変更内容の影響を事前に確かめて元のキャンペーンの掲載結果と比較できる、Google アドワーズ キャンペーンテスト完全ガイド

リスティング広告の運用には日々のチューニングが必要不可欠ですが、アカウントに変更を加える前に、試そうとしている施策が本当に効果的なのか?を確かめたいと思ったことはないでしょうか?

現状のアカウントに変更を加えた場合、その前後のパフォーマンス分析は、アカウント内で経過を確認したり、レポートを発行して分析したりすることで行うケースが多いと思います。この流れだと、各テストを実行する時期が異なるため、同一条件での平等な比較がしにくいというデメリットが出てきてしまいます。

そんな時に便利なのが、Google アドワーズのキャンペーンテストという機能です。



キャンペーンテストとは?

キャンペーンテストはGoogle アドワーズの検索連動型広告とディスプレイネットワークで使えるテスト機能で、かなり長い間ベータ版として存在していたキャンペーンエクスペリメント(ACE)という機能が新しくなったものです。キャンペーン内で変更を加えたい時に、その施策が上手くいくのか上手くいかないのか?を、キャンペーンへの変更を適用する前にテストをすることができ、変更がもたらす影響を把握することができます。

例えば、あるキーワードの入札を100円にした場合と200円にした場合の異なる施策を、同時期にランダムに掲載することができます。これにより、時期的な影響を受けずにパフォーマンスの比較ができるため、その施策が有効なのか、判断が下しやすくなります。

上記は、キーワードの入札を例にしましたが、このキャンペーンテストを活用できる他のシチュエーションとしては、

  • デバイスの入札を変更(例)スマートフォンの入札を50%→100%にした場合
  • 入札戦略を適応した場合(目標CPA設定)
  • 配信時間の調整
  • マッチタイプの変更
  • キーワードの追加・除外
  • クリエイティブのABテスト
  • リンク先のABテスト
  • プレースメントの追加・除外

など、が考えられますので、テストしたい施策に合わせて試してみるとよいでしょう。

キャンペーンテストの始め方

まずテストを始める準備として、キャンペーンの“下書き”というものを作成します。下書き?と聞くと、何のことか分かりにくいのですが、これはキャンペーンに変更を与えても実際には影響を及ぼさないダミーのキャンペーンと思っておくと分かりやすいでしょう。下書きを作成するには作成済みの元となるキャンペーンが必要になりますので、テストを行いたい任意のキャンペーンを選択しておきます。

下書きの作成方法

① 下書きの元となるキャンペーンを選択します。

② 画面右上の[下書き]ボタンを押します。

③ 新規作成を選択肢して、下書きを作成します。

④ 上記の画面が表示されるので、下書きの名前を任意で入力します。どの様な内容のものかを分かりやすく記述しておくとよいでしょう。

⑤ [作成]ボタンを押して下書きの作成が完了です。

下書きが作成されたら、変更したいチューニングを施します。入札の調整、時間帯の配信調整、入札戦略の設定など、目的を一つに絞ると分かりやすいでしょう。加えた変更は自動で保存されるので途中で画面を切り替えたり、そのまま終了したりすることがいつでも可能です。この段階では、あくまでも下書きのため変更した内容は元のキャンペーンにはまだ反映されません。尚、下書きキャンペーンは、元のキャンペーンと同様の見栄えのため、一見使える機能も一緒のように見えますが、下記の一部の機能やレポートは使用できません。

  • 詳細分析タブ
  • 広告のスケジュール レポート
  • カテゴリ&検索用語
  • オークション分析
  • ディスプレイ プレースメント レポート
  • メール配信スケジュール レポート
  • 入札単価状況
  • 「ターゲット キャンペーン」や「ターゲット広告グループ」を使った広告カスタマイザ
  • キャンペーンのテスト
  • キーワード診断
  • 一部の自動入札戦略:
  • 検索ページの目標掲載位置
  • 目標優位表示シェア
  • 目標広告費用対効果(ROAS)

キャンペーンのテストの設定方法

下書きの編集を終えたら、テストを実行しましょう。テストを実行することで、元のキャンペーンとテストに設定したキャンペーンで、ランダムにオークションの振り分けられがはじまります。

① テストを実行したい下書きを選択後、変更内容に問題がなければ、画面右上の[適応]をクリックします。

② 上記の画面が表示されるので、[ウェブテストを実施]を選択し適応します。
(もし、テストを行わずに変更した内容を元のキャンペーンに適応したい場合は、[元のキャンペーンに上書き]を選択して適応します。)

③ 次に上記の画面が表示されるので、テストの名前を任意で入力します。テスト内容が分かりやすいように名前を付けるとよいでしょう。

④ テストの実施期間はデフォルトの表示では30日間となっていますので、計測したい期間を任意で選択します。
(テスト実施期間の途中でもテストの終了は可能です。)

⑤ テストに割り当てるキャンペーンの予算の割合(テストが広告オークションに参加できる割合)を指定して設定が完了です。均等に配信すると比較もしやすいため、50%と設定すれば問題ないでしょう。

テストキャンペーンの開始と共にキャンペーンが有効になるため、掲載結果に影響が出てきます。

尚、テストは一般的にキャンペーンと同じ機能をサポートしていますが、次の例外があります。

  • キャンペーンのテスト
  • 「ターゲット キャンペーン」や「ターゲット広告グループ」を使った広告カスタマイザ
  • 一部の自動入札戦略:
  • 検索ページの目標掲載位置
  • 目標優位表示シェア
  • 目標広告費用対効果(ROAS)

キャンペーンのテスト結果を確認する

テストを実施したら、その掲載結果を確認しましょう。

テストキャンペーンの上部に、テストと元のキャンペーンとの掲載状況をスコアカード(比較データ)で確認することができるので、これを参考にテストを終了するか、テストを元のキャンペーンに適用するか、テストを新しいキャンペーンに変換するかの判断を下します。

(上記の掲載結果はキャンペーン全ての合計値ですが、広告グループレベルでも確認が可能です。)

このスコアカード、テストデータの各数値の隣に下記のアイコンが表示され、各数値が統計的にどう評価されるかを表す仕組みとなっています。

引用:キャンペーンのテスト結果を確認する – AdWords ヘルプ

このような表示がされることで、そのテストは元のキャンペーンと比べて統計的にも良いのか悪いのかがひと目で確認できるので、スコアカード機能はとてもありがたいですね。その上で、テスト内容の方が成果がよいと判断し、テスト内容を元のキャンペーンに適用したい場合は、右上の青の適応ボタンから、[元のキャンペーンを更新]を選択することで、テストで試した変更内容を元のキャンペーンに反映することができます。テストを新しいキャンペーンとして使いたい場合は、上記同様に右上の適応ボタンから、[新しいキャンペーンに切り替える]を選択することで、元のキャンペーンが一時停止され、元のキャンペーンと同じ予算と日付が設定された新しいキャンペーンの追加ができます。

尚、テストによっては、元のキャンペーンの成果が良い場合もあるので、その場合は、そのままテストを終了すれば、テストで行った変更の影響は受けません。いずれかの判断を下した後の、テストキャンペーンは役目を終えるため、「完了」ステータスとなり停止されますが、掲載結果は終了後でも確認することができます。

キャンペーンテストについての注意事項

  • 1 つのキャンペーンには最大で5 つのテストのスケジュールを設定することができる
  • 1 つのキャンペーンで一度に実施できるテストは 1 つだけ。
  • テストの広告の審査手続きが完了して広告が実際に配信されるには、多少時間がかかることがある。かかる時間は元のキャンペーンの大きさによるため、広告の審査が完了する前にテストが始まらないよう、テストの開始日を数日後に設定しておくとよい。
  • 元のキャンペーンに変更を加えた場合の変更内容は、テストには反映されないため、テストの結果を分析するのが困難になります。そのため、頻繁に変更を加えるキャンペーンはテストに向いていない。
  • トラフィックの量が少ないキャンペーンを元にしたテストは、テストの結果を分析するのに時間が掛かかるので向いていない。
  • テストは検索ネットワークとディスプレイ ネットワークのキャンペーンでのみ利用可能。
  • テストキャンペーンで配信されたデータは、元のキャンペーンレポートでは「「合計 – すべてのウェブテスト」として集計されるため、レポーティングの際の集計には注意が必要。

最後に

このキャンペーンテストを活用することで、アカウントに対して実際の変更を加えることなく仮説検証を行うことができるようになりました。これまで時間のかかっていたアカウント変更後の結果概要もスコアカードという形で表示されるので、スピーディーに効果の判断を下すことができるようになります。

なかなか目立たないツールではありますが、使い方次第ではかなり役立つため是非活用されることをお勧めします。ぜひ一度お試しください。

Kenta Kataoka

Kenta Kataoka

アナグラム株式会社 運用型広告エキスパート。 三重県出身。 デザイン会社のデザイナーを経て興味のあったWebマーケティング業界へ転身。広告代理店に入社後、リスティング広告の運用とコンサルティング、及びマネージメントを歴任。その後フリーランスを経て2015年4月よりアナグラムにジョイン。趣味はフットサル、スノーボード、筋トレ、カメラ。