ゼロから始めるGoogle タグマネージャ

ゼロから始めるGoogle タグマネージャ

現在のWebマーケティング界というのは、もはやタグマネジメントなしではなかなか想像しにくいものです。マーケティングチャネルが近年多様化し、カスタマジャーニーにおける各チャネルの位置づけや成果への貢献度が問われる今日では、正確な計測に必要不可欠な計測タグを整理して一元管理できるタグマネジメントツールの重要性が増してきました。その背景があって、そもそもタグマネジメントを導入するか否かという質問より、導入を前提にたくさんあるツールの中から結局どれにすればよいかという質問のほうが一般化しているのではないでしょうか。

参考:タグマネージャーの重要性と用途で使い分けるYahoo!タグマネージャーとGoogleタグマネージャ

その数あるツールの中で、今回はGoogleタグマネージャの設定方法とタグに関する基本操作をご紹介していきたいと思います。

1. Googleタグマネージャについて

まずはGoogleタグマネージャとは?というところとからはじめましょう。Googleタグマネージャ(以降:GTM)はその名の通り、Google社が提供しているタグマネジメントツールのことです。GTMではタグをコンテナという単位で管理するのが特徴で、コンテナタグと呼ばれるタグを全てのページに実装したうえ、そのコンテナの中で複数のタグを一元管理していくという仕組みになっています。

なお、他社ツールと比較してGTMの導入にメリットとデメリットがありますが、簡単にまとめると下記の点がもっとも重要かと思われます。

メリット

  • 無料であること
  • プログラミングができなくても主なタグ管理が可能
  • タグの実装をサイトリリースサイクルに乗せる必要がない(ITチームの負担が減少)
  • サイトのパフォーマンスに影響しにくい(タグの読み込みが非同期のため)
  • ファーストパーティとサードパーティのタグテンプレートが用意されている
  • 利用者が多いため、リソースが豊富
  • アクセス権限管理が可能

デメリット

2. 初期設定

さて、これからは初期設定方法に入ります。コンテナタグがまだない場合は、その作成からはじめましょう。Googleタグマネージャへはこちらからアクセスし、Googleのアカウント(例えば、Google アドワーズやGoogle アナリティクスで使っているもの)があれば簡単にログインできます。

初期の画面ではまず①アカウント名を指定し、次のステップで②コンテナ自体の名前を入力します。その後はウェブ、iOS、Android、AMPのいずれかの使用環境を選択します。多くの場合には、ウェブサイトに設置することになりそうなので、本記事では③「ウェブ」を選択した形で使い方をご説明していきます。

利用規約に同意すると、④JavaScriptのコードが画面に表示されます。これが各種タグの管理に使うコンテナタグです。

つまり、このコンテナタグを全ページに実装しておくことで、GTM管理画面でコンテナの編集を行ったとき、コンテナが設置された全ページにその変更が適用されるという仕様になっています。各ページにいちいちタグを直接実装することと比べると、タグ管理で大きく手間を省けますし、ミスも漏れも最小限に抑えられます。

3. ワークスペース画面の見方

GTMのインターフェイスは、最初は少し分かりにくそうな部分もあるかもしれないのですが、論理的に組み立てられているので、操作が比較的早く覚えられると思います。

GTMは大きく分けて、「ワークスペース」、「バージョン」、「管理」という3つの機能(上図の破線青枠囲み)から構成されています。

GTMにログインしてコンテナを選択すると、最初に上図の画面が表示されるのですが、この画面は「ワークスペース」で、タグに関する主な作業を行うことができます。中でも最も操作するのは恐らくこのワークスペースでしょうから、こちらは一番中心となる部分だと言えます。

タグ管理に関する主な作業は、ワークスペース画面、左サイドバーのメニュー(上図の赤枠囲み)から行うことができます。

  • サマリー:ワークスペースのトップレベルに戻ります
  • タグ:各種タグの追加や編集が行えます
  • トリガー:タグの実行条件を設定できます
  • 変数:コンテナ内のタグに対して動的・静的な値を渡すための設定が行えます
  • フォルダ:タグ、トリガーなどの整理や(例えばチャネルごとの)グルーピングが行えます

更新履歴の管理が行える「バージョン」と、ユーザーのアクセス権限などアカウント設定を行う「管理」メニューは後述します。

4. 実際にタグを設定してみましょう

GTMはWebマーケティングで使われている一般的なタグのほとんどに対応していて、テンプレートも多く用意されているため、よほど複雑なものでない限り、数分程度でタグ設定が可能です。

最初はGoogle アドワーズのコンバージョントラッキングを例にタグ設定をご紹介します。ただし、GTMで操作を始める前に、コンバージョンタグを用意する必要があります。詳しい手順は割愛しますが、Google アドワーズの管理画面で「運用ツール」>「コンバージョントラッキング」からタグ情報を確認し、あるいはタグが未発行の場合、同項目から発行を行っておいてください。

コンバージョンタグが用意できたら、GTMでワークスペースの左サイドバーメニューから①「タグ」を選び、新しいタグの登録を行うため、②「新規」のボタンをクリックします。

次にGTM上で分かりやすく管理するために、③「アドワーズCV」などのようなわかりやすい名前を付けて、④「タグの設定」をクリックします。

タグタイプには、「おすすめ」、「カスタム」(カスタムHTMLとカスタム画像タグ)と「その他」(サードパーティタグ)という3種類が存在しますが、「おすすめ」と「その他」ではコンバージョンやリマーケティングなどのプロダクトや用途に応じてテンプレートが用意されています。ここでGoogle アドワーズのコンバージョンタグを設定するので、「おすすめ」から「AdWordsコンバージョントラッキング」を選択します。

続いて表示されるメニューには「コンバージョンID」や「コンバージョンラベル」など、Google アドワーズのコンバージョンタグの各項目を入力します。必要に応じて上記①~④を参考にしてください。

入力の際には、「var google_conversion_id =」、「var google_conversion_label =」などの後の値のみを入力するように注意しましょう。 また、タグコード内の「”XXXXX”」のようにクォテーションマークが付いたものは、「xxxxx」という風にクォテーションマークのない状態で入力する必要があります。

入力が終わったら、まずはタグを保存します。実はこの場では既にトリガーをつけることもできますが、この画面では設定を行わず、次のステップで説明していきます。

5. トリガーについて

トリガーとは英語で「引き金」という意味ですが、ここから転じてGTMではタグの実行条件をさしている概念です。つまり、タグ自体がすべてのページに存在していても、実際にタグを実行するか否かを左右しているのはこのトリガーです。
※ちなみに、タグの実行のことを英語ではよく「fire」と表記することから、日本においてもタグの実行を「発火」と呼ぶことがあります。


トリガーの設定を行うために、ワークスペースの左側にあるメニューから①「トリガー」という項目を選択し、②「新規」のボタンをクリックします。

今のトリガーは、コンバージョンがあった場合のみ、タグを実行させるものなので、まずは③「購入完了」などその条件が簡単に分かるような名前を付けることをお勧めします。

ECサイトの場合では、購入後に「購入完了ページ」や「サンクスページ」と呼ばれる画面を表示させることが一般的です。従って、この画面を見た時にのみタグを実行するために、④トリガーの種類を「ページビュー」に、⑤トリガーの発生場所を「一部のページビュー」に設定する必要があります。

「購入完了ページ」にはほとんどの場合、URL全体から、またはURLの一部のパターンから識別できますので、次は⑥「Page URL」>「含む(または同一)」を選び、そのURL(パターン)を入力します。
※例:/order/thanks

そうすることによって、ユーザーが「/order/thanks」を含むURLの画面を見た時に限って、コンバージョンタグが実行され、コンバージョンがカウントされていきます。

トリガーを保存し、もう一度ワークスペースのタグ項目から「アドワーズのコンバージョンタグ」を選択し、先ほど設定した「購入完了」のトリガーを選択します。

コンバージョンタグの登録はこれで完成です。

【おさらい】リマーケティングタグの設定

コンバージョンタグの次に運用型広告の運用者が出合う機会が多いタグは、何と言ってもリマーケティングタグでしょう。Google アドワーズ向けにこちらの設定も簡単に説明していきます。最初は上記のコンバージョンタグと同様に、Google アドワーズ側でタグ情報を確認、または発行しましょう。

参考:ウェブサイト用のリマーケティング リストを作成する – AdWords ヘルプ 

続いては、前述のコンバージョンタグの時と同様に、ワークスペースからタグを選び、「新規」をクリックします。タグタイプ選択では「AdWordsリマーケティング」を選びましょう。

タグ情報を参考に各項目を入力します。

最後にトリガーです。リマーケティングタグはコンバージョンタグと違い、全ページで実行させるため、トリガータイプで「ページビュー」から「All Pages」を選択しましょう。

最後にこのタグを保存し、リマーケティングタグの登録も完了です。

6. プレビューと公開について

ここまでGoogle アドワーズのコンバージョンタグとリマーケティングタグの設定方法についての説明でしたが、実はGTM上でタグを作成しただけでは、そのタグが有効になっているわけではありません。タグを有効にするためには公開することが必要になります。

ただし、どんな些細な変更内容であっても、送信ボタンを押して公開する前に必ずやるべきステップがまだ一つあります。それは「プレビュー」です。

プレビューモードを活用しましょう

やはり、GTMというのは便利なツールでありがらも、操作している人間によるパラメータの入力ミスやトリガーの設定漏れなどによる問題を防ぎきれないのも事実です。タグを誤った設定のまま公開しないように、まずプレビューでタグが正確に機能していることを確認しましょう。

GTMのプレビューモードは右上の「プレビュー」ボタンでアクセスできます。

クリック後、ワークスペースの中央部にオレンジ色の表示がでます。

プレビューモードに切り換えてから、コンテナタグが設置されているサイトに移動しますと、下部にデバッグ画面が表示されます。
※すでに対象サイトが開いている状態でプレビューを行うと、デバッグ画面が表示されないことがありますので、その場合はプレビューモード発動後にページをリロードすれば、表示されるはずです。

デバッグ画面の表示はほとんど英語表記になりますが、Summary(サマリー)で以下の2項目で現在のタグの実行状態を一目で確認することが可能です。

  • Tags Fired On This Page (本ページで実行済みのタグ)
  • Tags Not Fired On This Page (本ページで未実行のタグ)

しかし、ここであるタグが実行していないからといって、必ずしも異常という意味にはならないです。そうです。タグのトリガーを思い出しましょう。

例えば、全ページで実行されるはずのリマーケティングタグが実行されていないのであれば、これはさすがに異常と言えますが、「購入完了ページ」ではない通常のページを見ている場合、コンバージョンタグが実行されないのは健全な状態です。なぜなら、コンバージョンタグのトリガーである「購入完了ページ」がこれに当てはまっていないからです。つまりこちらを確認するには、トリガーに設定された条件に合ったページに移動する必要があります。

問題が発生しているタグは、該当のタグのタイルをクリックし、パラメータ、トリガーなどの状況を把握しましょう。実はこの辺の入力ミスが原因でタグが機能不全になっているケースはさほど珍しくありません。

このように、編集した、または新しく追加したタグの実行状況をプレビューでシミュレーションしつつ、正確に機能していることが確認できるまで公開を行わないことが基本です。

公開とバージョンについて

プレビュー画面で実行に問題がなければ、タグの公開はワークスペースの右上の「送信」ボタンを押すことで行えます。公開をすると同時に、バージョンという、コンテナタグのその当時のタグ設定の記録が残ります。

バージョンはタグが公開されるたびに更新される仕組みなのですが、そのときに、他のチームメンバーや自分以外GTMを利用しているメンバーにも更新内容が分かるように、①バージョン名と②バージョン内容の説明をつけることができます。最後に③「公開」ボタンをクリックし、コンテナの新しいバージョンの公開が完了です。

現在公開中のバージョンの確認は、ワークスペースの緑の「公開中のバージョン」パネルから可能です。

またチームの体制により、タグの編集はできても公開する許可が降りていない場合などは「バージョンの公開と作成」ではなく、「バージョンの作成」を選べます。そうすると右上の「公開」ボタンが「作成」ボタンに切り替わります。

過去のバージョンを設定

更に、このバージョンの非常に便利な側面があります。過去のバージョンを設定できるということです。つまり、万が一公開済みのコンテナに問題が発生した場合、以前の(ちゃんと機能していた)タグ設定に巻き戻すことができ、問題の新規タグの修正を行っている間にコンバージョンなどの計測を維持することが可能です。

やり方も簡単です。過去のバージョンをワークスペースの左上の「バージョン」からアクセスし、一覧から戻りたいバージョンの「アクション」のドロップダウンリストから「最新バージョンに設定」を選び、完成です。

最後に

変数の活用の仕方やカスタムHTMLタグの設定をはじめ、ユーザー管理や環境管理に至るまで、今回では触れることが(ほとんど)なかった機能もまだたくさんあることは言うまでもありません。

また、GTMではなく、Yahoo!社が出しているタグマネジメントシステムであるYahoo!タグマネージャー(YTM)の方をご検討の場合は、是非こちらの記事をご参考にしていただければと思います。

参考:今日から始めるYahoo!タグマネージャー

Jan Hugendick

Jan Hugendick

アナグラム株式会社 運用型広告エキスパート(海外・国内部門)。 ドイツの出版社で マーケティングやSEOに携わることをきっかけにリスティング広告に興味を持ち、 ドイツの某メディア大企業直属のWeb広告代理店に転職。そこで5年間、多国・多業界 のアカウントを担当することを経て、2016年にアナグラムに参画。広告運用の他、ブログ執筆と編集を行っています。

最近書いた記事

カテゴリ

更新情報をお届けいたします!

メールアドレスを登録していただくだけで、あなたにおすすめの情報や更新情報をお届けいたします。ぜひご登録ください!アナグラムのブログ更新は公式Facebookページ、Twitterでも受け取れます。

  • メールアドレスと登録する
  • Facebookで更新情報を受け取るTwitterで更新情報を受け取る

関連記事