Yahoo!検索広告にレスポンシブ検索広告(RAS)が追加へ

Yahoo!検索広告にレスポンシブ検索広告(RAS)が追加へ

2021年5月12日(水)からYahoo!広告 検索広告(以下、Yahoo!検索広告)において、レスポンシブ検索広告(Responsive Ads for Search、RAS)の提供が開始されます。

参考:【検索広告】レスポンシブ検索広告提供開始のお知らせ – Yahoo!広告

この記事では、レスポンシブ検索広告(RAS)の概要から活用方法までを解説します。


レスポンシブ検索広告(RAS)とは?

レスポンシブ検索広告とは、複数パターンのタイトルや説明文を入稿することでアセット(タイトル、説明文)を自動的に組み合わせて、最適な広告文が掲載される広告タイプです。検索語句と広告文の関連性や、広告掲載時のデバイスや掲載面などを判断し、自動に最適化を行います。

Google 広告ではすでに使用可能な広告タイプで、広告作成時のデフォルトが従来のテキスト広告ではなくレスポンシブ検索広告になるなど、多様化する検索語句に対して適切なメッセージをユーザーに届ける場合に有効な広告です。

レスポンシブ検索広告の入稿仕様

アセット(タイトル、説明文)の入稿件数や文字数の規定は、以下のとおりです。

タイトル 説明文
最大入稿件数 15件 4件
必須入稿件数 3件 2件
文字数 全角15文字、半角30文字 全角45文字、半角90文字

レスポンシブ検索広告で利用可能な機能

レスポンシブ検索広告では、次の2つの機能が利用できます。

  • 広告表示オプション
  • 埋め込み関数(キーワードの自動挿入機能、カウントダウン関数、地域情報の自動挿入)

レスポンシブ検索広告と拡大テキスト広告とでは、利用可能な機能が異なります。各種機能の利用可否は、以下の表をご参考ください。

レスポンシブ検索広告 拡大テキスト広告
広告表示オプション
アドカスタマイザー ×
埋め込み関数 キーワードの自動挿入機能
IF関数 ×
カウントダウン関数
地域情報の自動挿入 NEW ×

レスポンシブ検索広告ではアドカスタマイザーやIF関数は使用できないため、注意しましょう。また、レスポンシブ検索広告で利用可能なカウントダウン関数はレスポンシブ検索広告専用の記述になります。すでに提供済みの関数とは記述が異なるため注意が必要です。

提供済み
{=COUNTDOWN(“yyyy/mm/dd hh:mm:ss”,”表示言語”,開始日)}

レスポンシブ検索広告用
{COUNTDOWN(yyyy-mm-dd hh:mm:ss,開始日)}

他にもレスポンシブ検索広告では、拡大テキスト広告では提供のない「地域情報の自動挿入」も可能となっているのでぜひ活用してみたいですね。

{LOCATION(地域の種別):デフォルトテキスト}

レスポンシブ検索広告の活用方法

レスポンシブ検索広告の効果を最大化するには、いくつかポイントがあります。

推奨は、1広告グループに1件

レスポンシブ検索広告はひとつの広告グループに複数作成可能(配信をオンにできるのは3件まで)ですが、1広告グループに1件の設定が推奨されています。

レスポンシブ検索広告は機械学習によりさまざまなパターンから最適なものを見つけ出す仕組み上、必要以上にレスポンシブ検索広告を追加してしまうと、学習期間の遅延など最適化がうまく働かない可能性もあると考えられます。ですので基本的には、ひとつの広告グループに設定するレスポンシブ検索広告はひとつにするのが良さそうです。

できるだけ多くのアセットを設定する

うまく最適化するためにアセットはできるだけ多く入稿しましょう。タイトルは最低3本から入稿可能ですが、5本以上の入稿が推奨です。

アセット数は多ければ多いほど、そのメッセージから関連性の高い広告を作成することができ、成果が出やすくなります。ターゲットとなるメインキーワードを含めたものはもちろん、商品やサービスのさまざまなメリットを加えると良いでしょう。

成果を確認する際は、広告グループ全体のパフォーマンスを確認する

レスポンシブ検索広告はその広告単体で成果を上げるものではなく、広告グループ全体のインプレッション、コンバージョン、クリックの促進に寄与します。そのため成果を確認する際は、レスポンシブ検索広告と従来の拡大テキスト広告を比較するのではなく、広告グループ全体の成果をみて判断しましょう。

レスポンシブ検索広告の注意点

実際に設定、運用する際には次の3点に注意が必要です。

  • 学習期間は約30日を要する
  • 表示義務が発生する内容がある場合、表示位置の固定を利用する必要がある
  • 類似する訴求内容や、内容が完結していないタイトルなどは広告品質の低下につながる可能性がある

次より詳しく解説します。

学習期間は約30日を要する

最適なタイトルと説明文を表示させるには学習期間として約30日が必要です。そのため、短期間の成果をみて停止するといったことは推奨されません。

表示義務が発生する内容がある場合、表示位置の固定を利用する必要がある

最上級表現などの広告掲載基準で表示記載が定められている項目については、表示が省略されない箇所(タイトル1、説明文1)に固定が義務付けられます。 表示義務がない場合も表示位置の固定は利用できますが、過度な表示位置の固定は自動最適化の機会損失が発生するため控えましょう。

広告掲載基準についての詳細は、Yahoo!広告の広告掲載基準をご確認ください。

類似する訴求内容や、内容が完結していないタイトルなどは広告品質の低下につながる可能性がある

できるだけ多くのアセットを追加することが推奨される一方で、「満足度98%」と「98%の人が満足」のように、重複した訴求内容のアセットの増加は広告品質の低下が懸念されます。

また、「リスティング広告の運用なら」のように主語がなく、そのタイトル単体で意味が伝わりにくいタイトルも同じく広告品質の低下の可能性があります。

まとめ

レスポンシブ検索広告ではさまざまな訴求軸のアセットパターンを、最小限の時間や手間でユーザーにあわせて配信できます。

実際に入稿する際は設定するアセット数や広告数をコントロールし、類似している訴求内容のタイトルを減らすなど、最適化がかかりやすい設定を心がけましょう。

この記事のURLをコピーする
Nozomi Matsuda

Nozomi Matsuda

アナグラム株式会社 クルー。学生時代よりインターネット広告に興味を持ち、士業の集客支援を行う事業会社で広告運用を経験。クライアントワークから運用まで一気通貫して行える点に惹かれ、2020年4月からアナグラムに参画。

最近書いた記事