Facebook・Instagram広告のカスタムコンバージョン活用方法について

how-to-use-custom-conversion_header

2016年5月現在、Facebook広告(Instagram広告)において、Facebookピクセルと呼ばれる1種の広告タグ設置によって、オーディエンスリスト作成からコンバージョン計測までが可能です。今回は、新設されたカスタムコンバージョンの活用方法についてご紹介します。

※本記事の内容は2016年5月時点での仕様を元にしているため、仕様変更により内容が異なる可能性があることをご了承ください。

※2015年以前までのコンバージョン計測手段の1つであったコンバージョントラッキングピクセルについては、2016年下旬に廃止予定であるため、早いタイミングでFacebookピクセルへの利用切り替えをおすすめします。


カスタムコンバージョンとは?

カスタムコンバージョンとは、Facebookピクセル(旧カスタムオーディエンスピクセル)の設置によって、URL指定でコンバージョン設定とその成果確認が容易にでき、広告セットの最適化目標としても利用ができるものです。

Facebookのカスタムコンバージョンを使うと、Facebookピクセルのベースコードに何も追加しなくても、アクションに合わせた最適化や追跡を行うことができます。

引用元:カスタムコンバージョンとは何ですか。どのように使うのですか。

上記にあるように、基本的には全ページに同一のFacebookピクセルを設置することで利用できます。しかし、コンバージョン計測のために標準イベントコードを別途組み込む必要があるページ条件下の場合や、ダイナミックプロダクト広告を運用する場合などには、Facebookピクセルのベースコードに編集を加える必要があります。

参考:Facebookピクセルの実装ガイド

参考:Facebookピクセル: 新機能と変更点

カスタムコンバージョンを作成するための準備

カスタムコンバージョンの利用にあたり、Facebookピクセル(2015年以前のカスタムオーディエンスピクセル)のWEBサイトへ設置が必要です。以下にFacebook広告アカウントでのFacebookピクセル発行手順を記載します。
how-to-use-custom-conversion_01
広告アカウント内の①「ツール」タブ内の「ピクセル」をクリックし、「アクション」内の②「ピクセルコードを表示」をクリックします。

how-to-use-custom-conversion_02
表示されるポップアップ内、上図赤枠部のFacebookピクセルを対象のWEBサイトへ設置します。

カスタムコンバージョンの作成方法

次に、カスタムコンバージョンの作成手順について解説します。

how-to-use-custom-conversion_03
①「ツール」タブ内の「カスタムコンバージョン」をクリックし、②「カスタムコンバージョンを作成」をクリックすると、カスタムコンバージョンの作成画面が表示されます。③でコンバージョンルールを指定しますが、URL指定またはイベント指定のいずれかを選択します。(前述の標準イベントコードによるトラッキングを利用していなければ、URL指定を用います)URL指定の場合、③’「と」をクリックすることでAND条件で指定可能です。④でコンバージョンに最も適したカテゴリを選択します。最後に⑤「次へ」をクリックし、次の画面にてカスタムコンバージョン名とコンバージョン値を入力することで作成が完了します。

カスタムコンバージョンをレポート画面で確認するには?

作成したカスタムコンバージョンデータを広告アカウントのレポート画面で確認するためには、表示設定が必要です。

how-to-use-custom-conversion_04
広告アカウント内の「カスタム」→「列をカスタマイズ」の順にクリックします。

how-to-use-custom-conversion_05
左カラム「ウェブサイト」をクリックすることで、作成済みのカスタムコンバージョン指標を手っ取り早く見つけることができます。(「Cost Per ~」の指標も下方に同じく生成されています。 )レポート表示したいものを選択することでレポート表示が可能です。

その他 補足・注意点など

カスタムコンバージョンの利用にあたり、いくつか補足と注意点があります。

・カスタムコンバージョンはオーディエンスリストの扱いではない
そのため、広告セットのカスタムオーディエンスとしての指定(除外指定含む)や、類似オーディエンスのソースオーディエンスとしての指定ができません。コンバージョン者のターゲティング除外や類似オーディエンス作成をする場合には、別途該当の条件でカスタムオーディエンスリストを作成する必要があります。

・広告単位でコンバージョントラッキング設定がされていないと、コンバージョン計測がされない
how-to-use-custom-conversion_06
広告の編集画面にある「ピクセルトラッキング」の項目で、「Facebookピクセルで全てのコンバージョンをトラッキング」を指定することで、作成済みのカスタムコンバージョン計測がされますので確認が必要です。(特定のカスタムコンバージョンのみ計測、といった設定はできません。)

※以下記事にてコンバージョン計測の詳細についても紹介しています。
参考:Facebook広告のコンバージョン計測の仕組みについて

まとめ

カスタムコンバージョンの導入によって、複数のコンバージョン計測や確認・最適化の指定が、従来の手法と比べて本当に柔軟かつ容易になりました。コンバージョンポイントの新たな設定や、最適化対象の変更のハードルも低くなっていますので、ぜひご活用して広告運用にお役立てくださいませ。

3-useful-functions-with-linking-google-analytics-and-adwords_footer

Yuhka Suzuki

Yuhka Suzuki

アナグラム株式会社 ソーシャルエキスパート。 学生時からSEMに惹かれ、運用型広告を扱う企業にて多様なビジネスのコンサルティングを経験。運用型広告を通してより深くマーケティングに向き合いたいと考え、2014年からアナグラムに在籍。現在はリスティング広告だけでなく、ソーシャルメディアの広告運用やプランニングをメインに行っている。