販売者が受けている評価を広告に?Google アドワーズの「販売者評価表示オプション」

販売者が受けている評価を広告に?Google アドワーズの「販売者評価表示オプション」

商品やサービスを探すときに、ネットの口コミやレビューを参考にした経験が誰しも一度はあると思いますが、実はGoogle アドワーズでは、ユーザーによる販売者の評価をGoogle アドワーズの広告に表示できる販売者評価表示オプションという機能があります。

今回は、この販売者評価表示オプションの概要についてお伝えします。


販売者評価表示オプションとは?

販売者評価表示オプションとは、Google アドワーズに出稿しているショップの商品やサービスが、ユーザーから受けている評価を検索ネットワークの広告上でアピールできる、広告表示オプション機能のひとつです。

下記が販売者評価オプションの表示形式例です。

広告上にショップの評価が数字と星印5段階で表示されます。

画像引用元:販売者評価表示オプションについて – AdWords ヘルプ


「評価」の部分をクリックすると評価に関する詳細な情報を確認できます。

例えば、飲食店を探す場合によく使われる飲食店のランキング・口コミサイトなどをイメージすると分かりやすいですが、お店を利用したユーザーのレビューや星印の評価を参考にするのと同様に、Google アドワーズでもショップを利用したユーザーの評価を広告上で表示することができます。

口コミの基となるデータは、Googleが信頼できる第三者によるデータの提供元から収集したビジネスのレビューに基づいているため、やらせで作られているような信頼のおけない提供元のデータは参照されないようになっています。

販売者評価表示オプションを活用することのメリット

実店舗の場合、欲しいものを手に取って確認でき、お互い顔も見られるため安心して買い物をすることができますが、ネットショップの場合、実物を手に取って確認できませんし、お互い顔を合わすこともありません。

そのため、どんなに他のサイトに比べて安かろうが、魅力的な商品が売ってようが、そのサイトが信用できないショップだと思われたら購入には繋がり辛くなってしまいます。

販売者評価表示オプションを活用することで、Googleで検索しているユーザーはどのショップが優れたサービスを提供し、どれくらい高く評価されているかを事前に把握できるため信用度の高いショップという判断が付きやすくなります。

また、同じ商品を販売している広告が複数並んでいた場合でも、販売者評価表示オプションが付いている広告の方が信用度をアピールできるため、広告がクリックされる確率も上がりコンバージョンにも結びつきやすくなるでしょう。

Googleによると、販売者評価表示オプション導入によって以下のようなポジティブな効果が見られているとのことです。

テキスト広告に販売者評価を掲載すると、広告のクリック率が最大 10% 伸びる可能性があります。

参考:「Google カスタマー レビュー」購入者からのフィードバックを収集、公開すると同時に販売者評価を… – Google 広告主コミュニティ

販売者評価表示オプションが表示される条件

  • 投稿されたレビューが150件に達し、総合評価で星 3.5 個以上を獲得しているビジネス
  • 検索ネットワーク向けのテキスト広告と商品リスト広告のみが対象

販売者評価のレビュー基となるデータの算定方法

販売者評価は、下記を含む第三者による多くのソースから収集されたデータに基づいて算定され、条件を満たせば自動的に表示できます。

  • Google カスタマーレビュー(広告主に代わって商品購入後のコメントを収集する、無料のプログラム)
  • Googleが主導するショッピング関連の調査で収集したパフォーマンスデータ
  • Googleサーベイ(Googleが特定のドメインやビジネスに関するデータの収集に使用する市場調査プラットフォーム)での評価
  • ショップのドメインに対するショッピングレビュー
  • Googleが承認した独立コメントサイトのレビュー

独立コメントサイトの代表的なところでは「お財布.com」「ECナビ」などがあります。その他一覧はこちらを参照してください。

尚、販売者評価には、広告主のサービスを利用したユーザーの感想が反映されており、根拠となっているレビューと広告で宣伝されている内容との関連性が低い場合は、販売者評価が表示されないことがあります。

また、販売者評価を表示したくないといった場合は、広告表示オプションの設定を無効にする事で非掲載にすることもできます。

非表示する方法は以下です。

①「広告と広告表示オプション」タブをクリック
②「広告表示オプション(自動)」タブをクリック
③右側にある「…」をクリックして「詳細設定」をクリック

④詳細設定ページへ移動したら「特定の広告表示オプション(自動)をオフにする」を選択
⑤オフにしたい広告表示オプションの中から「販売者表示」を選択
⑥オフにする理由を選択
⑦「TURN OFF」ボタンを押し完了させます

販売者評価を受けているかどうかを確認する方法

広告主や自社のサイトが販売者評価を受けているかどうかを確認する手順は次のとおりです。

https://www.google.com/shopping/seller?q=example.com に移動し、
「example.com」を自分のドメイン(「www.」は抜き)に置き換えます。

ドメインに関連する販売者評価を受けていても、オークションの動向などの要因によって、その販売者評価が広告の販売者評価として広告に必ずしも表示されるというわけではありません。

最後に

オンラインショッピングでは、「詐欺目的の不正請求をされないか」「個人情報の取り扱いは大丈夫か」「注文した商品がちゃんと届くか」といった不安を感じるユーザーも少なくありません。そういったユーザーにとっては、第三者によるレビューが見える販売者表示オプションは商品やサービス決めるうえでのプラスの判断材料になるでしょう。

販売者表示オプションを表示するには、一定のレビュー数が必要なうえ、総括して顧客満足度を普段から高める努力をしていかない限り掲載へのハードルは高めですが、自社サイトの信用度向上に活用してみてはいかがでしょうか。

Kenta Kataoka

Kenta Kataoka

アナグラム株式会社 チームリーダー。 出版社のデザイナーを経て興味のあったWebマーケティング業界へ転身。広告代理店に入社後、リスティング広告の運用とコンサルティング、及びマネジメントに従事。その後フリーランスを経て2015年よりアナグラムにジョイン。広告運用やチームマネジメントなどを行っている。

最近書いた記事

カテゴリ

更新情報をお届けいたします!

メールアドレスを登録していただくだけで、あなたにおすすめの情報や更新情報をお届けいたします。ぜひご登録ください!アナグラムのブログ更新は公式Facebookページ、Twitterでも受け取れます。

  • メールアドレスと登録する
  • Facebookで更新情報を受け取るTwitterで更新情報を受け取る

関連記事