運用型広告で使える、動画広告フォーマットと入稿規定まとめ

運用型広告で使える、動画広告フォーマットと入稿規定まとめ

広告配信に動画、活用していますか?

流行に敏感な広告運用者ならば、実施を検討したことは何度もあるはず。とはいえ、いざ媒体資料やヘルプページを開いてみると複雑な入稿規定に圧倒され、資料やヘルプをそっと閉じ、「動画広告やりましょう!」とクライアントに言い出せないままの方、いませんか?

日本では2020年春から5Gネットワークの本格稼働が予定されており*1、これに呼応するように、オンラインの動画広告市場規模がさらに拡大していくことが予想されています*2。また運用型広告プラットフォーム側も、従来型のブランディング向け動画広告フォーマットだけでなく、よりダイレクトレスポンス狙いにフィットする動画広告フォーマットを投入してきており*3、活用の幅も広がっています。

すなわち運用型広告を通じて広告主の利益を最大化するためには、もはや動画アセットを食わず嫌いしているのは時代遅れ、という情勢になりつつあるのです。(もちろん、クライアントの業態やビジネスのフェイズによっては、動画広告を投入すべきでないということは有りえます。)

本記事では、皆様が少しでも動画広告実施に前向きになれるよう、まずは動画素材は入稿規定が複雑なのかを確認した後、運用型広告の主要プラットフォームにおける動画素材の入稿規定をまとめます。いわゆるカンニングペーパー的な使い方をしていただければ幸いです。

参考1:20年春5G開始 ドコモ・KDDI、5年内で全国9割に

参考2:サイバーエージェント、2018年国内動画広告の市場調査を実施

参考3:

Google、ユーザーにアクションを促す動画広告「TrueView アクション(TrueView for action)」

アウトストリーム動画広告のクリエイティブフォーマットを提供-Yahoo! JAPANが提唱する「Video for Action」

動画素材の入稿規定はなぜ雑多なのか?

静止画ファイルの広告素材であれば、大まかには解像度・容量・ファイル形式・文字領域の占有率などを守っていれば、あとは枠線を足すなどの微調整で入稿自体はできます。一方、動画ファイルは「動画+音声」の構成になっているため、規定項目そのものが多く、静止画よりも複雑な見た目になっています。まずは、これらの規定項目や関連する用語をかんたんにまとめます。

用語 意味
コーデック ファイル圧縮・展開の形式。動画と音声それぞれに設定が必要。
コンテナ 動画と音声の格納形式。拡張子で判別可能。
動画容量(動画サイズ) 動画のデータサイズ。〇〇MB、▲▲KBなど。
解像度 動画の画素数。入稿規定では横×縦のピクセル数(例:1080×1080)や縦横比(例:16:9。アスペクト比とも)
または縦横比と縦のピクセル数の組み合わせ(例:16:9の1080p)で指定される。
動画長 動画再生時間。秒や分、時間で指定される。
フレームレート 単位fps(フレーム・パー・セカンズ)。動画(アニメーション)に含まれる1秒あたりのコマ数。
ビットレート 単位bps(ビット・パー・セカンズ)1秒あたりに音声データ・動画データがどれくらい詰め込まれているかの指標。
エンコード 動画データと音声データを1つのファイル(コンテナ)にまとめること。

【媒体別】動画広告入稿規定  [随時更新]

それではおもな運用型広告の媒体ごとに動画広告の入稿規定をみていきましょう。

Google 広告(YouTube動画広告含む)

Google 広告で使用する動画の指定は、大きく分けて2つのやり方があり、主に用いられるのはYouTubeの動画URLを入力して指定する方法です。(もう1つは、広告管理画面にGIFアニメーションをアップロードする方法ですが、矩形や配信面が限定されることや音声が載せられないという事情もあり、本記事では取り上げません。)

なお、アップロードした動画は、YouTube上で動画のプライバシー設定を非公開設定ではなく「公開」または「限定公開」にしておく必要があります。

参考:動画のプライバシー設定を変更する

媒体側での推奨規格は以下のとおりです。YouTubeではアップロードされた動画は、媒体の仕様に合わせて変換されるため、動画の規格面はかなり柔軟性があり、いずれもあくまで推奨の設定という位置づけです。

【共通】

※横へスクロールしてご覧ください

コンテナ

音声コーデック

動画コーデック

フレームレート

映像ビットレート

音声ビットレート

解像度

推奨:MP4

推奨:AAC-LC

推奨:H.264

推奨:30fps

推奨:5Mbps

(720pの場合)

モノラル128 kbps

ステレオ384 kbps

推奨:720p以上

参考:アップロードする動画におすすめのエンコード設定

コーデックなどの細かい規定は、YouTubeにアップロードできた時点でクリアできているため、あとは動画長や解像度・アスペクト比が各フォーマットに対応しているかをチェックすればOKです。各フォーマットの推奨動画長および推奨アスペクト比・解像度は下表を参照してください。

【フォーマット別】

※横へスクロールしてご覧ください

フォーマット

スキップ可能なインストリーム広告

スキップ不可のインストリーム広告

TrueView  ディスカバリー広告

アウトストリーム広告

バンパー広告

レスポンシブディスプレイ広告

(動画アセット)

推奨:動画長

12秒~3分

6~15秒

任意

6~15秒

6秒以下

30秒以下

アスペクト比または解像度

16:9~9:16に収まるサイズ

16:9~9:16に収まるサイズ

推奨:640×360(16:9)

または 480×360(4:3)

16:9~9:16に収まるサイズ

16:9~9:16に収まるサイズ

推奨:

16:9

1:1

4:3

9:16

参考:動画のアップロード

参考:動画広告フォーマットの概要

参考:レスポンシブディスプレイ広告を作成する

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)

YouTube広告とは異なり、動画素材を直接、広告配信管理画面からアップロードする必要があります。

※横へスクロールしてご覧ください

フォーマット

コンテナ

音声コーデック

動画コーデック

フレームレート

映像ビットレート

音声ビットレート

アスペクト比と解像度

動画長

動画容量

レスポンシブ動画

MP4

AAC-LC

H.264

インターレース不可

最大30fps

1Mbps以上

128kbps以上

16:9(640×360以上)

1:1(600×600以上)

5秒以上

60秒以下

最大200MB

PCブランパネル動画

※ファイルは入稿時に配信用サイズに圧縮されます。また、ピクセルサイズが最小ピクセルサイズを超える場合は、圧縮と同時にリサイズされます。

参考:動画 広告仕様

Facebook / Instagram広告

Facebook、Instagram広告でも、動画素材は広告配信管理画面に直接アップロードが必要です。また、Facebook 、Instagram広告は配信面が多岐にわたり、フォーマットも多彩なため、動画のアスペクト比や動画長について、複雑な仕様になっています。一方でフレームレートや映像ビットレートの規定は公式ヘルプに記載がなく、規格面における素材の準備しづらさは緩和されています。

【共通】

※横へスクロールしてご覧ください

コンテナ

音声コーデック

動画コーデック

フレームレート

映像ビットレート

音声ビットレート

推奨:MP4

推奨:ステレオAAC

推奨:H.264

規定なし

規定なし

推奨:128 kbps以上

【配信面別】

※横へスクロールしてご覧ください

 

Facebook

Instagram

Audience Network

配信面

フィード・インスタント記事・

Marketplace・Video Feeds

インストリーム動画・

プレイアブル広告

ストーリーズ

検索結果

フィード・発見タブ

ストーリーズ

ネイティブ・バナー・

インタースティシャル

インストリーム

推奨アスペクト比

16:9

1:1

4:5

2:3

9:16

16:9

1:1

4:5

2:3

9:16

16:9

1:1

4:5

2:3

9:16

1:1

16:9

1:1

4:5

16:9

1:1

4:5

9:16

16:9

1:1

4:5

2:3

9:16

16:9

1:1

動画長

1秒~

240分

5秒~

15秒

1秒~

120秒

1秒~

240分

1秒~

120秒

1秒~

120秒

1秒~

120秒

10~120秒

動画容量

最大4GB

最大4GB

最大4GB

最大4GB

最大30MB

最大30MB

最大4GB

最大4GB

最小の縦幅

120px

120px

500px

最小の横幅

120px

120px

500px

500px

500px

※動画サムネイル画像の20%以上をテキストが占めると配信量が制限されるため注意が必要

参考:

動画広告要件

Facebook広告ガイド 動画

Twitter広告

Twitter広告でも動画素材は広告配信管理画面またはツイート作成画面に直接アップロードが必要です。

※横へスクロールしてご覧ください

フォーマット

コンテナ

音声コーデック

動画コーデック

フレームレート

映像ビットレート

音声ビットレート

アスペクト比と解像度

動画長

動画容量

プロモビデオ

MP4 または MOV

AAC-LC

ステレオ

4:2:0の色空間に対応する

H.264

ベースラインプロファイル

メインプロファイル

ハイプロファイル

30fps

推奨:1080pで6Mbps

720pで5Mbps

記載なし

720x1280 (9:16)

1280×720 (16:9)

720x 720 (1:1)

最140秒

最大1GB

ビデオアプリカード

29.97fps または 30fps

16:9または1:1(360p以上)

最140秒

ビデオウェブサイトカード

記載なし

4:2:0の色空間に対応する

H.264

ベースラインプロファイ

推奨:1200×1200(1:1)

最小:600×600

入稿自体は2:1~1:1なら可能だが、トリミングされる可能性有り

記載なし

参考:Twitter広告で使える各クリエイティブの特徴

LINE Ads Platform

LINE Ads Platformにおいても、動画素材は広告配信管理画面に直接アップロードが必要です。

※横へスクロールしてご覧ください

コンテナ

音声コーデック

動画コーデック

フレームレート

映像ビットレート

音声ビットレート

アスペクト比と解像度

動画長

動画容量

MP4

AAC

H.264メイン/ハイプロファイル

最大:30fps

最大:8Mbps

128kbps以上

モノラルまたはステレオ

16:9 (240×135~1920×1080)

1:1 (600×600~1280×1280)

9:16 (125×240~1080×1920)

5秒以上

120秒

以下

最大:100MB

参考:LINE Ads Platform媒体資料(2019年10-12月)

まずどのような規格の動画を準備すればいい?

以上、5媒体での規定を羅列してきましたが、眺めているだけで頭が痛くなってきたのではないでしょうか。各プラットフォームごとにそれぞれの思惑があり、規定があるのはわかります。しかしこれらを利用する運用者の立場からすれば、大変困った状況であるのはおわかりいただけたかと思います。

結局の所、私たちが知りたいのは「どのような規格の動画を準備すればよいのか?」という1点です。そこで各媒体の最大公約数的な規定を抽出しました。

※横へスクロールしてご覧ください

コンテナ

音声コーデック

動画コーデック

フレームレート

映像ビットレート

音声ビットレート

アスペクト比と解像度

動画長

動画容量

MP4

AAC

H.264

30fps

5Mbps

128kbps

16:9(1280×720)

1:1(720×720)

15秒

30MB以内

アスペクト比に関しては、可能ならば1:1もあわせて準備するのがベターだと考えていますが、難しければ16:9のみでも問題ありません。まだ動画素材の用意もなく、どういった規格の動画がよいのか分からないという方は、まずはここから始めてみるのがおすすめです。

配信先や目的が明確ならそれに合わせた規格を優先しよう

ただし、プラットフォームや配信面ごとに適切なクリエイティブの傾向は異なるため、あくまで上記は規格面の最大公約数です。一歩先へいくためには、広告投入の目的や狙いを反映し、かつ配信面に合う規格の動画を準備する必要があります。

たとえば若年層女性へのリーチを狙ってInstagramストーリーズ面への動画配信をするのであれば、縦向きの画面いっぱいに表示されるよう縦横比が9:16の動画は最優先で準備すべきです。一方、法人向けの商材であればPCへの広告配信の重要性が高いため、横長の16:9をまずは準備するべきでしょう。

商品やサービスを認知してもらうのが目的なら短い動画も効果的ですが、深く理解してもらいユーザーに行動を起こしてもらうのが目的なのであれば、長尺の動画でベネフィットを強く印象づけるような動画を投入すると効果が高い可能性があります。

このように、対象となるビジネスや広告配信の目的に応じて、どのような規格の動画を優先して準備すべきかの前提は異なってきますよね。動画制作のリソースはほどんどの局面で有限なため、取捨選択の選球眼も、運用者の腕の見せどころになってくると筆者は考えています。

まとめ

静止画広告で可能なターゲティングは動画広告にもほぼ転用可能ですし、最近はFacebookの動画作成キットや、静止画の組み合わせで容易に動画を作成できるRICHIKAといった、手軽な動画作成ツールも充実してきています。また、動画は1広告あたりの情報量が静止画のそれと比較しても高密度に搭載できるフォーマットですから、うまく活用すれば届けるべき人に適切なメッセージを、より印象に残る形で伝えることもできます。

この記事を参考に、これからさらなる成果を上げていくための動画広告投入をご検討いただければ幸いです。

この記事のURLをコピーする
Kosuke Matsuo

Kosuke Matsuo

アナグラム株式会社 クルー。学習塾と大学受験予備校の講師や運営を経た後、予備校よりも面白そうという理由により,前職のWeb広告代理店に転職。そこでDSP広告・SNS広告・リスティング広告の運用・コンサルティングを経験し、さらなる成長の機会を求めるため2019年よりアナグラムに参画。良質なコーヒー豆の探索と,気分や豆に合わせた道具を使って抽出することが好き。

最近書いた記事

カテゴリ

更新情報をお届けいたします!

メールアドレスを登録していただくだけで、あなたにおすすめの情報や更新情報をお届けいたします。ぜひご登録ください!アナグラムのブログ更新は公式Facebookページ、Twitterでも受け取れます。

  • メールアドレスと登録する
  • Facebookで更新情報を受け取るTwitterで更新情報を受け取る

関連記事