私たちの会社やサービスに愛を持って取り組んでくれる信頼できるパートナー

セーフィー株式会社(safie)
インターネットを介して、簡単に利用できる防犯カメラのサービスを提供しているセーフィー株式会社さま。マーケティング・営業と広範囲を管掌するCMOの小室さまがウェブマーケティングを拡大するフェーズで弊社へご依頼頂いた経緯や、お取り組みについてお話を伺いました。

話し手:セーフィー株式会社
CMO 小室 秀明さま

聞き手:アナグラム株式会社
斉藤 駿平(筆者)

※このインタビューは2019年6月に行われました。
ー まずは、御社のサービス内容を改めてお聞かせください。

小室(セーフィー):
クラウド録画カメラサービスを扱っております。『映像から未来をつくる』をビジョンにかかげIoT、クラウド、画像処理技術を使い、誰もが手軽に使える防犯・見守りサービスをハードウェアメーカとともに、提供しています。

知識のない中でインハウスに限界を感じてプロに依頼

ー 弊社にご依頼頂く前の課題感は?

小室(セーフィー):
「予算を掛けてもコンバージョン数が増えずCPAが高騰している」という課題がありました。

私とインターン生の2名体制でリスティング広告をインハウスで運用していました。リスティング広告の専門知識が無かった為、お互い勉強しながらやっていたのですが、どうしても成果が上がらず苦しい状況でした。

そんな中、信頼しているパートナー企業から「リスティング広告ならアナグラムがいいよ」とご紹介頂いたこともあり、プロに任せることにしました。

ー 実際に運用が開始してからの印象はいかがでしたか?

小室(セーフィー):
見事に裏切られました!本当に良いギャップで、びっくりしました。リスティング広告に詳しくなかったので成果が出るか不安もありましたが、みるみるコンバージョン数が増え、CPAも改善して嬉しかったです。委託する前は目標を大きく上回っていたCPAも今では大幅に良いCPAを達成しています。

サービスへの愛が資料からも伝わるので信頼しています

ー お取り組み中の印象的な出来事などありますか?

小室(セーフィー):
毎月の定例会資料でセーフィーのキャラクターで一言くれることですね。


斉藤(アナグラム):
え!?そこですか?

小室(セーフィー):
もちろん成果を上げてくれるのも嬉しいですが、ここに担当者である斉藤さんからセーフィーに対する愛が伝わってきて好きです。広告以外のどんなパートナーさまでも、やはり私たちの会社やサービスに愛を持ってくださるパートナーさまとは上手く行っていますね。

斉藤(アナグラム):
アナグラムは基本的に担当者がやりたいと思った依頼に挙手して対応させて頂く文化なので、クライアントさまのサービスのことが人一倍大好きですし、熱意も高いんです。

小室(セーフィー):
普段のやりとりからも、うちのサービスも会社の事も好きでいてくれていることが分かっていたので信頼していますし、提案に関しても信じてお任せしています。与件だけで運用するのではなく経営方針や市場動向含めて俯瞰的に相談に乗ってくれているのがありがたいです。

先日も御社の売上に繋がらない純広告の提案をしていただいたりと、委託している業務範囲以上の部分を見てくれるのも頼もしいポイントですね。

斉藤(アナグラム):
アナグラムが管轄する運用型広告以外でも、広告主さまの商材やサービスと相性の良さそうな媒体や施策があれば、随時ご提案させて頂いています!

小室(セーフィー):
元々、ウェブマーケティングでどこまで伸ばせるか、そのポテンシャルを知りたかったんです。この一年でしっかりと目標CPAを守り拡大することができ、現状のサービス・見せ方での閾値が分かったのも良かったです。今後どこに投資していくべきなのか、適切な予算の可視化ができ経営判断に必要なデータがクリアになったので次のステップに進むことができます。

ウェブでの獲得が難しいと思っていた市場へのアプローチも成功

小室(セーフィー):
現在提供している全てのサービスは御社に委託していますが、元々は屋内用の防犯カメラだけ委託していました。建設現場向けの防犯・監視カメラもあるのですが、建設向けの商材はウェブで問い合わせを獲得出来るイメージが無かったから出稿してなかったんですね。

ただ、本当に獲得できないのかハッキリさせたい気持ちもありテストマーケティングで建設向けの商材も広告運用を委託しました。フタを開けてみたら「達成出来たらいいけど厳しいかな」と仮置きしていた目標コンバージョン数やCPAを大幅に超えて達成することが出来ました。これはうれしい誤算でしたね。

斉藤(アナグラム):
そうですね。建設業界はまだまだIT化が進んでいない領域ではありますが、サービスは間違いなく魅力的なので、必要としているであろうユーザーに上手くアプローチできれば必ず顧客になって頂けると考えて取り組ませていただきました。

ー 今後の事業展望やアナグラムに期待していることを教えてください

小室(セーフィー):防犯だけではなく、映像を解析して他の課題解決を提供したいと考えています。店舗の人数カウントやユーザー属性把握、出退勤管理など。『防犯カメラ』だけではなくソリューション軸で世の中の課題を解決して行きたいと考えています。そのフェーズでどうマーケティングしていくか、チャレンジングな領域なのでアナグラムに期待しています。


Voice Of AdOps担当者の声

創業わずかながらクラウド防犯カメラという市場で既にトップクラスのシェアを誇るセーフィー株式会社さま。まだまだ事業拡大中のサービスに携わることが出来て、いつもワクワクさせて頂いています。常にプロダクトが改良され続け、良いアピールポイントばかりなので逆に何を訴求すべきか贅沢な悩みもさせて頂いています。

セーフィーで解決しているお客様の課題や、想定していなかった問い合わせ内容など、実際のお客様の声を密に共有して頂け、広告運用に活かしていける環境はとても有難いです。

今後も二人三脚で新しい市場に挑戦していきたいと思います。


セーフィー株式会社(Safie Inc):https://safie.link/
工事がいらないクラウド防犯カメラ:https://safie.link/campaign/smart-security4/