今日からはじめる、AdWords Scripts(アドワーズ スクリプト)

今日からはじめる、AdWords Scripts(アドワーズ スクリプト)

タスクを自動化する手段

Google アドワーズは、自動入札戦略や自動化ルールなど、第三者のツールなどに頼らず管理画面から直接タスクを自動化する手段が比較的多く用意されています。中でもかなり汎用性に長けているのはAdWords Scripts(以下、アドワーズ スクリプト)という機能なのではないでしょうか?このアドワーズスクリプトの操作や設定方法についてご説明をしていきたいと思います。



アドワーズスクリプトとは

まず、アドワーズスクリプトとはそもそもどういうものなのか、から始めましょう。アドワーズスクリプトは2012年に登場し、Google アドワーズの管理画面から直接実行するJavaScriptをベースに、様々な処理を自動的に行えるプログラムのことです。

自動化の手段の一環として捉えられているため、基本的に向いているタスクとしては、日頃の運用の中でパターン化しやすい、なおかつ手動ではいちいち行うのに手間がかかるものがメインです。

例えば、定期のパフォーマンスレポートの作成やルールに基づいた入札単価の調整、またはリンク先にエラーがないかのチェックなどを任せることなどが可能であり、用途が実に幅広いのです。

実行スケジュールも自由に設定できますし、Google ドキュメントと連携でGoogle スプレッドシートにさまざまなデータを書き出せるほか、MCC*単位のスクリプトも、使い方次第で大きくタスクの効率化を向上させるポテンシャルを秘めている機能だと言えます。

* 参考:Google アドワーズの複数アカウントのリマーケティングタグやコンバージョンタグを1つで管理できる?MCCアカウントの便利な使い方

はじめる前に

前述の通り、アドワーズスクリプトの心臓部にあたるのがJavaScriptのため、利用するのにデベロッパー(開発者)である必要があるかを気にする方も少なからずいらっしゃるかと思います。

もちろん、ユースケースによって流暢かつ簡潔にコーディングができないとどうにもならない場合が実際に存在しつつも、一般的によく使われているスクリプト(レポーティング、アラート、品質スコアのモニタリングなど)の多くは、基礎的なJavaScriptの理解さえあれば、大きな障害なく作成と実行が可能でしょう。

なお、Google社の公式リソースも、第三者のサイトが発信している情報やテンプレートも豊富で、よほど例外的な処理ではない限り、完全にゼロからコーディングを始めることはほとんどありません。上記リソースから既存のコードをこのまま導入ができたり、該当アカウントに内容を少し合わせたりすることだけで機能するスクリプトも多く存在します。とはいえ、念頭に入れて欲しい注意点もあります。まず、アドワーズスクリプトは大きく2種類に分けることができます。

  1. アカウントのコンポーネントに何らかの変更を加えるスクリプト(例:入札単価の変更やキーワードの追加・ステータス変更など)
  2. データを読み込み、処理した上、結果をログファイルやメールまたは、GoogleDocsへアウトプットのみをするスクリプト(例:レポーティング、モニタリング、アラートなど)

特に1.に当てはまるスクリプトのほうでコードを誤れば、最悪の場合アカウントに意図しない変更を大量生産してしまいかねないため、JavaScriptに関する知識が全くない場合はアドワーズスクリプトの導入を控えた方が良さそうだ、と言わざるを得ません。

また、アドワーズスクリプトが扱えるデータ個数に上限がありますし、ランタイムも30分までです。(MCCレベルのスクリプトでは60分です)もちろんJavaScriptのコードを工夫すれば処理の効率を大幅に改善できますが、各スクリプトの規模には確実に限界が存在します。まずは、やりたいことを明確にし、それがアドワーズスクリプトを自身の力量の無理のない範囲で使用して実現可能化を十分に検討することをおすすめします。

参考:Limits  |  AdWords Scripts  |  Google Developers

スクリプトの作成方法について


では、設定方法ですが、まずはGoogle アドワーズの管理画面の左メニューから「一括処理」を選び、その下に開く項目から「スクリプト」、または右の「スクリプトの作成と管理」をクリックしてアクセスします。


すると、スクリプトの管理メニューが表示されます。


スクリプトがまだ作成されていない状態だと、内容がほとんどないのですが、スクリプト作成を終えた後は各スクリプトの一覧の他に「ログ」の項目で実行済みのスクリプトの記録を確認できます。もし異常があった場合、このログを見つつデバッグを行えます。スクリプトの新規作成には「+スクリプト」のボタンを選択します。ここをクリック後、実際にコードを入力する画面が表示されます。


初めて設定する際に、スクリプトがアカウントにアクセスできるように承認する必要がありますが、これは、上部に表示される黄色いバーから「今すぐ許可」を選びます。


次に出現する画面でアカウントとスクリプトの有効範囲を設定したら、実行の準備ができています。


スクリプトの実行は、「今すぐ実行」と「プレビュー」と二つの選択肢があります。前者では文字通り、コードがそのまま実行されるのに対し、後者「プレビュー」では、プログラムの処理のシミュレーションだけをします。行うはずだった処理やタスクも「ログ」で追えるため、新しいスクリプトを実際に走らせる前に、バグやエラーの早期発見という意味合いでもプレビューを使うことをお勧めします。


プレビューで処理に問題がなければ、ここで「今すぐ実行」を選ぶ実装完了となります。


もし、決まったスケジュールに合わせて定期的に実行した場合に、「保存」だけを選択し、スクリプト管理画面から実行の頻度を指定することもできます。

すぐに導入できるスクリプト例

次に、役に立ちそうなスクリプトを3つ紹介していきます。さほど複雑な作りではいため、割と導入しやすい上に、ニーズに応じて内容をアレンジするハードルも比較的高くないです。なお、3つともGoogleスプレッドシートにデータ書き出す形になっているため、予めスプレッドシートを作成の上、そのURLをスクリプト内に挿入する必要があります。

アカウント異常検出

こちらはGoogle社が提供しているスクリプトであって、数字に予期せぬ変動を知らせますので、問題や異常がありそうな場合、広告運用者がより速やかに対応できることに繋がりそうです。

参考:Account Anomaly Detector – Single Account  |  AdWords Scripts  |  Google Developers

壊れたリンクをチェックするスクリプト

同じくGoogle社が出しているスクリプトです。広告のリンク先が404などのエラーを起こしている場合、そのリンクを識別してスプレッドシートに記載します。特に商品数の多いECサイトのアカウントでは、リンクが切れる可能性がやや高いため、定期的に実行すると効率よく早期発見できます。

参考:Link Checker – Single Account  |  AdWords Scripts  |  Google Developers

品質スコアモニタリング

最近では、
管理画面からも過去の品質スコアの推移を直接確認できるようになりましたが、スクリプトを利用して、定期的な自動モニタリングとともに数値の推移を簡単に可視化できる点において、変動への反応スピードの向上も期待できます。

参考:Free AdWords Scripts.com: Store Account, Campaign, AdGroup, and Keyword Level Quality Score

まずはGoogleが公式に公開しているスクリプトのサンプルからいくつか選んで試してみるのが良いですね。慣れてきたら、外部サイトなどで紹介しているスクリプトを徐々に試していくのが良さそうです。

参考:Solutions  |  AdWords Scripts  |  Google Developers

※これらのスクリプトは、必ずしも正常な動作が約束されたものではありませんので、実装にあたっては十分な動作確認をおすすめします。

最後に

某海外映画に『大いなる力には大いなる責任が伴う』というセリフがあるのですが、アドワーズスクリプトに関してもまさにその通りです。普段手動で行うタスクを定期的に、それも休まずこなしてくれるわけですから、非常にありがたい機能です。一方、どのタスクを自動化に回すべきか、という明確な判断も必要なため、そもそも自動化しがたいタスクを無理やりにスクリプトに任せるなどはむしろ逆効果になりそうなのも事実です。

参考:リスティング広告運用者の「自動化」との付き合い方について

確かに、プログラミング経験がゼロの広告運用者にとってアドワーズスクリプトは、JavaScriptという最初のハードルが立ちはだかるため、一見とっつきにくいイメージがぬぐえないかもしれませんが、それさえ乗り越えたら、重宝できる機能の一つになるので、簡単なスクリプトから挑戦するのが良さそうです。

Jan Hugendick

Jan Hugendick

アナグラム株式会社 運用型広告エキスパート(海外・国内部門)。 ドイツの出版社で マーケティングやSEOに携わることをきっかけにリスティング広告に興味を持ち、 ドイツの某メディア大企業直属のWeb広告代理店に転職。そこで5年間、多国・多業界 のアカウントを担当することを経て、2016年にアナグラムに参画。広告運用の他、ブログ執筆と編集を行っています。

最近書いた記事

カテゴリ

更新情報をお届けいたします!

メールアドレスを登録していただくだけで、あなたにおすすめの情報や更新情報をおとどけいたします。週一回以上更新をしているので、ぜひご登録ください!

  • メールアドレスと登録する
  • Facebookで更新情報を受け取るTwitterで更新情報を受け取る

関連記事