【いくら必要?】リスティング広告をはじめるのに必要な費用・予算

【いくら必要?】リスティング広告をはじめるのに必要な費用・予算

いざリスティング広告をはじめようと思っても、いくらぐらい費用を用意すればいいのか、なかなか分かりませんよね。いくら自由に予算を設定できるとはいっても、「費用の目安はどれくらいなのか」「その費用は妥当なのだろうか」と、初心者なら誰しもが悩むことがあると思います。

今回は、これからリスティング広告をはじめるときに、どれくらい費用を用意しておくのがいいのか、予算の目安の立て方を分かりやすく解説します。

「リスティング広告ってなにができるの?」については以下の記事をご覧ください。
【わかりやすい】リスティング広告とは?費用や運用に必要な基礎を解説

リスティング広告の費用の相場は?

リスティング広告を始める際、一概には言えませんが、30万円前後が広告費用の目安といわれることもあります。広告代理店でも、このあたりを広告運用代行の最低お申込み金額としているケースが多いようです。

ただし、成果の数値をリアルタイムで確認しつつ、すぐに変更を反映できるリスティング広告の場合は、予算ありきで広告プランを決めてしまうのは、あまりおすすめできません。

では何から決めるのがよいのでしょうか?リスティング広告の費用を決めるために抑えておきたいポイントを見ていきましょう。

リスティング広告の費用の決め方

リスティング広告の費用を決める際には次の2つの方法を抑えておくと、迷うことなく導き出すことができます。

はじめてリスティング広告に取り組む場合だけでなく、広告予算の増額を検討する際にも役に立ちますので、ぜひチェックしてみてください。

1. 獲得したい成果の目標から決める

目標とするCPA(コンバージョン単価)やコンバージョン数が明確なのであれば、予算は次の式で自ずと求められます。

目標CPAと目標コンバージョン数から広告費を算出

目標CPA(コンバージョンを1件獲得するのに必要な費用)に関しては、粗利などから逆算し、仮で設定してみると良いでしょう。

ビジネスモデルやビジネスのフェーズなどによっても設定の方法が変わってきます。目標CPAの求め方については以下の記事をご参考ください。

参考:もう迷わない、適正なリスティング広告の予算とCPAの決め方

2. クリック単価の相場から決める

リスティング広告は、広告がクリック毎に費用が掛かる「クリック課金制」の広告です。クリックあたりの金額の相場は、広告したい商品やサービス、市場規模によってもさまざまであるため、相場が高いほど多くの広告費用が必要となってくるケースが多いです。同じクリック数を得るためでも平均クリック単価が高ければその分、必要な広告予算は高くなります。

指定したキーワードを出稿する場合にどの程度のクリック単価になるのか、Googleの提供するキーワードプランナーを使うと簡単に調べることができます。

参考:Google キーワードプランナー

Google キーワードプランナーで見積もる

許容できるクリック単価をキーワードプランナー(上図,赤枠:上限クリック単価)に入力すると、そのクリック単価の範囲でどの程度を費用の目安とすればいいのかを見積もります。

どのくらいのクリック単価まで許容できる?

では、いったいどのくらいのクリック単価まで許容ができるのでしょうか。目標CPAと想定されるコンバージョン率を定めることで算出できます。

たとえば目標CPAは10,000円でコンバージョン率が1%と仮定した場合、許容できるクリック単価の上限価格は100円となります。

コンバージョン数が十分か検討しよう

仮にコンバージョン単価の目標をクリアできそうであっても、成果となるコンバージョンの数が想定に届かないようであれば期待した結果は得られませんよね。

想定しているボリューム感と大きくズレているようであれば、上限クリック単価を引き上げる(目標CPAを引き上げる)や、新しいキーワードの追加などの検討が必要です。

予算は増やしたくないけれどコンバージョンは多く取りたい、という場合には目標CPAの見直しやコンバージョン率を上げる余地がないか検討してみます。

それでも心配な場合にやるべき1つのこと

これらの方法から、希望の効果が得られた場合の費用の目安はおおよそつけることができます。ただ、はじめて取り組むので、「ほんとに効果が出るの?」「効果がなかった場合、お金だけ出ていくのが怖い」という心配もありますよね。そんなときのために、できる限りリスクを最小にスタートする方法をご紹介します。

撤退ラインをあらかじめ決めておく

仮にCPAが高騰したりコンバージョンが獲得できなかったときのために、「これ以上のCPA(あるいは費用)は許容できない」という撤退するラインを決めておきましょう。成果がでないままズルズル広告配信を続けるというリスクを回避できます。

はじめてリスティング広告に取り組む場合では、最初から上手くいくケースは稀でしょう。一旦流れを止めて、広告の掲載結果が得られるデータを参考に次なる仮設を立てて、再度チャレンジしていくことが成功の確率を高めることにも繋がります。

リスティング広告の費用は柔軟に考えることが重要

ここまで読んできた方であれば、リスティング広告費用の目安を考えることができ、貴重な予算をムダにすることない範囲からはじめられるはずです。

順調なスタートが切れたら、リスティング広告の成果が想定よりもよかったときのことも考えておきましょう。リスティング広告はいつでも自由に予算の設定ができるため、調子が良ければ予算を追加することで、より大きな成果を得られます。調子が良いのに予算がないのでは、せっかくの機会を逃すことになってしまいます。

うまくいったパターンも考えて、リスティング広告の費用は柔軟に用意できると、さらに成功の確率を挙げられるでしょう。

この記事のURLをコピーする
Yu Yoshioka

Yu Yoshioka

アナグラム株式会社 クルー。佐賀県出身。サービス業にてマネジメントを経験後、吹っ切れる。総合インターネット企業にてECサイトを中心とした運用型広告の運用に従事。より幅広く、奥深く学びたいという気持ちから2017年よりアナグラムへ参画。

最近書いた記事

カテゴリ

更新情報をお届けいたします!

メールアドレスを登録していただくだけで、あなたにおすすめの情報や更新情報をお届けいたします。ぜひご登録ください!アナグラムのブログ更新は公式Facebookページ、Twitterでも受け取れます。

  • メールアドレスと登録する
  • Facebookで更新情報を受け取るTwitterで更新情報を受け取る

関連記事