Google ファインド広告とは?特徴や設定方法、注意点を分かりやすく解説

Google ファインド広告とは?特徴や設定方法、注意点を分かりやすく解説

2019年9月からベータ版としてリリースされたファインド広告が、2020年4月に全世界で利用可能になりました。

参考:さまざまな場でユーザーに発見してもらえるファインド広告 – Google 広告 ヘルプ

Google検索の画面の下にフィード形式でコンテンツが表示されていたり、YouTubeのホーム画面で動画と動画の間に広告が表示されているのを見たことはないでしょうか?

ファインド広告はこういったGoogleのフィード面で、サービスやブランドに関心意欲が高いユーザーに向けて配信できる広告です。

ファインド広告の特徴

ここではファインド広告の配信面、形式、入札やターゲティングの特徴をご紹介します。

一つのキャンペーンでユーザーに幅広く配信できる

画像引用元:Inspire new customers in their moments of discovery
上記画像は左からYouTube(ホームフィード)、Discover、Gmail(プロモーションタブ、ソーシャルタブ)

掲載される場所は次のとおりです。

Discover
YouTube ホームフィード、次のおすすめフィード
Gmail プロモーションタブ、ソーシャルタブ

これらに共通するのは、ユーザーが新しい情報に関心を示しやすいタイミングということです。ファインドキャンペーンを利用することでこれらの配信面へまとめて広告を配信できます。

ただし、「Discoverのみ」といった配信先を個別に指定しての配信はできませんので注意が必要です。

ユーザーの興味を引きやすいネイティブな広告形式

Discoverをはじめ、フィードの間に表示されるため、自然と広告が目に入り興味を持ってもらいやすい広告フォーマットです。

さらにファインド広告では、機械学習によりアセットに登録した広告の中からよりユーザーが関心を示しやすい広告が表示されます。そのため、自然にユーザーの行動が促しやすい広告形式だといえます。

コンバージョンに基づいた自動入札

ファインド広告は自動入札のみ可能で、選択したマーケティング目標、入札単価、予算に基づいて入札が行われます。入札戦略は「目標コンバージョン単価」か「コンバージョン数の最大化」を選べます。

他のプロダクトよりも入札調整が比較的簡単に行えますが、配信デバイスの指定や入札単価調整などもできず、手動で設定できる部分が限られているためコントロール性が低いことは押さえておきましょう。

「人」に対する各種ターゲティングが可能

ファインド広告はユーザーの属性やリマーケティングなど、「人」をターゲティングすることができるプロダクトで、認知から獲得まで幅広い目的に利用できます。Googleのログインユーザー情報に基づいた配信が行われるので、細かいシグナルを加味したターゲティングが可能です。

また、ポリシーを満たしていればディスプレイ広告と同様にカスタマーマッチのデータを用いた配信も行うことができるため、より精度の高いターゲティングが行えます。

Google 広告、カスタマーマッチがディスプレイ広告で利用可能に

ファインド広告の設定方法


1.管理画面の「+」をクリックし、「新しいキャンペーンを作成」を選択します。

2.キャンペーンの目標を選択します。

  • 販売促進
  • 見込み顧客の獲得
  • ウェブサイトのトラフィック

こちらの3種類、あるいは「目標を設定せずにキャンペーンを作成する」を選択して作成ができます。


3.キャンペーンタイプで「ファインド」を選択します。


4.キャンペーン名や入札単価、予算などを設定します。入札単価は「目標コンバージョン単価の設定」、「コンバージョン数の最大化」から選択可能です。


5.広告グループ名、オーディエンス、ユーザー属性を設定します。

クリエイティブの作成方法


ファインド広告は「ファインド広告」「ファインド カルーセル広告」の二種類のフォーマットから選択できます。

ファインド広告


ファインド広告は横長、もしくはスクエアの画像1枚と広告文を組み合わせた形式の広告です。設定した広告文、画像から高い成果が見込める組み合わせが自動的に表示されます。

広告文
種別 説明 文字数(半角) 入稿可能数
URL 広告をクリックしたユーザーに表示されるページです。 1個
広告見出し 広告に表示される最初の行です。表示される広告見出しの長さは、見出しが表示される場所によって変わります。 40文字以内 5個まで
説明文 広告文を追加することで、追加の説明や詳細情報を表示できます。広告のサイズやフォーマットによっては表示されません。 90文字以内 5個まで
会社名 会社名は、お客様の会社またはブランドの名前です。特定のレイアウトでは、会社名が広告文に表示されることがあります。 25文字以内 1個
行動を促すフレーズのテキスト 「今すぐ適用」「今すぐ予約」「お問い合わせ」「ダウンロード」など12個の行動を促すフレーズからCTAを選択可能です。

行動を促すフレーズのテキストはデフォルトでは自動設定になっていますが、アプリダウンロード目的であれば「ダウンロード」、商品の販売目的であれば「今すぐ予約」「今すぐ購入」など、目的に合った行動を促すフレーズを設定することでより高い成果が期待できます。

画像
素材 最小画像サイズ 最大ファイルサイズ 入稿可能数
横長(必須)

横縦比 1.91:1 、600×314

※推奨:1200×628

5MB 20個まで
スクエア(任意)

横縦比 1:1、300×300

※推奨:1200×1200

ポートレート(任意)

480 x 600以上(縦横比4:5)

※推奨:960 x 1200

※YouTubeに表示されないことに注意

スクエアロゴ(必須) 横縦比 1:1、1200×1200のみ 150KB 5個まで

横長またはスクエアの画像と縦画像(ポートレート)、加えてロゴをそれぞれ1つ以上追加する必要があります。

ファインド カルーセル広告


ファインドカルーセル広告は、カタログのように商品を一気に複数見せたり、紙芝居のようにストーリーを作って商品の魅力を伝えたりすることができます。カルーセルカード外とカード内それぞれに異なるURL、見出しを設定可能です。

画像、広告見出し、URL、行動を促すフレーズのテキストを組み合わせたセットです。1つの広告に2~10枚設定できます。

各カード毎に見出しやURL、行動を促すフレーズのテキストの設定が可能です。URLのページ内容や商品に合わせて設定しましょう。

広告文
種別 説明 文字数(半角) 入稿可能数
URL 広告をクリックしたユーザーに表示されるページです。表示される広告見出しの長さは、見出しが表示される場所によって変わります。 1個(1つのカードに1個)
広告見出し 広告に表示される最初の行です。 40文字以内 5個まで(1つのカードに1個)
説明文 広告文を追加することで、追加の説明や詳細情報を表示できます。広告のサイズやフォーマットによっては表示されません。 90文字以内 5個まで
会社名 会社名は、お客様の会社またはブランドの名前です。特定のレイアウトでは、会社名が広告文に表示されることがあります。 25文字以内 1個
行動を促すフレーズのテキスト 「今すぐ適用」「今すぐ予約」「お問い合わせ」「ダウンロード」など12個の行動を促すフレーズからCTAを選択可能です。

広告見出しと説明文は表示しきれない場合、末尾が省略されるので重要な内容はできる限り前半に記載しましょう。また、見出しは説明文が省略されて単独で表示される場合があります。見出しだけでも意味が通じるようにしておくのがオススメです。

画像
素材 最小画像サイズ 最大ファイルサイズ 入稿可能数
横長

横縦比 1.91:1 、600×314

※推奨:1200×628

5 MB 1つのカードに1個
スクエア

横縦比 1:1、300×300

※推奨:1200×1200

スクエアロゴ

横縦比 1:1、144×144

※推奨:1200×1200

150 KB 1個

1つのカードに横長とスクエアの2種類のサイズを設定可能です。どちらかのサイズの画像があれば配信可能ですが、全てのアスペクト比が揃っている必要があります。

また、カードは設定した順に表示されるため、規則性を持たせたい場合や目立たせたいカードがある場合は順番に注意して設定しましょう。

ファインド広告で気を付けたいポイント

ファインド広告をで成果を出すために知っておきたいポイントを2つご紹介します。

ユーザー体験を損なう画像はNG

ファインド広告はメディアのコンテンツに溶け込んだ形でユーザーに見られることを目的としています。そのため、たとえば以下のようなユーザーに不快感や誤解を与える画像は質が低いとみなされ、広告が不承認となることがあります。

受けねらいのテキストや挑発的なコンテンツ、不快なテーマを含む画像、不適切なイラスト、トリミングが不適切な画像、自撮り写真

クリック可能なテキストやボタンなどの行動を促すフレーズ、またはそれらを模倣したような要素(クリック可能かどうかを問わず)が含まれる画像

その他の例は以下にまとまっているので、一通り確認することをおすすめします。
参考:Discovery ads creative guidelines – Google Ads Help

他のキャンペーンで成果の高いオーディエンスを重視する

他のプロダクトにも共通していることですが、他のキャンペーンで高い成果の出ているオーディエンスは良い成果を出せる可能性が高いので、積極的にターゲティングしましょう。

ファインド広告にカスタム インテント、カスタマー マッチ、リマーケティング、類似ユーザーを追加すると、コンバージョン率は 81%上がり、コンバージョン単価は 25%下がります。

引用元:Grow your business with Discovery campaigns – Google Ads Help

特に獲得目的のキャンペーンを配信する場合は、上記のGoogle 広告の最適化ガイドに記載されているような既存の顧客、ウェブサイト訪問者やその類似ユーザーなど、コンバージョンする可能性が高いオーディエンスから試すことをオススメします。

機械学習を促進するために十分な予算を充てる

1 日の平均予算として目標コンバージョン単価の 10 倍以上の金額を設定し、少なくとも 40 件のコンバージョンが発生するまでキャンペーンへの変更を控える

引用元:Grow your business with Discovery campaigns – Google Ads Help

上記のGoogle 広告の最適化ガイドに記載されているように、最適化に必要なデータ(コンバージョン40件程度)が得られるまでは極力キャンペーンに変更を加えないことが推奨されています。可能であれば目標コンバージョン単価の10倍以上の予算を確保しておくとスムーズです。

まとめ

ファインド広告は一つのキャンペーンでGoogleのサービスの中でも利用者数が非常に多い面に配信することが出来ます。また、ユーザーの興味関心に基づいて認知から獲得まで幅広い目的に利用できるため、様々な商材で活用可能です。

Google、Yahoo!のディスプレイ広告で成果が伸び悩んでいたり、拡大施策を検討している場合は是非トライしましょう。

この記事のURLをコピーする
Misaki Nishio

Misaki Nishio

アナグラム株式会社 クルー。やりたいことを見つけるために食品加工、SIer、アフィリエイト広告など、様々な業種のインターンに参加したものの見つからず。家庭教師のアルバイトやインフルエンサーとして有料のコンサルティングを行う中で、自分のやりたいことは「誰かのやりたいことを支援すること」だと気付く。一気通貫でお客様のビジネスに寄り添いながら、自身も成長できる環境を求め、2019年12月にアナグラムに参画。筋トレが趣味で、冷凍庫には手作りの鶏ハムが通年常備されている。

最近書いた記事