Yahoo!スポンサードサーチ、動的検索連動型広告(DAS)のキホンと活用方法

Yahoo!スポンサードサーチ、動的検索連動型広告(DAS)のキホンと活用方法

Yahoo!JAPANは2018年5月30日に、Yahoo!プロモーション広告のスポンサードサーチ(以下、Yahoo!スポンサードサーチ)において新たなプロダクトとなる「動的検索連動型広告(Dynamic Ads for Search ※略してDAS)を提供開始しました。

参考:スポンサードサーチ 動的検索連動型広告の提供開始について


動的検索連動型広告とは?


引用元:動的検索連動型広告の配信の仕組み

動的検索連動型広告は、あらかじめ指定したサイトURLのコンテンツと関連性の高い検索語句を自動でマッチングし、その検索語句に関連性の高いであろう広告タイトルを広告コンテンツから自動で作成して表示することができる広告です。

通常の検索連動型広告と異なり、キーワードを入稿したり広告タイトルを作成したりする必要がありません。たとえば、他品目を扱うECサイトや旅行・不動産のポータルサイトなど、広告表示の対象としたい検索語句が膨大なケースでとくに役に立ちます。

2017年9月に調査した結果、過去6カ月に検索されたことのない新規検索語句の割合は33.1%

こちらはYahoo!JAPANの調査が発表した数字です。これらを人の手でカバーしていくのは現実的ではありませんよね。

参考:「新しい流入」が期待できる動的検索連動型広告を設定しよう – Yahoo!プロモーション広告 公式 ラーニングポータル

動的検索連動型広告のメリット

動的検索連動型広告のおもな特徴は以下の3点です。

  • 入稿しているキーワードでは網羅しきれない検索語句をカバーすることができる
  • キーワード、広告タイトルの入稿が不要なため登録工数が削減できる
  • 検索語句とリンク先URLの自動マッチングにより関連性の高い広告タイトルの生成が期待できる

これまで検索連動型広告といえば、キーワードと広告文とリンク先URLのセットを入稿することが必要でしたが、キーワードと広告文のタイトルは個別に設定する必要がありません。指定したURLの情報を元に広告を表示する検索語句は自動でマッチングされ、広告文のタイトルも自動生成されます。ただし、いくら自動だとはいえ、指定したページURLをクロールして得た情報がもとになっているため、対象ページのコンテンツ内容やサイトの構造に大きく左右されることは抑えておきましょう。

動的検索連動型広告の設定方法

動的検索連動型広告の始め方は以下の流れになります。

  1. ページフィードを作成し管理画面へアップロード
  2. キャンペーンを作成しページフィードを紐づけ
  3. 広告グループを作成しページフィードのターゲティングを設定
  4. 広告の作成

1.ページフィードの作成方法

動的検索連動型広告を始める上で、まず必要になるのが「ページフィード」です。動的検索連動型広告の配信対象としたいページのURLをあらかじめ登録しておきます。登録するページフィードの中身は以下の2種類のみでいたってシンプルです。

  • ページURL(※必須)
  • カスタムラベル

「ページURL」はターゲットとするウェブページのURLを記載します。こちらは必須です。ここで登録するURLの一覧が動的検索連動型広告の対象となるURLになるため、活用したいページは全て網羅する必要があります。たとえば「https://anagrams.jp」のように記載してもその下層を配信対象に含むことはありません。

オプションの「カスタムラベル」を利用すると、ページURLをグルーピングしてターゲティング設定することができるようになります。同じ商品カテゴリやサービスなど、特に訴求を変える必要のないページURLには共通なものを記載しておくと便利です。 カスタムラベルは半角のセミコロン(;)で区切るとことで、1つのページURLに対して複数を登録できます。

ターゲットしたい単位でページフィード自体を分けることもできますが、ページフィードは1アカウントにつき60件(※)までです。細かくターゲット設定を分けたい場合は、カスタムラベルを有効に利用しましょう。

※広告表示オプションやアドカスタマイザーの自動挿入リストとの合計でカウント

また、登録時には以下の2点に注意が必要です。

  • 異なるドメインのページURLを1つのページフィードには含められません。ドメインごとにページフィードの作成が必要です。
  • トラッキング用のパラメータが付与されたURLは、ページURLに設定できません。必要に応じて、アカウント、キャンペーン、広告グループ単位で設定可能なURLオプションを利用しましょう。

参考:トラッキング用パラメータについて – Yahoo!プロモーション広告 ヘルプ


スポンサードサーチの当該アカウントをクリックしたら、ツールタブの矢印(▼)をクリックしてプルダウンメニューから「ページフィード」をクリック。または「ツール」タブをクリックし、「ツール一覧」画面で「ページフィード」をクリックします。


[ページフィードを追加]ボタンを押します。


「ページフィードを追加」画面が表示されるので、ページフィード名と 対象にしたいドメインを入力し[作成]ボタンを押します。

ドメイン名は「http://」や「https://」から始まるURLを指定する必要があります。


作成したページフィード名がページフィード一覧に追加されるので、追加したページフィードの[ページフィード管理]ボタンを押し、表示されたメニューから「アップロード」を選択


「ページフィードのアップロード」画面が表示されるので、アップロードタイプ「新規登録・置換」を指定し、作成したページフィードをアップロードします。

また、アップロード済みのページフィードにURLを追加したり削除したりしたい場合は、更新前の差分のデータだけでなく全件含めたファイルを作成しアップロードすることでページフィードを全件更新することができます。

アップロードしたページフィードのURLは全て審査対象になります。審査が完了したURLから順次クロールが行われ、クロールが完了次第広告の配信が可能になります。以上でページフィードの作成は完了です。

2.キャンペーンを作成してページフィードを紐づけ

動的検索連動型広告のキャンペーンの作成方法は以下になります。


キャンペーン作成画面より、キャンペーンタイプで「動的検索連動型広告キャンペーン」を選択します。


ページフィードの設定で「ページフィードを選択」ボタンをクリックします。


「ページフィードを選択」画面が表示されるので、使用したいページフィードを選択し、[設定]ボタンを押し、ページフィードを紐づけます。ひとつのキャンペーンに対して複数のページフィードを選択して紐付けることができます。

あとは各種必要な設定を行えばキャンペーンが作成されます

3.広告グループを作成しページフィードのターゲティングを設定

広告グループでは、入札価格や「ターゲット設定」などの項目を設定します。

ターゲット設定では、作成したキャンペーンに関連付けたページフィードの中からランディングページの対象および除外対象の条件を設定します。


広告グループ作成作成画面の「ターゲット設定(配信)」で[ターゲット設置(配信)を選択]ボタンをクリック


ターゲット設定(配信)の画面が表示されるので、ここでキャンペーンで設定したページフィードに登録されている「ページURL」の中から、広告の最終リンク先URLの対象として設定する条件を選択します。

ターゲット設定(配信)は、以下の条件から選択できます。

  • ページフィードのすべてのウェブページ
  • 特定のウェブページを以下の条件で指定(条件の組み合わせも可能)

特定のウェブページのみを指定する条件

特定のウェブページを指定できる条件は以下の4通りです。

  1. URL
    …「[/services/]を含む」のようにURLに特定の文字列を含むページが対象です。
  2. カスタムラベル
    …「[サービス]と等しい」のように特定のカスタムラベルに紐づくURLを指定できます。
  3. ページURLのタイトル
    …ページのtitleタグ内に特定の語句を含むページが対象です。
  4. ページURLの内容
    …指定した語句がページ内のコンテンツに含まれると判断したページを対象にできます。

カスタムラベルは「等しい」条件のみでしか指定できない点に注意しておきましょう。

ひとつの広告グループに対して複数のターゲット設定を行うことも可能です。


なお、配信対象外にしたいターゲットがある場合は、「ターゲット設定(除外)」から同様の手順で設定をおこないます。広告グループ、キャンペーン単位でそれぞれで設定できます。

たとえば、「ページURLの内容」で「品切れ」のような文字列を除外対象として指定しておくことで、意図しない広告の配信を抑制できる可能性が高まります。(クロールのタイミングや回数など、クロールの詳細は非開示のため、断言はできませんが。)一番はフィードをいつも最新の状態にしておくことですが、手動でアップロードを行うには限界がありますので、ページの更新が多い場合には設定を検討してみてください。

その他、自動生成される広告タイトルを除き広告を作成すれば設定は完了です。

注意しておきたいDASの設定と仕様

通常のキャンペーンと同じ検索語句を掲載対象とする場合はどちらが掲載される?

検索語句がアカウント内に登録しているキーワードと完全に一致した場合にはキーワードが優先されるため、標準キャンペーンに登録された広告の方が配信される可能性が高くなります。

同一アカウント内で、動的検索連動型広告と通常のキャンペーン(「以下:標準キャンペーン」)を併用している場合、検索語句のオークションは両方のキャンペーンが対象となるため、標準キャンペーンでキーワードに合わせて作った広告文が意図通りに表示されない可能性があるので注意が必要です。

対象外キーワードを必要に応じて設定

ビジネスの成果に繋がらない関連性の低い検索語句などは、あらかじめ対象外キーワードとして登録をおこないましょう。

インターネットユーザーの検索クエリーが、キャンペーンタイプ「標準キャンペーン」のキャンペーン内にマッチタイプ「完全一致」で登録されていた場合、当該キーワードが登録された標準キャンペーンに登録された広告の方が配信される可能性が高くなります。

インターネットユーザーの検索クエリーが、キャンペーンタイプ「標準キャンペーン」のキャンペーン内にマッチタイプ「部分一致」で登録されていた場合、オークションランクに応じて配信される広告が決定します。

引用元:広告グループを作成する(動的検索連動型広告キャンペーン)

そのため、動的検索連動型広告で表示させたくない場合は、仕組みを理解した上で、あらかじめ対象外キーワードの登録を行い上手くコントロールしていくことが重要です。

動的検索連動型広告のレポート

動的検索連動型広告の配信実績はパフォーマンスレポートの「検索クエリーレポート(動的検索連動型広告)」と「ページフィードターゲティングレポート」で確認することができます。

検索クエリーレポート

「検索クエリーレポート(動的検索連動型広告)」では、動的検索連動型広告が配信された際の検索語句を確認することができます。また、その際に自動的に生成された広告タイトルや最終リンク先URL別実績なども確認可能です。

もしも意図しない広告表示やパフォーマンスの低下の要因となる検索語句があった場合は、その原因を探り、場合によっては除外キーワードとして登録をおこないましょう。なお、現時点ではターゲット設定ごとに検索語句を確認することはできないため、必要があれば検索語句を確認したい単位で広告グループを分割しておくと分析がスムーズに行えます。もちろん、優位性の有無の判断や自動化を見据えた上では一定のデータボリュームが重要になるため、コントロールすべきところとシステムに任せる部分とを、個別の事象に照らし合わせてキャンペーンを構成することをおすすめします。

ページフィードターゲティングレポート

「ページフィードターゲティングレポート」では、動的検索連動型広告が配信された際のターゲット設定別のレポートを確認できます。

もしもパフォーマンスが良くないターゲティングがあれば、検索クエリーレポートをあわせてターゲティングの対象となっているURLやそれに基づく検索語句や自動生成されている広告文をチェックしてみるのがよさそうです。

最後に

Google アドワーズでは動的検索広告(Dynamic Search Ads ※以下、DSA)という名称で2012年からキーワードの入稿が不要な同様の機能が提供されています。

参考:ヒトの思考を凌駕する動的検索広告(DSA)の解説と設定方法 

現在(2018年6月)Yahoo!スポンサードサーチにおいて提供されるのは、DSAのうち、「ページフィード」という機能に限定されています。Google アドワーズのページフィードではスプレッドシートやFTPなどを利用した自動アップロードの仕組みも用意されていたりしますので、DASにおいても同様の仕組みが提供されるとさらに柔軟に活用できるようになります。今後のアップデートにも期待ですね。

参考:動的検索広告(DSA)が「ページフィード」「拡張フォーマット対応」でさらに効果的に

Kenta Kataoka

Kenta Kataoka

アナグラム株式会社 チームリーダー。 出版社のデザイナーを経て興味のあったWebマーケティング業界へ転身。広告代理店に入社後、リスティング広告の運用とコンサルティング、及びマネジメントに従事。その後フリーランスを経て2015年よりアナグラムにジョイン。広告運用やチームマネジメントなどを行っている。

最近書いた記事

カテゴリ

更新情報をお届けいたします!

メールアドレスを登録していただくだけで、あなたにおすすめの情報や更新情報をお届けいたします。ぜひご登録ください!アナグラムのブログ更新は公式Facebookページ、Twitterでも受け取れます。

  • メールアドレスと登録する
  • Facebookで更新情報を受け取るTwitterで更新情報を受け取る

関連記事