Yahoo!広告の管理ツールとキャンペーンエディターでおすすめのショートカットキー6選

Yahoo!広告の管理ツールとキャンペーンエディターでおすすめのショートカットキー6選

広告運用者なら、少しでも入稿の時間を減らして運用や分析に時間をかけたいと考える方も多いのではないのでしょうか。

そんな方におすすめなのがショートカットキーの活用です。Yahoo!広告では管理画面とキャンペーンエディターのどちらともショートカットキーが用意されています。

本記事では、Yahoo!検索広告とYahoo!ディスプレイ広告で使用できるショートカットキーの一覧とおすすめショートカットキーを紹介します。

ショートカットキーの種類

まずは、検索広告とディスプレイ広告において、広告管理画面とキャンペーンエディターそれぞれでどのようなショートカットキーが使えるのかを紹介します。

なお、ショートカットキーには「キーを同時押し」と「キーを順番に押す」の2種類があります。この記事ではAとBのキーを使う場合、「キーを同時押し」を「A+B」、「キーを順番に押す」を「A→B」と表現します。

※以下、Windowsのショートカットキーを基準に説明します。Windowsとキーが異なるMacのショートカットキーは()で記載します。

広告管理画面

広告管理画面で使用できるショートカットキーは次のとおりです。

ショートカットキー
(検索広告)
ショートカットキー
(ディスプレイ広告)
機能
Shift+?Shift+?ショートカットキー一覧を表示
G→CG→C[キャンペーン] に移動
G→DG→D[広告グループ] に移動に移動
G→K[キーワード] に移動
G→AG→A[広告] に移動
G→O[広告表示オプション] に移動
G→MG→MMCC配下の広告アカウント一覧に移動
Ctrl+C(Mac:Cmd+C)Ctrl+C(Mac:Cmd+C)コピー
Ctrl+V(Mac:Cmd+V)Ctrl+V(Mac:Cmd+V)貼り付け

コピーと貼り付けはその他のアプリケーションと同様のキーで操作可能です。コピーと貼り付け以外のショートカットキーは管理画面内の移動に関するものです。

また、移動に関するキーの全てが「G」から始まる2つのキーの順番押しなので、2番目に押すキーだけ覚えてさえしまえば素早く目的の画面に移動できるようになります。

キャンペーンエディター

次に、キャンペーンエディターで使えるショートカットキーを紹介します。使用可能なショートカットキーは、検索広告とディスプレイ広告で異なります。

また、残念ながらMacはYahoo!広告のキャンペーンエディター自体が利用できません。

対応画面ショートカットキー
(検索広告)
ショートカットキー
(ディスプレイ広告)
機能
メニューバーAlt+Fメニュー:ファイルを開く
Alt+Eメニュー:編集を開く
Alt+Vメニュー:表示を開く
Alt+Sメニュー:検索を開く
Alt+Oメニュー:設定を開く
Alt+Hメニュー:ヘルプを開く
Ctrl+PageUpアカウントツリーの表示切り替え
Ctrl+FCtrl+F検索窓に移動
メイン画面全体Ctrl+P変更内容をアップロード
Ctrl+T最新の情報をダウンロード
Ctrl+ICSVファイルインポート
Ctrl+Shift+Iテキストインポート
Ctrl+Eアカウント内の全てのデータをエクスポート
データエリアCtrl+ACtrl+Aセルを全選択
Ctrl+ZCtrl+Z選択行に対して「元に戻す」※選択中のものがひとつ前の状態に戻る
Ctrl+Y選択行に対して「やりなおし」
Ctrl+CCtrl+C選択行の配下をまとめてコピー
Ctrl+VCtrl+Vコピーしたデータの貼り付け
Ctrl+Shift+CCtrl+Shift+C選択セルをコピー
Ctrl+Shift+Vコピーした選択セルの貼り付け
Ctrl+D選択行を削除
F2F2選択セルを編集中にする
Ctrl+HCtrl+Hテキストの置換
Ctrl+Shift+HCtrl+Shift+Hテキストの追加
Ctrl+BCtrl+B予算(入札価格)の変更
DeleteDeleteセルを選択した場合:セルの値をクリア行を選択した場合:選択行を削除
Backspaceセルを編集状態にし、内容をクリア
EscEscセル編集時の場合:入力を取り消し
アカウントツリー→(カーソルキー)→(カーソルキー)選択コンポーネントを開く
←(カーソルキー)←(カーソルキー)選択コンポーネントを閉じる
Ctrl+Aアカウントツリー全選択
Ctrl+CCtrl+C選択項目の配下をまとめてコピー
Ctrl+Shift+C選択項目のみをコピー
Ctrl+VCtrl+Vコピーしたデータの貼り付け
Ctrl+ZCtrl+Z元に戻す※選択中のものがひとつ前の状態に戻る
F2F2名前の変更
Ctrl+DDelete削除
検索窓Ctrl+CCtrl+Cコピー
Ctrl+VCtrl+V貼り付け
→(カーソルキー)→(カーソルキー)右の検索条件に移動
←(カーソルキー)←(カーソルキー)左の検索条件に移動
F2F2編集中にする
DeleteDelete削除
複数作成画面・テキストインポート画面Ctrl+A全選択
Ctrl+C選択行または選択項目をコピー
Ctrl+Shift+C選択行または選択項目をコピー
Ctrl+V選択項目を貼り付け
F2名前の変更
BackSpace末尾の行を削除
Enter末尾の行を選択中:1行挿入それ以外:下に移動
Delete選択行の削除
サブ画面Escサブ画面を閉じる

ショートカットキーの一覧を表示させる方法

広告管理画面では、ショートカットキーの一覧を表示するショートカットキーが用意されています。検索広告、ディスプレイ広告ともに、「Shift+?」でショートカットキーの一覧を表示できます。

これからショートカットキーを覚えようとしている方は、まずは「Shift+?」を覚えましょう。

なお、キャンペーンエディターではショートカットキーの一覧を表示するショートカットキーはありません。ショートカットキーを確認したいときは、次のYahoo!広告ヘルプページより確認できます。

まずはこれから!おすすめショートカットキー

管理画面とキャンペーンエディターのショートカットキーは合計で61種類もあり、数の多さに面食らってしまいますが、すべてのショートカットキーを覚える必要はありません。

次より、筆者が実際に使ってみて便利だったショートカットキーを紹介します。まずはこれから紹介するキーからぜひ試してください。

広告管理画面

広告管理画面で使える、おすすめショートカットキーを紹介します。

1.管理画面内の移動

筆者が管理画面でよく使うショートカットキーがこちらです。

ショートカットキー
(検索広告)
ショートカットキー
(ディスプレイ広告)
機能
G→CG→C[キャンペーン] に移動
G→DG→D[広告グループ] に移動に移動
G→K[キーワード] に移動
G→AG→A[広告] に移動
G→O[広告表示オプション] に移動
G→MG→MMCC配下の広告アカウント一覧に移動

管理画面を見る際は頻繁に各画面間を移動するので、見たい画面へすぐに移動できるショートカットキーは使う場面も多く、非常に役に立ちます。

特に、「キャンペーン一覧に移動:G→C」「広告グループ一覧に移動:G→D」「広告一覧に移動:G→A」はよく使うので、ぜひ覚えておきましょう。

2.他のアプリケーション同様に使用可能なショートカットキー

他のアプリケーションと同じキー操作で使用できる便利なショートカットキーがあるので紹介します。

他のアプリケーションと同様に使えるショートカットキーであれば新たに覚える必要もないので嬉しいですよね。

コピーと貼り付け

コピーと貼り付けは基本のショートカットキーなのでみなさんご存じかと思います。

ショートカットキー
(検索広告・ディスプレイ広告共通)
機能
Ctrl+C(Mac:Cmd+C)コピー
Ctrl+V(Mac:Cmd+V)貼り付け

管理画面でも他ツール同様に、「Ctrl+C(Cmd+C)」でコピー、「Ctrl+V(Cmd+V)」で貼り付けができます。

キャンペーンエディター

次に、キャンペーンエディターで活用したいショートカットキーを紹介します。

3.最新の情報をダウンロード

キャンペーンエディターを開いたらまず行うデータの更新もショートカットキーでスムーズに行えます。

ショートカットキー
(ディスプレイ広告のみ)
機能
Ctrl+T最新の情報をダウンロード

キャンペーンエディターの更新漏れで設定が巻き戻ってしまうミスは、発生後も見逃しやすく成果にも大きな影響がでるため、キャンペーンエディターを利用する際は絶対に防ぎたいミスの1つです。そんなミスを起こさないためにも「Ctrl+T」を癖づけておきましょう。

4.変更内容をアップロード

次は、変更内容のアップロードに関するショートカットキーを紹介します。

ショートカットキー
(ディスプレイ広告のみ)
機能
Ctrl+P変更内容をアップロード

「Ctrl+P」で「データのアップロード」の画面を開くことができます。前述の「最新の情報をダウンロード:Ctrl+T」と併せて、癖づけしておきたいショートカットキーですね。

5.選択コンポーネントの開閉

キャンペーンエディター内のアカウントツリー(※)で使用できるショートカットキーです。

アカウントツリー内でアカウントやキャンペーンの開閉ができます。

ショートカットキー
(検索広告・ディスプレイ広告共通)
機能
→(カーソルキー)選択コンポーネントを開く
←(カーソルキー)選択コンポーネントを閉じる

アカウントやキャンペーンの開閉は、各項目の左にある「+」ボタンを押して行います。ただこの「+」ボタンが小さく押しにくいのですが、このショートカットキーを使うとキー操作ひとつで簡単にアカウントやキャンペーンを開閉できます。

※アカウントツリーでは、広告アカウントやキャンペーンの一覧を確認したり、編集する対象を選択したりできます

6.他のアプリケーション同様に使用可能なショートカットキー

キャンペーンエディターにも、他のアプリケーション同様に使えるショートカットキーがあります。

コピーと貼り付け

コピーと貼り付けは、キャンペーンエディターでも、もちろん使用できます。

ショートカットキー
(検索広告・ディスプレイ広告共通)
機能
Ctrl+C(Mac:Cmd+C)コピー
Ctrl+V(Mac:Cmd+V)貼り付け

既存のキャンペーンをもとにして新たなキャンペーンを作成したり、既存の広告を別の広告グループに複製したい場合などはこのショートカットキーが便利です。

複数の項目を選択する

複数の項目を選択するショートカットキーです。Yahoo!広告ヘルプのショートカットキー一覧に記載はありませんが、エディターでも使用できます。

ショートカットキー
(検索広告・ディスプレイ広告共通)
機能
Shift+[上下矢印キー]複数の項目を選択

Shiftキーを押しながら[上下矢印キー]を入力すると、複数の項目を選択できます。一括で多くの項目を複製したい場合に重宝します。

操作のやり直し

誤った操作をしてもひとつ前の状態に戻してくれるショートカットキーです。

ショートカットキー
(検索広告・ディスプレイ広告共通)
機能
Ctrl+Z(Mac:Cmd+Z)元に戻す
※選択中のものがひとつ前の状態に戻る

間違った入力や削除など、意図しない操作をしてしまった場合に「Ctrl+Z(Mac:Cmd+Z)」で操作の巻き戻しができます。

テキストの一括置換

「テキストを置換」のメニューを開くショートカットです。

ショートカットキー
(検索広告・ディスプレイ広告共通)
機能
Ctrl+Hテキストの置換

多くの広告文などを一括で大量に変更したい場合に非常に便利です。

置換したい項目を選択し、「Ctrl+H」を入力すると下記の画面が表示されますので、置換前のテキストと置換後のテキストをそれぞれ入力すれば、一括で置換できます。

【検索広告】

【ディスプレイ広告】

まとめ

管理画面やキャンペーンエディターのショートカットキーは、「使わなくても操作はできる」「そもそも存在を知らない」などの理由から活用していない方も多いかと思います。

しかしながら、せっかく用意されている便利な機能を使わないのは非常にもったいない、と筆者は考えます。ショートカットキーを使えば、効率が格段に向上するだけでなく、時間を短縮して生み出した時間で別の施策を進めることもできるからです。

この記事でご紹介したショートカットキーのなかでも特に筆者が愛用しているキーは、キャンペーン一覧に移動するキー(G→C)です。キャンペーン一覧に移動する操作は広告運用中に頻繁に行うため、操作性が格段に上がります。また、Google広告とYahoo!広告といった異なる管理画面でも共通のキー操作(G→C)で使えるのもこのショートカットキーの魅力でもあります。

ショートカットキーを一度使い始めてしまえば、きっと、この便利さから抜け出せなくなるはずです!これまでショートカットキーを使ってこなかった人は、ぜひこの記事をきっかけに使い始めてほしいです。

関連記事

Google 広告の「予算レポート」とは?概要と広告予算を効率良く管理するためのヒント
Google 広告の「予算レポート」とは?概要と広告予算を効率良く管理するためのヒント
続きを見る
Google広告の管理画面と広告エディタでおすすめのショートカットキー8選
Google広告の管理画面と広告エディタでおすすめのショートカットキー8選
続きを見る
Yahoo!広告のログイン方法が変更に。変更内容と移行スケジュールについて解説
Yahoo!広告のログイン方法が変更に。変更内容と移行スケジュールについて解説
続きを見る