Google アドワーズ標準搭載のBIツール、レポートエディタの使い方とおすすめ設定10選

Google アドワーズ標準搭載のBIツール、レポートエディタの使い方とおすすめ設定10選
この記事は最終更新日から約4年が経過しています。

リスティング広告の運用において、データ集計・分析・加工といった一連の作業は切っても切り離せないものですが、この一連の作業がもっと捗ったら…と感じることはないでしょうか?

あまり知られてないかもしれませんが、Google アドワーズのレポートツールの1つとして、昨今注目されている「BIツール(ビジネスインテリジェンス・ツール)」があります。そもそも、「BIツール」って何?という方も多いと思うので簡単に説明すると“業務システム内に蓄積された膨大なデータを集計して簡単操作でドリルダウン分析やグラフ分析を行う機能”のことです。

最近では『Tableau』や『Yellowfin』などが「BIツール」としては有名ですが、Google アドワーズにも“レポートエディタ”と呼ばれるこの手のツールが備わっています。

そこで今回は、スピーディーに分析作業が行えて便利な、アドワーズレポートエディタについて説明します。

アドワーズレポートエディタとは?

アドワーズレポートエディタは、Google アドワーズの管理画面上で表やグラフを作成して掲載結果のデータをレポーティングできるツールです。

CSVデータをわざわざダウンロードしてExcelで加工しなくても、アカウント管理画面上で見たい指標のパフォーマンスデータを表やグラフで可視化して、詳細な分析をすることできます。

アドワーズレポートエディタでできること

  • ドラッグ&ドロップで表やグラフの作成、処理をすばやく行えるため、データをダウンロードしなくても詳細な分析が可能
  • 円グラフ・棒グラフ・折れ線グラフで、データのパターンや傾向を迅速に可視化
  • 複数のセグメントを適用して細かい粒度でデータの分析が可能
  • セグメントした指標にフィルタを適用したり、ピボットをかけたり、複数の列ごとに並び替えしたりする事が可能
  • レポートは .csv、.xml、.pdf などさまざまな形式でダウンロード可能
  • スケジュールを組んで定期的にレポートを実行したり、アクセス許可を持つ他のユーザーにレポートを送付したりすることが可能

how-to-use-google-adwords-report-editor_01

レポートエディタの使い方

how-to-use-google-adwords-report-editor_02

① アカウント上部に表示されている [レポート] タブをクリック。

how-to-use-google-adwords-report-editor_03

② 左上の [+レポート]ドロップダウンメニューをクリックして、視覚的に表示したいグラフの種類「表」「折れ線グラフ」「棒グラフ」「円グラフ」のいずれかを選択。
グラフの種類は、後からでも変更可能です。

how-to-use-google-adwords-report-editor_04

③ グラフを選ぶと上記のように表示されます。

左側のサイドバーの領域に、レポートを作成する際に使用する指標やディメンション部分の項目とフィルタが含まれており、項目をキャンバス(右側の灰色の部分)にドラッグすると、表示が自動的に更新されレポートが作成できます。

サイドバーのフィルタを駆使すれば、リストからの選択や任意の文字を入力してセグメントすることが可能です。

how-to-use-google-adwords-report-editor_05

④ レポートは表の他に、「折れ線グラフ」「棒グラフ」「円グラフ」などでも表示でき、これらのチャートは、PDFまたはPNGとしてダウンロードすることができます。

アドワーズレポートエディタ活用例

この手のツールは自由すぎるのもあって、どういうグラフ形式を選択して、どのデータを掛け合わせるかに迷う傾向があると思います。そこで用途別のレポート作成例をご紹介します。

表レポート

全体数値を俯瞰したい時には、「表レポート」がおすすめです。通常時に使用するお馴染みの表レポートですが、レポートエディタでは、加工に時間がかかってしまう複雑な組み合わせのレポートが作成可能です。

1. 月毎のキャンペーンタイプ × デバイス × コンバージョンレポート

how-to-use-google-adwords-report-editor_06

キャンペーンタイプ毎のコンバージョンをデバイス別で見るといった場合にも簡単に表レポートの作成をすることができます。

折れ線グラフ

特定の項目の傾向を時系列で追いたい場合には「折れ線グラフ」がおすすめです。指標が複数に渡る場合は、異なる色の線で表現することができます。

2. キャンペーン × コンバージョンレポート

how-to-use-google-adwords-report-editor_07

折れ線グラフを活用することでキャンペーン毎の日別のコンバージョンの変動を把握することができます。長期間で見る場合は日別ではなく週や月単位でみると見やすくなります。上記は、キャンペーンを例にしましたが、特定のキーワードなどにも応用できます。

3. 検索キーワード × 表示回数レポート

how-to-use-google-adwords-report-editor_08

ブランド名や商品名ワードなど、重要視している特定のキーワードの検索ボリューム傾向を確認するときに役に立つレポートです。ブランド名の認知がどれくらい伸びてきているかなど、折れ線グラフを用いれば傾向がつかみやすくなります。

4. コンバージョン × コンバージョン単価

how-to-use-google-adwords-report-editor_09

特定のキャンペーンや特定のキーワードなどのコンバージョンとコンバージョン単価の経過を知りたいときに役立つ折れ線グラフレポートです。

5. デバイス別インプレッションシェアレポート

how-to-use-google-adwords-report-editor_10

重要視しているキャンペーンやキーワードが、どのデバイスで、どれくらいの割合でインプレッションを獲得できているか知りたいときに役に立つレポートです。

棒グラフ

特定の項目の傾向を横並びで見たい場合には「棒グラフ」がおすすめです

6. 地域 × コンバージョンレポート

how-to-use-google-adwords-report-editor_11

棒グラフを活用することで地域ごとのコンバージョン傾向が視覚的に分かります。コンバージョンが少ない場合は、表示回数やクリック数で表示することで傾向をつかみやすくなります。

7. 地域 × クリック数とコンバージョン単価レポート

how-to-use-google-adwords-report-editor_12

前述のレポートと似ていますが、地域ごとのクリック数とコンバージョン単価を組み合わせた棒グラフレポートです。

配信されている地域のクリック数とコンバージョン単価の傾向が見られるため、地域ごとの入札調整などを行う場合の参考値になります

8. 時間帯毎の表示回数×コンバージョン率レポート

how-to-use-google-adwords-report-editor_13

コンバージョンがどの時間帯に発生しているかを分析するときに、傾向がつかみやすい棒グラフレポートです。更に、平日・土日休日などでフィルタをかければ平日と週末の傾向がつかみやすくなるため、時間帯ごとの入札調整に活かすヒントになります。

また、指標を月や四半期などに変更すれば季節や長期間での傾向を見るのにも応用できます。

9. 月毎のコンバージョン × コンバージョン単価レポート

how-to-use-google-adwords-report-editor_14

毎月のコンバージョン数とコンバージョン単価の成果を比較したいときに役立つ棒グラフレポートです。

円グラフ

見たい指標が全体に対してどれくらいの割合を占めているかを把握したいときに便利なのが円グラフレポートです。数値を元にした割合をグラフィカルに表示することができます。

10. コンバージョン円グラフレポート

how-to-use-google-adwords-report-editor_15

例えば、コンバージョンしている上位のキーワードや地域、デバイス、年齢、マッチタイプなど、多くの指標で使えます。

レポート作成時の注意点

how-to-use-google-adwords-report-editor_16

アドワーズレポートエディタで作成できる最適なグラフの種類はデータの種類によって異なります。レポート形式を切り替えるときに、特定のグラフでのデータの表示に応じてディメンションと指標を変更するようにメッセージが表示されるため、例えば表をグラフに変換するなどの場合、一部の表フィルタはグラフに適用されないため注意が必要です。

最後に

このようにレポートエディタを活用すれば、ドラッグ&ドロップの簡単な操作でデータを可視化して分析レポートを作成することができます。条件次第では今まで時間を掛けて作っていた複雑なレポートも簡単に作成することができるため、作業効率の面でも運用者にとってはとても嬉しいツールとなります。

今回ご紹介した例は一部なので、分析したいデータや指標に合わせて色々な組み合わせを試してみると何か新しい発見があるかもしれません。

how-to-use-google-adwords-report-editor_footer

関連記事

【わかりやすい】Google ショッピング広告とは?概要と掲載方法を解説
【わかりやすい】Google ショッピング広告とは?概要と掲載方法を解説
続きを見る
Google、商品構造化データの利用範囲を拡大。Merchant Center 無しでも Google 検索でリッチな商品表示が提供できるように
Google、商品構造化データの利用範囲を拡大。Merchant Center 無しでも Google 検索でリッチな商品表示が提供できるように
続きを見る
Google Search On '22 から見える、Google 検索の少し先の未来を考えてみる
Google Search On '22 から見える、Google 検索の少し先の未来を考えてみる
続きを見る