Yahoo!広告、検索広告で広告グループ単位の自動入札の目標値設定が可能に

Yahoo!広告、検索広告で広告グループ単位の自動入札の目標値設定が可能に

2020年5月13日より、Yahoo!広告 検索広告で広告グループ単位での自動入札の目標値設定が可能になりました。

参考:【検索広告】広告グループでの自動入札の目標値設定について – Yahoo!広告

広告グループごとの自動入札の目標値設定が可能に

今までは、異なる目標値で自動入札を行う場合、同じ広告掲載形式、予算、スケジュールでもキャンペーンを分ける必要がありました。

しかし、キャンペーンを分けると掲載実績が分散してしまうため、次のようなデメリットがありました。

  • データ蓄積まで時間がかかってしまう
  • 自動入札を行うために必要なコンバージョン数が足りない
  • 必要以上にキャンペーンが増え、管理が大変

しかし今回のアップデートにより、「目標コンバージョン単価」と「目標広告費用対効果」の目標値設定が広告グループ単位で設定できるようになりました。

広告グループ単位の自動入札設定の仕様


自動入札を設定しているキャンペーン配下の広告グループにそれぞれ目標値を設定することができ、キャンペーン単位の設定よりも優先されます。

広告グループ単位で個別の目標値を設定しない場合に適用されるのは、キャンペーンで設定した入札方法です。

たとえば多品目ECなど、商品によって広告グループを分けている場合、利益率の高い商品の広告グループは目標値を高く、低いものは低く設定するなど、柔軟に入札価格をコントロールできます。

広告グループ単位での目標値設定上の注意

ポートフォリオ入札設定では、広告グループ単位の目標値は設定できない

入札方法を「広告費用対効果の目標値」に設定しても、「ポートフォリオ入札設定」を選択した場合は広告グループ単位の目標値は設定できません。

広告グループでは、キャンペーンの入札方法と同じ種類の目標値しか設定できない


キャンペーンの入札方法が目標コンバージョン単価なら、広告グループも目標コンバージョン単価。目標費用対効果なら、広告グループも目標費用対効果の目標値しか設定できません。

なお、キャンペーンエディターでの設定は現状は不可ですが、追って機能追加予定とのことです。

できるだけシンプルなアカウント構造で自動入札を用いる

リスティング広告ではアカウント構造をシンプルにすることで、次のようなメリットを得られます。

  • 機械学習の最適化に必要なデータを素早く溜める
  • まとまったデータで成果の良し悪しをスピーディーに判断できる

これまで自動入札の目標値が異なるという理由でキャンペーンを分けていた場合は、他に理由がなければ極力1つのキャンペーンに広告グループをまとめるのがオススメです。

この記事のURLをコピーする
Misaki Nishio

Misaki Nishio

アナグラム株式会社 クルー。やりたいことを見つけるために食品加工、SIer、アフィリエイト広告など、様々な業種のインターンに参加したものの見つからず。家庭教師のアルバイトやインフルエンサーとして有料のコンサルティングを行う中で、自分のやりたいことは「誰かのやりたいことを支援すること」だと気付く。一気通貫でお客様のビジネスに寄り添いながら、自身も成長できる環境を求め、2019年12月にアナグラムに参画。筋トレが趣味で、冷凍庫には手作りの鶏ハムが通年常備されている。

最近書いた記事