Google アドワーズ・Yahoo!スポンサードサーチ、広告プレビューツールの解説と使用方法

how-to-use-ad-preview-tool_header

現在運用している検索連動型広告が実際にちゃんと表示されているか、あるいは何位に表示されているかなどをどのように確認していますか?多くの方は実際に検索窓にキーワードを入力して検索結果で広告を確認されているのではないかと思います。入札しているキーワードに対して広告がきちんと表示されているか、実際に検索をしてみて何度も確認する方も多いかと思いますが、それにより表示回数が加算され広告の品質にも影響を与えかねないことを知っていますか?

今回は、そんな時に使っていただきたい広告プレビューツールの解説と使用方法をお送りします。


広告プレビューツールとは?

広告プレビューツールとは、Google アドワーズとYahoo!スポンサードサーチで使用できる特定の検索語句における検索結果画面を、インプレッションを発生させることなく確認することができるツールです。Google アドワーズの場合は、地域・言語・デバイス・ドメインを、Yahoo!スポンサードサーチの場合は、地域・ページ番号・デバイスを指定してそれぞれの環境ごとの検索結果を確認できます。

正式にはGoogle アドワーズでは「広告プレビューと診断ツール」、Yahoo!スポンサードサーチでは「広告プレビューツール」といいます。(以下、広告プレビューツール)

広告プレビューツールの使い方

Google アドワーズ

※Google アドワーズのアカウントへのログインが必要です。
how-to-use-ad-preview-tool_01
①管理画面上部の「運用ツール」を選択。
②「広告プレビューと診断」をクリック。

how-to-use-ad-preview-tool_02
③確認したい条件、地域・言語・デバイス・ドメインを選択。
④プレビューしたいキーワードを入力し、「プレビュー」ボタンをクリック。
⑤指定した条件における検索結果画面が表示される。

ログイン中のアカウントの広告は緑色の枠で表示され、さらに表示の対象となったキャンペーン、広告グループ、キーワードを確認できます。また、表示されていない場合はなぜ表示されていないのかを確認することができます。

how-to-use-ad-preview-tool_03
なお、Google アドワーズではログインしなくてもプレビューツールを使用することができます。この場合、診断情報はなく検索結果画面のみの表示になります。

※ログインしていない状態で下記を開いて使用できます。
http://www.google.com/AdPreview

Yahoo!スポンサードサーチ

※Yahoo!プロモーション広告のアカウントへのログインが必要です。
how-to-use-ad-preview-tool_04
①管理画面上部の「ツール」を選択。
②「広告プレビューツール」をクリック。

how-to-use-ad-preview-tool_05
③確認したい条件、地域・ページ番号・表示確認デバイスを選択。
④プレビューしたいキーワードを入力し、「プレビュー」ボタンをクリック。

how-to-use-ad-preview-tool_06
指定した環境、キーワードにおける検索結果画面が表示されます。

注意点

2016年7月現時点では、Google アドワーズ、Yahoo!プロモーション広告共に検索連動型広告のみプレビューを見ることが可能です。ディスプレイ広告に関しては実際に表示されている画面をプレビューすることはできないため、掲載されているかどうかの確認は、管理画面上の数字で確認する必要があります。また、表示URLの位置や広告表示オプションの有無など、広告プレビュー上の広告の見え方と実際の検索結果画面での広告の見え方には違いが生じることがありますので注意が必要です。

広告プレビューツールだからできること

わざわざ広告プレビューツールを使わなくても、実際の検索結果画面から確認すればいいのでは?という方もいるかもしれませんが、広告プレビューツールを使用することで下記のようなことが可能です。

1.インプレッションを発生させずに検索結果画面を確認できる。

冒頭で述べた通り、広告プレビューツールを使用してもインプレッションは発生しません。通常の検索結果画面から広告を確認した場合、広告を表示するたびに表示回数が加算されてしまいます。表示回数だけが増えれば自ずとクリック率が下がり、結果的に広告の品質に悪影響を与えてしまいかねません。

検索連動型広告は広告の掲載状況を手軽にかつ頻繁に確認することができます。1日数回だから大丈夫と考えていても、いつの間にか少なくないインプレッションを発生させているかもしれないので積極的に広告プレビューツールを使いたいですね。

2.自身とは異なる環境から表示される広告掲載画面が確認できる

「東京にいるけど福岡の人にもきちんと広告が表示されているかどうか確認したい!」なんていう時はまさに広告プレビューツールの出番です。

検索連動型広告では特定の地域を選択して広告を配信することができます。例えば福岡県をターゲット地域として設定し、「美容室」というキーワードで入札した場合、東京在住のユーザーが「美容室」と検索しても広告は表示されません。しかし、広告プレビューツールで地域の条件を福岡県とすることで、実際に福岡県在住のユーザーが「美容室」で検索したときの検索結果画面を東京にいながらも確認することができます。国内だけでなく海外からの検索を条件として選択することも可能です。

他にも所有していない端末やデバイス(例えばiPhoneは持っているけどAndroidOSの端末は持ってない場合など)での確認にも役立てることができますね。

3.広告が表示されない原因を調べることができる(Google アドワーズのみ)

広告を配信しているはずなのに、検索してみてもなぜか広告が表示されない。あるいはクライアントから広告が表示されないとの連絡をいただいた、といったことがリスティング広告を運用しているとあるかと思います。

広告が表示されていないということは、予算による制限がかかっている、広告ランクが低すぎる、指定した地域にいない、広告文が審査落ちしている、そもそもキーワードが設定されていないなど、さまざまな理由が考えられます。

how-to-use-ad-preview-tool_07
特定のキーワードで検索したときになぜ広告が出ないのか、広告プレビューツールを使用することで原因と対処方法を調べることが可能です。

4.広告表示の対象となっているキーワードを調べることができる(Google アドワーズのみ)

キーワードに合わせた広告文を作ったのに意図しているものとは別の広告文が表示されてしまっている、なんてことはありませんか?

how-to-use-ad-preview-tool_08
Google アドワーズの広告プレビューツールではどのキャンペーン、広告グループのキーワードに対して広告が表示されているのかを確認することができます。したがって、特定の検索語句に対して広告が表示されうる複数のキーワードの中でどのキーワードが実際に広告表示される対象となっているのかを調べることができます。

例えば「美容室」と「美容室 メンズ」をフレーズ一致で入札している場合、「美容室 メンズ」で検索したときに、入札価格によっては前者のキーワードがトリガーになってしまい、意図しない広告が表示されてしまうことがあります。そんな時は、意図したキーワードがトリガーになるように入札価格を調整したり場合によっては除外キーワードを設定したりしましょう。

まとめ

業務上で接している時間の長いデスクトップのみやユーザーエージェントを偽装するツールなどだけで確認しがちの方も多いかと思いますが、検索回数がデスクトップを超えてきているスマートフォンや業種やサービスによってはタブレット端末での検索が重要となるケースも増えてくることは想像に難くありません。地域ごとの傾向についても広告掲載のデータのみで判断をしていると、自分のいる地域以外で思わぬ競合他社の出稿があることにも気がつかず、対応が遅れてしまうこともありますよね。

せっかく手軽に自分の用意できる環境以外の掲載状況を手軽に確認できる方法があるのですからこれを使わない手はありません。ユーザー目線を忘れないためにも実際に検索を行うことはもちろん重要ですのでバランスよく使い分けしてみてくださいね。

how-to-use-ad-preview-tool_footer

Shigehiro Kaku

Shigehiro Kaku

アナグラム株式会社 クルー。大学在学中にリスティング広告に初めて出会い、その魅力に心を奪われる。その後、WEB集客を中心とした広告代理店に入社し、運用型広告のみならず、WEBディレクションや集客全般に関わるコンサルティング業務を経験。2016年にアナグラムに入社し、リスティング広告やFacebook広告のアカウント構築、運用、レポーティング等を行っております。