P-MAXキャンペーン、新規顧客獲得のための機能追加など3つのアップデート

P-MAXキャンペーン、新規顧客獲得のための機能追加など3つのアップデート

2022年4月26日、Google 広告のP-MAX(パフォーマンス最大化)キャンペーンで複数のアップデートがなされることが告知されました。

本記事では以下3つのアップデートについてご紹介します。

  • 新規顧客獲得のための機能強化
  • 分析情報(インサイトページ)の新機能
  • ワンクリックアップデートツールの提供開始

参考:New Performance Max features to win new customers


P-MAX(パフォーマンス最大化)キャンペーンとは

画像引用元:Performance Max campaigns launch to all advertisers

P-MAXキャンペーンとは、1つのキャンペーンからGoogle 広告のすべての広告枠(検索、ショッピング、ディスプレイ、You Tube、Discover、Gmail、マップなど)に広告を配信することができる広告プロダクトです。

予算やコンバージョン目標、アセット(テキストや画像など)を設定するだけで、複雑な設定や調整をしなくとも、自動化機能で最適なユーザーに最適なタイミングや広告フォーマットでのアプローチを実現できます。

新規顧客獲得のための機能強化

これまでスマートショッピングキャンペーンのみで使用可能だった「新規顧客の獲得目標」が、今回のアップデートによりP-MAXキャンペーンで使用可能になります。「新規顧客の獲得目標」は効率的に新規顧客を獲得するためのキャンペーン目標で、2つのモードがあります。

新規顧客価値モード

従来のコンバージョン値に任意で設定した新規顧客ひとりあたりの価値を加えることができます。すべてのユーザーからの成果を最大化するだけでなく、単一キャンペーンにてより多くの新規顧客を呼び込むことができるモードです。

新規顧客のみモード

広告を新規顧客のみに表示し、新規顧客の獲得に焦点を当てる場合に推奨されるモードです。

新規顧客と既存顧客の定義は、過去の購入とGoogle 広告にアップロードした既存の顧客リストで判別されます。サイト訪問の有無ではないので注意しましょう。

分析情報(インサイト)ページの新機能

今回のアップデートで分析情報ページに2つの新機能がリリースされます。

アセットオーディエンス分析

画像引用元:New Performance Max features to win new customers

アセットオーディエンス分析では、特定のオーディエンスセグメントに対する各アセット(テキスト、画像、動画)の効果を確認できます。

各項目の右側に表示される「○○x」という数字はインデックスで、分析対象のオーディエンスと一般的なオーディエンスを比べた際に、該当するオーディエンスに属している可能性が○○倍高いという意味です。

例えば、自転車の広告を出している小売店がこの分析機能を使った場合、商品に焦点を当てたクリエイティブよりもサイクリングする人々のライフスタイル画像の方が、運動好きな人からの反応が良いことがわかります。

診断に関する分析情報

画像引用元:New Performance Max features to win new customers

P-MAXキャンペーンの広告配信がされていない場合に、どこに問題が生じているかを簡単に確認できるようになることで、速やかに対応が可能です。

たとえば、クリエイティブアセットが不承認となっている場合には、そのアセットの修正提案が確認できるため、それに従って問題を修正することで配信を再開できます。

ワンクリックアップグレードツールの提供開始

▲ワンクリックアップグレードツールでP-MAXキャンペーンへアップグレードする方法

スマートショッピングキャンペーンは近日中に、ローカルキャンペーンは2022年6月に「ワンクリック」アップグレードツールが提供される予定です。

参考:スマート ショッピング キャンペーンとローカル キャンペーンを P-MAX にアップグレードする – Google 広告 ヘルプ

アップグレードツールが利用可能になるとアカウントに通知が表示され、[最適化案]ページ、または[キャンペーン]ページからのアップグレードツールにアクセスできます。

ショッピングキャンペーンまたはローカルキャンペーンをアップグレードすると、それぞれ新規のP-MAXキャンペーンとなりますが、キャンペーン予算や設定、学習内容は引き継がれます。

アップグレードツールが使用できるのは自動アップグレードが適用されるまでの期間です。スマートショッピングキャンペーンは7-9月、ローカルキャンペーンは8-9月に自動アップグレードが予定されているため、いち早くP-MAXキャンペーンへ移行したい方は「ワンクリックアップ」グレードツールが反映されていないかを確認しておきましょう。

また、移行スケジュールの詳細はこちらの記事にてご確認ください。

まとめ

P-MAXキャンペーンは煩雑な設定や細かな運用調整が不要な一方で、広告運用者が調整できる余地があまりありませんでした。しかし、今回のアップデートにより新規顧客に向けた目標設定ができるようになったほか、数少ない調整余地であったアセットの改善の余地ができそうです。

まだ痒いところに手が届かない部分もあるP-MAXキャンペーンですが、これまで導入を検討していて実施に踏み切れなかったケースでも、少しづつ導入しやすい環境が整ってきています。今後もP-MAXの機能改善に期待していきたいですね。

この記事のURLをコピーする
Nozomi Matsuda

Nozomi Matsuda

アナグラム株式会社 クルー。学生時代よりインターネット広告に興味を持ち、士業の集客支援を行う事業会社で広告運用を経験。クライアントワークから運用まで一気通貫して行える点に惹かれ、2020年4月からアナグラムに参画。

最近書いた記事