Facebook広告の「アカウントのクオリティ」とは?見るべきポイントと対処法について

Facebook広告の「アカウントのクオリティ」とは?見るべきポイントと対処法について
この記事は最終更新日から約2年が経過しています。

Facebook広告(※)を運用している人ならできたら避けて通りたい問題、それが「Facebook広告アカウントやページの制限や停止」です。

※現在、一部のヘルプなどでは「Meta広告」と名称が変更されていますが、この記事ではFacebook広告に統一します

制限を受けると通常より広告の配信量が減ったり、配信できなかったり、最悪の場合には広告やビジネスマネージャーのアカウントごと停止してしまうといったことも考えられます。

制限を受けないように日頃からポリシーを遵守することが大切ですが、万が一、停止や制限のアラートが出た際に参照してほしいのがFacebook広告の「アカウントのクオリティ」です。

Facebook広告の制限・停止で困ったときの有効な打ち手となりえる「アカウントのクオリティ」の概要や使い方をご紹介します。

Facebook広告「アカウントのクオリティ」とは

「アカウントのクオリティ」とは、Facebookに関連するポリシーや規約の遵守を一箇所でモニタリングし改善するためのFacebook広告管理画面上のページです。

Facebookの広告のポリシーに違反・抵触しており注意が必要なビジネスアカウント、広告アカウント、Facebookページやその他アセットのステータスを確認したり、再審査依頼を出したりできます。

Facebookは、害を及ぼすような質の低い広告からユーザーを守るため、広告審査やユーザーからのフィードバックを重視した、広告の品質への対応を行っています。

Facebookのポリシーや規約を遵守していないアカウントは機能を制限され、最悪の場合には停止される可能性があるため、こまめに「アカウントのクオリティ」を確認してアラートに対応し、クオリティを健全な状態に保ちましょう。

「アカウントのクオリティ」の閲覧方法

「アカウントのクオリティ」の見方をご説明します。

広告マネージャにアクセスした上で、左上のハンバーガーメニューをクリックします

「アカウントのクオリティ」をクリックするとアクセスできます。

「アカウントのクオリティ」の各項目の解説

まず、「アカウントのクオリティ」の各項目について解説します。

アカウントの問題

広告ポリシーまたはその他の規約への違反があったため注意が必要な最近のアカウントとアセットを確認できます。

すべてのアカウントとアセットの問題を確認する必要がある場合は、次のアカウントステータスの概要をご確認ください。

アカウントステータスの概要

自分が現在アクセスできるFacebookアカウント、ビジネスアカウント双方が表示され、クリックすると各アカウントの詳細にアクセスすることが可能です。

Facebookアカウント

自分が現在アクセスしているFacebookアカウントの個人用広告アカウントや、そのアカウントが管理する特定の機能のアラートをみることができます。

Metaビジネスアカウント

自分がアクセス権を持っているビジネスマネージャの各広告アカウントのデータを見ることができます。

「アカウントのクオリティ」でできること

「アカウントのクオリティ」では以下の情報が把握でき、アクションに活かすことができます。

どのアカウントやページが停止または制限されているかを把握できる

「アカウントの問題」では、アカウントのポリシーや規約に関する問題を一覧で確認することができます。

それぞれの項目をクリックすることでより詳細な項目を見ることができます。

停止・制限されているアカウントで取れる対応を確認できる

「アカウントのクオリティ」から「アカウントの問題」を表示し、各アセットタイプをクリックすると、停止・制限されているアカウントの詳細をみることができます。

これに基づきどのように対応していくかの計画を立て、判断をしていきましょう。

また再審査後の対応状況などをモニタリングできるので、対応漏れも防ぐことができるでしょう。

ユーザーからのフィードバックスコアを確認することができる

画像引用元:顧客フィードバックがFacebookの広告主に与える影響

商品をオンラインで販売しているビジネスの場合「アカウントのクオリティ」の「フィードバックスコア」で、ユーザーからフィードバックスコアを見ることができます。

参考:ページのフィードバックと購入体験が広告とコマースのパフォーマンスに及ぼす影響

ユーザーからのアンケートやビジネスと利用者のやり取りに関する情報により、このフィードバックスコアが決まります。

ページに関して十分なフィードバックが集まったら、0~5のスコアが生成されます。

スコア意味
4から5良い
3平均
2から3悪い
1から2ペナルティ
0から1広告無効

参考:How Facebook Customer Feedback Score Affects Your CPM

ネガティブなフィードバックが多い広告主は、広告が低品質と評価されます。これによりフィードバックスコアが下がります。

フィードバックスコアが低いと、広告に配信制限がかかり、同じ予算でリーチできる利用者の数が少なくなり、場合によっては広告を配信できなくなります。

スコアの影響はページの作成期間によって異なります。

作成から1年以上のページ・ページのスコアが2を下回り1を上回っている場合、ページの広告に配信ペナルティが科されます。つまり、同じ予算でリーチできる人数が少なくなります。

・ページのスコアが1以下になると、広告を掲載できなくなります。
作成から1年以内のページ・ページのスコアが2を下回ると、広告を掲載できなくなります。

定期的にフィードバックスコアを確認して、問題が起きていたら対処するようにしましょう。

誤って却下されたと思われる広告やアセットの再審査をリクエストできる

自分の広告アカウントや広告が誤って停止されたと思われる場合、「アカウントのクオリティ」の「アカウントの問題」を表示し、各アセットタイプをクリックした後に表示される「再審査」タブから、広告やアカウントの再審査をリクエストできます。

再審査の流れは以下となっています。

広告マネージャーでポリシーに合わせて広告を修正したうえで、以下の手順で再審査を行います

  1. 「再審査が可能な広告」のタブをクリック
  2. 再審査に出したい広告文にチェックを入れる
  3. 「審査をリクエスト」をクリックしてリクエストを送信する

なお、この操作で広告が再審査で承認された場合は、スケジュールの設定に従って広告の配信が開始されます。

審査を却下された広告を確認できる

再審査依頼で却下されたアセット「アカウントのクオリティ」の「アカウントの問題」を表示し、各アセットタイプをクリックした後に表示される「却下・停止取り消し済み」タブから見ることができます。

再々審査をリクエストすることはできないので、広告やアイテムは却下されたままになります。

最後に

「アカウントのクオリティ」について詳しく説明してきましたが、一番ベストなのは制限や停止の措置を受けないことです。Facebookのポリシーをしっかり理解し、守ることが大切です。

それでも制限や停止の措置が起きた場合に「アカウントのクオリティ」で、アカウントのポリシーや規約に関する問題を一箇所で確認することができます。

アラートが出てどうしたらよいか困っている方にとっては、手助けとなる機能ですので、是非活用してみてください。

関連記事

運用型広告で陥りがちな100個のミス(3/3)
運用型広告で陥りがちな100個のミス(3/3)
続きを見る
運用型広告で陥りがちな100個のミス(1/3)
運用型広告で陥りがちな100個のミス(1/3)
続きを見る
Facebook広告、広告でユーザーごとに情報を提供する「情報ラベル」機能を提供開始
Facebook広告、広告でユーザーごとに情報を提供する「情報ラベル」機能を提供開始
続きを見る