Google広告「分析情報(インサイト)」とは?使い方から活用方法まで

Google広告「分析情報(インサイト)」とは?使い方から活用方法まで

広告運用者は自分の担当案件の業界がどのように世間から興味を引いているのか、新しいニュースはどういったものがあるのかを常に気にするのも仕事のひとつですよね。常に最新の情報を捉えるにはいくつかの方法があると思いますが、Googleが検索トレンドに関連する機能を広告管理画面へ追加しました。

Google広告の分析情報(インサイト)とは

広告管理画面から「分析情報(インサイト)」を開くことで確認ができます。

ページにはGoogle全体で行われた検索を元に、広告アカウントの情報に合わせて表示されます。このページに表示される情報は毎日更新されますので、新しいインサイトを確認することで新しいキーワードのヒントやビジネスのヒントをこちらから手に入れることが可能です。

現在確認できるものは「検索トレンド」となっており、以下の2種となっております。

  • 広告を掲載している内容のトレンド
  • お客様のビジネスに対して推奨されるトレンド

インサイトページはまだベータ版のため、新しいインサイトが追加される可能性があります。

ただし、以下の条件に当てはまる場合は「分析情報(インサイト)」を確認することはできません。

  • アカウントに検索キャンペーンまたはショッピング キャンペーンがない
  • 広告でトラフィックが発生していない
  • 広告掲載が始まったばかりである
  • お客様のビジネスに関連するカテゴリで、特に話題になっているものがない

もし検索やショッピング広告を利用していて表示されていない場合は、広告掲載を続け定期的にアカウントを確認してみましょう。

検索トレンドの内容

分析情報のページにはアカウント内の情報に関連するトレンドが複数表示されます。また、ビジネスの内容によってここで表示されているトレンドの数や内容は変わります。例えば以下の画像では、人材系のアカウントですが前週比で人材系の関連するキーワードが伸びているためにトレンドとして取り上げられています。週単位での検索数増減、主なキーワードやグラフが一覧で表示されています。


基本は概要形式というタイル状に掲載されており、右上の「表」を選択することでまとめて確認することも可能です。


表形式では提案されたトレンドをまとめて確認することができ、それぞれのトレンドのボリュームを比較することでインパクトの大きいトレンドを相対的に確認することが可能になります。表示されているトレンドの関連性と検索ボリュームの増減をグラフで確認し、どのトレンドに注目すればいいのかを確認して配信するキャンペーンへ反映するかどうかの判断をすることができるのが表形式のメリットです。

ピックアップされているトレンドの詳細を確認すると、一部は最適化案と連動しているものもあり、スコアや適用のボタンも表示されています。

地域別の変化も確認することが可能なので、地域に関連するビジネスの場合は都道府県レベルか市区町村・都市レベルで確認できるためこちらも抑えておいたほうがよいでしょう。


また、「広告を掲載しているトレンド」の場合では、クリック数変化の確認や、検索インタレストに対して実際のクリック数がどの程度あったのかをグラフで確認することもできます。


現在どの程度機会損失が発生していたのかがこのグラフから読み取れますので、「検索広告のインプレッションシェア(ランク)」や「検索広告のインプレッションシェア(予算)」を確認し、意図通りの配信にできているかを確認すると良いでしょう。

分析情報(インサイト)の活用方法

今ホットなキーワードがこのトレンドからわかりますので、広告運用にどんどん活用していきましょう。アイデア次第で様々な方法が試せると思いますが、以下などはキーワードやトレンドのジャンルを確認してすぐ実施できそうです。

  • トレンドで表示されたキーワードへ検索広告を掲載
  • トレンド内容に合わせてショッピング広告の入札を変更
  • トレンドで表示されたキーワードをコンテンツターゲットのキーワード設定に使用する
  • トレンドに類するオーディエンスを検索キャンペーン、ディスプレイ広告で配信

最後に

日々の業務の中で担当する案件の情報の確認はチェックしていても、どうしても全てに目を通すことが難しいタイミングがあるかもしれません。その場合はGoogle広告の管理画面を確認し、どういったキーワードが直近で伸びているかを確認するだけでもなにか発見があるかもしれませんね。

そして、クライアントのマーケティング担当者にサービスに関連するトレンドをアイスブレイクなどでお伝えすることでも喜んでいただけるかもしれません。ぜひ一度配信しているアカウントの分析情報を確認してみてください。

この記事のURLをコピーする
Yuya Yamada

Yuya Yamada

アナグラム株式会社 クルー。実演販売で雑貨などの販売経験から飲食店向けにWebサイトの代理店販売を行う営業会社へ就職後、その会社でオウンドメディア立ち上げのスタートアップにアナリスト兼プロモーション担当として参画。その際にWeb広告に触れ、集客の難しさや奥深さを実感し、もっと運用型広告を学べる環境で自分のスキルを高めたい気持ちからアナグラムへ入社。人狼ゲームでいかに生き残るかをいつも考えています。

最近書いた記事