YDA、レスポンシブディスプレイ広告のタイトル別・説明文別レポートの提供を開始

YDA、レスポンシブディスプレイ広告のタイトル別・説明文別レポートの提供を開始
この記事は最終更新日から約1年が経過しています。

Yahoo! JAPANはディスプレイ広告(運用型)におけるレスポンシブディスプレイ広告のタイトル別・説明文別レポートの提供を2023年6月28日より開始しています。

参考:【ディスプレイ広告(運用型)】レスポンシブディスプレイ広告におけるタイトル別・説明文別レポート提供開始のお知らせ - Yahoo!広告

これにより、アセットの組み合わせ単位でより詳細なパフォーマンス分析を行うことが可能となり、レスポンシブディスプレイ広告のアセット最適化に役立てられるようになります。

レスポンシブディスプレイ広告とは?

レスポンシブディスプレイ広告は、広告主が提供するアセット(画像、動画、ロゴ、タイトル、説明文など)を元に、Yahoo! JAPANが自動的に最適な組み合わせを生成する広告フォーマットです。

詳しくは以下の記事もご覧ください。

タイトル別・説明文別レポートが出力可能に

これまでレスポンシブディスプレイ広告の実績のレポート出力はメディア(画像)単位でのみ可能でしたが、今回の変更により、メディアに加えてタイトルや説明文単位のパフォーマンスも確認可能となりました。

画像引用元:【ディスプレイ広告(運用型)】レスポンシブディスプレイ広告におけるタイトル別・説明文別レポート提供開始のお知らせ - Yahoo!広告

アセットの組み合わせごとの実績をレポート出力する方法

アセットの組み合わせごとの実績は、パフォーマンスレポートの出力項目に以下を追加することで確認が可能です。

  • 「メディアID」または「メディア名」
  • 「タイトル」
  • 「説明文1」

「メディアID」または「メディア名」は分割項目から、その他は基本項目より追加可能です。

今回の変更に関する注意点

アセットの組み合わせごとの実績レポートを利用する際には次の点に注意しておきましょう。

  • 2023年4月12日以降のデータで確認可能
  • 該当のアセット項目を追加しない場合は、合算値が表示
  • 削除済みでもレポートに表示される
  • 削除済みと同内容を再登録した場合には、同一のものとして集計される

良くも悪くもアセットの内容が同一であれば同一行で集計される仕様であるため、別のものとして集計したい場合には新しくレスポンシブディスプレイ広告自体を追加するなどの配慮が必要です。

まとめ

レスポンシブディスプレイ広告は複数のアセットを自動的に組み合わせる広告フォーマットであるため、ユーザーの検索にあわせた広告配信が期待できます。

一方で、どのような組み合わせで広告が掲載され、どのような結果に繋がっているのか、詳細に把握して改善していく難しさもありますよね。

今回のアップデートによりこれまで把握が難しかったアセットの組み合わせごとの実績が確認できるようになるため、いま一度レスポンシブディスプレイ広告のアセットを点検してみましょう。

関連記事

[初心者もよくわかる] Yahoo!広告とは?特徴や種類、Google広告との違いを分かりやすく解説
[初心者もよくわかる] Yahoo!広告とは?特徴や種類、Google広告との違いを分かりやすく解説
続きを見る
Yahoo!広告 キャンパスとは?Yahoo!広告を無料で学べて認定資格の取得も
Yahoo!広告 キャンパスとは?Yahoo!広告を無料で学べて認定資格の取得も
続きを見る
Yahoo!広告、2021年の主要アップデートまとめ
Yahoo!広告、2021年の主要アップデートまとめ
続きを見る