事業主が使える運用型広告の決済方法まとめ

事業主が使える運用型広告の決済方法まとめ

「広告アカウントを開設し広告を設定、いざ配信しようと思ったら広告配信が開始されない…」

そんな経験はありませんか?広告配信を開始するのに必要不可欠なのが支払い方法の設定です。しかし媒体ごとに利用できる決済方法や支払いのタイミングは異なっているため、迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は運用型広告の各媒体でどのような支払い方法や決済方法が使えるのかをまとめました。


支払い方法の種類

運用型広告の支払いパターンは大きく3種類に分けられます。

自動支払い 自動支払いはその名のとおり自動的にアカウントへの入金が行われるため、アカウント残高不足による広告の停止といった機会損失を防ぐことができます。
手動支払い 手動支払いは自身で任意のタイミングに入金する方法で、毎月の広告費の上限が決まっていて超過できない場合などに便利です。
請求書払い 請求書払いは決済方法の選択肢が多いことがメリットです。

媒体ごとに特徴があるので、1つずつ説明していきます。

Google 広告

支払い方法

Google 広告の支払い方法には次の2つがあります。

自動支払い 広告掲載後、最後の自動課金から30日が経過するか、または予め設定した金額(限度額)に達するかの、どちらかが先に発生した時点で自動的に課金されます。
毎月の請求書発行
(ご利用限度額)
発生した費用に対して毎月請求書が届き、請求された金額を小切手か銀行振込で支払います。

参考:ご利用可能なお支払い方法 – Google 広告 ヘルプ

なお、請求書での支払いを利用するためには以下の基本要件を満たす必要があります。

  • 会社を登録してから1年以上が経過していること
  • 有効なGoogle 広告アカウントを1年以上良好な状態で保有していること
  • 過去12ヵ月のうち、お支払額が50万円以上の月が3回以上あること

参考:Google 広告のお支払い設定について 毎月の請求書発行 – Google 広告 ヘルプ

なお、条件はこれらに限定されないため、Google 広告アカウント スペシャリストにお問い合わせいただくか、 以下のページからお申込みが可能です。

お支払い設定の変更 – Google 広告 ヘルプ

決済方法

Google 広告は4つの決済方法があります。

  • クレジットカードまたはデビットカード(VISA、Mastercard、JCB、American Express)
  • コンビニエンスストアまたはPay Easy(ペイジー)
  • 銀行振込
  • 毎月の請求書発行

参考:お支払い方法と利用規約の検索 – Google

自動支払いの場合は、どの決済方法を選択する場合でもクレジットカードの登録は必須です。

クレジットカードまたはデビットカード コンビニエンスストアまたはPay Easy 銀行振込 / 振替
自動支払い
毎月の請求書発行

GoogleでDinersのクレジットカードが使えないのはお偉いさん同士が喧嘩したからだとか、そういった逸話がありますね。

Yahoo!広告

支払い方法

検索広告、およびディスプレイ広告では、広告掲載前に入金を行う前払い方式でのお支払いが基本です。その他一部の広告代理店では「売掛取引」という後払い方式を選択できる場合もあります。

自動入金 クレジットカードでの支払い時のみ利用可能です。アカウント残高が減少した際に、あらかじめ指定した金額に消費税を加算した金額を自動的にクレジットカードから引き落とす方法です。アカウント残高不足による広告の配信停止を防ぐことができます。
自動入金
(月定額一括入金)
こちらもクレジットカードでの支払い時のみ利用可能です。毎月1日の1回のみ、自身で設定した金額を入金する方法です。広告料金が固定されていたり、広告費の使いすぎを防ぎたい場合におすすめです。
手動入金 アカウント残高を確認しながら必要に応じて自身で入金します。

手動入金の場合はアカウント残高がなくなった時点で広告の掲載もストップしてしまいます。継続的に広告配信を行う場合には自動入金でのお支払いを行うのがおすすめです。

決済方法

Yahoo!広告は2つの決済方法があります。

  • クレジットカード(VISA、Mastercard、American Express、JCB、Diners)
  • 銀行振込
クレジットカード 銀行振込
手動入金
自動入金 ×
自動入金
(月定額一括入金)
×

参考:お支払い方法と入金手順(銀行振込/クレジットカード) – Yahoo!広告ヘルプ

Facebook広告

支払い方法

Facebook広告の支払い方法には次の2つがあります。

自動決済 一定の金額(請求単位額 ※)を消費した際に自動的に請求が発生します。残りの広告費は毎月の請求日に請求されます。
手動決済 広告掲載前に広告費を入金する方法です。最大で1日に1回、残高から広告費が差し引かれ、残高がなくなった時点で広告配信が停止します。

自動決済から手動決済へ、またはその逆も、一度設定したあとは広告アカウントの支払い設定を変更できませんので、ご注意ください。

※請求単位額とは、請求までの間に広告で消化できる金額のことで、任意の金額を設定可能です。

参考:Facebook広告の支払いのタイミング | Facebook Businessヘルプセンター

決済方法

Facebook広告は3つの決済方法があります。

  • クレジットカードまたはクレジット機能付きデビットカード(VISA、Mastercard、American Express、JCB)
  • PayPal
  • オンライン銀行振込
クレジットカードまたはクレジット機能付きデビットカード PayPal オンライン銀行振込
自動決済 ×
手動決済 × ×

参考:Facebook広告で利用できる支払い方法 | Facebook Businessヘルプセンター

LINE広告

支払い方法

LINE広告の支払い方法には次の3つがあります。

自動決済 ご利用状況に応じて自動的に引き落とされます。また一定期間内にLINE広告側で定めた金額に達しない場合、最後の決済が行われてから20日後に決済が実行されます。
手動決済 自動決済の請求タイミングより以前に決済を行いたい場合は手動で決済を行うことができます。
請求書払い 過去3ヵ月間、毎月50万円以上出稿している、または請求書払い希望開始月から1ヵ月あたり50万円以上の出稿をお約束できる場合は請求書払いへの変更を依頼することが可能です。

※いずれかの条件に該当していても、請求書払いでの対応ができない場合もあります。

決済方法

LINE広告の決済方法はクレジットカードのみです。

  • クレジットカード(VISA、Mastercard、American Express、JCB、Diners)
クレジットカード
自動決済
手動決済
請求書払い

参考: ヘルプセンター 支払い管理 | LINE Ads

Twitter広告

支払い方法

Twitter広告の支払い方法は次の2つがあります。

自動支払い クレジット限度額を使い切ったタイミングで請求が発生します。クレジット限度額とは媒体側が設定した広告の停止までに使用できる金額です。クレジット限度額は自動的に増額されますが、自動的に増額される前に増額したい場合はサポートに問い合わせることで対応してもらえる可能性があります。
請求書払い
(IOリクエスト)
1ヵ月あたり50万円以上の出稿がある場合は、請求書払いを利用できる可能性があります。

※変更の申し込みには一定の条件と審査があるため、請求書払いでの対応ができない場合もあります。

決済方法

Twitter広告の決済方法はクレジットカードまたはデビットカードのみです。

  • クレジットカードまたはデビットカード(VISA、Mastercard、American Express、JCB、Discover、China Union Pay)

※JCB、Discover、China Union Payはクレジットカードのみ利用可能です。
クレジットカードまたはデビットカード
自動決済
請求書払い

参考:請求に関する基本事項 | Twitter

運用型広告で使えるクレジットカード一覧

各媒体で使用可能なクレジットカードの一覧は以下の通りです。

※横へスクロールしてご覧ください

VISA Mastercard American Express JCB Diners Discover China Union Pay
Google 広告 × × ×
Yahoo!広告 × ×
Facebook広告 × × ×
LINE広告 × ×
Twitter広告 ×

VISA、Mastercard、American Expressのいずれかであれば上記の媒体はすべて利用可能です。その中でも個人的におすすめなのはAmerican Expressです。

おすすめする理由については以下の3点です。

  • 利用頻度で上限額を早期に引き上げることができる柔軟性がある
  • 審査が比較的通りやすい
  • ポイントが溜まりやすく、メンバーシップ・リワード・プラスなどを活用すると交通費や出張費などと相殺しやすく利便性が高い

他にも適したクレジットカードはあるかもしれませんが、上記のような理由からAmerican Expressを使用している企業も多く、アナグラムでもメインカードとして利用していました。

終わりに

広告掲載を始めるときにはなかなか支払い方法や決済方法まで頭が回りませんよね。

せっかく広告配信を開始したのに残高不足による意図しない掲載停止などが発生し、機会損失を生まないためにも、それぞれの会社の状態に適した支払い方法をあらかじめ確認しておくのがおすすめです。

この記事のURLをコピーする
Nozomi Matsuda

Nozomi Matsuda

アナグラム株式会社 クルー。学生時代よりインターネット広告に興味を持ち、士業の集客支援を行う事業会社で広告運用を経験。クライアントワークから運用まで一気通貫して行える点に惹かれ、2020年4月からアナグラムに参画。

最近書いた記事