YDNで動的ディスプレイ広告(Dynamic Ads for Display)の提供を開始

YDNで動的ディスプレイ広告(Dynamic Ads for Display)の提供を開始

2019年2月14日、Yahoo!JAPANはYahoo!ディスプレイアドネットワーク(以下、YDN)にて、「動的ディスプレイ広告(Dynamic Ads for Display)」の提供開始を発表しました。

参考:新しいプロモーション広告 「動的ディスプレイ広告(Dynamic Ads for Display)」の提供を開始

なお、2019年2月現在では正規代理店経由でのみで出稿が可能となっています。

動的ディスプレイ広告とは

動的ディスプレイ広告を利用することで、広告主のサイトにおける各ユーザーの行動履歴に基づき、広告クリエイティブを自動生成し、サイト訪問者ごとにカスタマイズされた広告を表示することができます。

Google 広告の動的リマーケティングや、Criteoのダイナミックリターゲティング広告をイメージいただくと仕組みがわかりやすいですね。

配信先は、Yahoo!JAPANのトップページからスマートフォン版のタイムライン、Yahoo!ニュースやYahoo!天気、Yahoo!路線情報などの主要コンテンツなどWEB面のほか、各サービスのiOS・Androidアプリ面までをカバーしています。また、Yahoo!JAPAN以外の提携サイトへも配信がなされます。

動的ディスプレイ広告の仕組み

動的ディスプレイ広告の利用には以下の3点への対応が必要です。

  1. サイトリターゲティングタグをサイト内に設置し タグから訪問ユーザーの行動履歴を取得
  2. データフィード(商品リスト)の提供
  3. 専用のキャンペーンを作成

なお、キャンペーン作成には、プロモーション広告APIやバルク、キャンペーンエディターの利用はいまのところ非対応となっています。

※プロモーション広告API経由での広告入稿は次回の更新時に対応予定とのこと。

データフィードの提供方法に注意

動的ディスプレイ広告にはデータフィードが欠かせませんが、リリース時点ではデータフィードツール経由でのファイルのアップロードが必要となります。

また、フィードの内容についても以下の制限があり、他の媒体で同様のメニューを実施している場合でも個別に対応が必要なケースも出てきますので注意しましょう。

  • 1アカウント1フィードまでの連携
  • データフィード(商品リスト)の商品数は10件以上3万件以内
  • データフィード(商品リスト)ファイルの更新頻度は1日最大5回まで

広告管理ツールから直接のアップロードやFTPの利用などは2019年春頃を予定しているとのことで、期待したいところですね。

顕在層を捉えコンバージョン獲得効率の向上へ

参考:YDNで待望の「動的ディスプレイ広告」がリリース!顕在層へのアプローチを強化 – Yahoo! JAPANの最新マーケティング情報 (ページ内ダウンロード資料より抜粋)

リリース前の100社以上の広告主による効果検証においては、通常のYDNのリターゲティング広告と比較して、クリック率はPCで約5倍(スマートフォンで約2倍)、コンバージョン率はPCで約4倍(スマートフォンで約2倍)と高い効果が見られたそうです。

適切なタグの設置やパラメータ設計が重要

他の媒体同様に、適切なタグの設置やパラメータ設計が動的ディスプレイ広告の成否を分けるのには変わりないでしょう。媒体の仕様や広告主のサイトの構成などをあらかじめきちんと把握して取り組んでいきたいですね。

データフィードの直接アップロードもですが、商品個別の配信実績の確認などにはまだ非対応なところもあります。今後のアップデートにも引き続き期待していきたいです!

Shota Mochizuki

Shota Mochizuki

アナグラム株式会社 クルー。学生時代からマーケティングを学び、インターネット広告に興味を持つ。インターネット広告とマーケティングをより深く学びたいと思い、2017年9月からアナグラムへ参画。リスティング広告やSNS広告の運用を行っています。

最近書いた記事

カテゴリ

更新情報をお届けいたします!

メールアドレスを登録していただくだけで、あなたにおすすめの情報や更新情報をお届けいたします。ぜひご登録ください!アナグラムのブログ更新は公式Facebookページ、Twitterでも受け取れます。

  • メールアドレスと登録する
  • Facebookで更新情報を受け取るTwitterで更新情報を受け取る

関連記事