、これを利用することでより正確にコンバージョンを計測することが期待できます。

導入は必須ではありませんが、こちらも合わせて検討しておくのをおすすめします。

詳しくは以下の記事からご確認ください。

Instagram広告の配信設定

それではいよいよ「どんな広告を誰に配信するのか」、実際の配信設定を見ていきましょう。

Instagram広告のアカウント構造

Instagram広告を掲載するには、次の3つの要素が必要です。

  •  キャンペーン
  • 広告セット
  • 広告

Facebook広告のキャンペーン構造とは何ですか。 | Facebook広告のヘルプセンター

キャンペーンの作成

Instagram広告配信のための事前準備が整いましたので、Instagram広告を配信する広告キャンペーンの新規作成を行います。

1.「作成」をクリック

2.「購入タイプ」と「キャンペーンの目的」を選択

購入タイプとは入札方法とターゲット方法です。例えば、リーチ&フリークエンシーを選択すると、特定のリーチを得るのに必要な予算を推定で弾き出し、日予算を設定します。CPMは固定です。

キャンペーンの目的は利用シーンに合わせて11項目用意されています。ビジネスの目的に合ったものを選択してください。

参考:Choose the Right Objective | Meta Business Help Center

3.特別な広告カテゴリに該当する場合は選択

以下のカテゴリに該当する場合は選択し、申告する必要があります。

  • 信用:クレジットカード、自動車ローンの申込みなど
  • 雇用:求人広告、インターンシップの募集など
  • 住宅:不動産、住宅ローンの申込みなど
  • 社会問題、選挙または政治関連:選挙や政治キャンペーンの告知など

4.キャンペーン予算の最適化を行うかを判断し、利用する場合はキャンペーン予算を記載

5.右下「次へ」を押し広告セットの設定画面に移る

広告セットの設定

広告セットでは主にターゲティングと配置(配信する場所)を設定します。Instagram広告を配信する際に注意するべき点は配置です。

標準では「自動配置」が選択されておりますが、その場合FacebookやMessengerなどにも配信されます。Instagramのみに配信したい場合は「手動配置」を選択し、Instagramに関連する面を選択してください。

キャンペーンの目的ごとに利用できる配置が異なります。以下の表にまとまっているのでご確認ください。

Instagram広告の目的 | Metaビジネスヘルプセンター

ただし、Facebook広告マネージャでは、他の配信面を含めて広告の管理や調整を行えることも大きなメリットのひとつです。他の配信面を含めて配信する余地がないかは検討してみましょう。

広告の仕様

Instagram広告の出稿例

同じInstagram広告といっても、フィードの他にもリールや発見タブなど複数の広告配信先(以下、配置面)があります。

配置面によって、たとえば同じ画像を使った広告フォーマットでも画像のサイズや縦横の比率など、推奨される要件は異なってきます。

以下の公式ページでは、推奨される画像や動画、テキストの要件を配置面ごとに確認できますので、素材を用意する前に一度確認してみてください。

参考:配置にInstagramフィードを、広告の目的にブランドの認知度アップを使用した場合の、Facebook写真広告の仕様 | Facebook広告ガイド

ここまでくれば、Instagram広告を配信するのに必要な設定が一通りできました。ただし、「キャンペーンや広告セットはどんな単位でわければいいの?」などアカウントの設計は悩みどころも多いかと思います。

以下の記事では、コンバージョンを獲得するために必要と考えるアカウント設計の仕方を紹介しています。アカウント設計に迷った場合にはぜひ覗いてみてください。

それでは最後に、Instagram広告を配信したあとに広告の効果を改善していくために、確認するべきレポートの指標を見ていきましょう。

Instagram広告で確認するべき指標

配信後は、目的に沿った配信状況になっているか確認しましょう。リーチ目的であれば「リーチ1,000人当たりの単価」「リンクのクリック」、コンバージョン目的であれば「結果」「結果の単価」などを指標にするとよいでしょう。

さらに広告の分析を深ぼっていく上で必要な指標は、フリークエンシーやCPMです。

フリークエンシーとはユーザー1人あたりに対する広告の平均表示回数です。フリークエンシーが増加するにともない、広告のクリック率などパフォーマンスが低下している場合は、同じ広告が何度も表示されたことにより関心度が下がっている可能性があります。その場合は新たな広告を追加したりターゲティングを変えたりすることを検討してください。

CPMも確認するべき指標のひとつです。CPMはインプレッション1,000回あたりの平均費用です。Facebook広告は基本的にインプレッション課金が採用されているため、クリック率やコンバージョン率が変わっていない場合、コンバージョン単価が上がっている要因はCPMにあります。

CPMが上昇していてフリークエンシーも高い場合は広告の変更が必要と判断でき、広告を入れ替えていてもCPMが高い場合は競合からの入札が高まっていることがわかります。

目的としている指標だけでなく、成果を出すためにフリークエンシーやCPMを用いて分析を進めていくとより早く目標に近づくことができますね。

またInstagramではコメントやリアクション、保存などのエンゲージメントが重視されていますので、広告においてもチェックしてみてください。

参考:Instagramの仕組みを解き明かす | 公式ブログ – Instagram

まとめ

Instagramは画像または動画による視覚的体験をメインにコミュニケーションがされています。そのためInstagram広告は、画像や動画によってどれだけユーザーを惹きつけられるかがカギです。また、どうやってユーザーを惹きつけようかだけを考えるのではなく、ユーザー体験を考えInstagramに歩み寄ったコンテンツ(広告)を届けられなければ、良い成果をあげるのは難しいでしょう。

2021年11月、アカウントやハッシュタグ、位置情報だけでなくキーワード検索機能(検索したキーワードに関連した投稿が探せる機能)が日本でも利用が可能になりました。他にも、2021年10月にストーリーズにリンクを追加する機能が誰でも利用できるようになっており、今後も便利な機能追加が増えていくと思われます。いちユーザーとしてInstagramの機能や変化を抑えつつ、どのようなアプローチをすれば目的を達成できるのか考えていきたいですね。

example02_02

この記事のURLをコピーする
Yusuke Tomishima

Yusuke Tomishima

アナグラム株式会社 クルー。アナグラムでは新規提案から広告運用や報告まで、運用型広告の代理店としては珍しく、一気通貫で業務に従事できるという裁量の大きさに魅力を感じ、2018年4月より参画。広告だけの視点に留まらず、ビジネス全体を俯瞰した運用を心がけている。大のカラオケ好きで、大学時代には週3で通っていたことも。

最近書いた記事