【商用利用可】SNSや広告、セミナー動画で活用できる動画素材サイト9選

【商用利用可】SNSや広告、セミナー動画で活用できる動画素材サイト9選

写真素材のサイトといえば、Adobe StockやPixtaなど広く知られているサイトが多く存在します。しかし、動画素材はどうやって探せばよいかわからない……という方も多いのではないでしょうか。

ビジネスで動画を活用するのは、以下のような場面です。

  • 自社サイトに載せる商品・サービスの紹介動画
  • 広告やSNS投稿用の動画
  • セミナー内で使う動画
  • 社員教育用の動画  など
  • こういった動画を制作する際、必要な映像をすべて自前で用意するのは大変です。たとえば「都会の街並み」や「犬が走っている様子」などちょっとしたカットであれば、動画素材を使うことで手間や時間を削減できます。

    今回はビジネス用の動画を制作したい方に向けて、商用利用可能なおすすめの動画素材サイトをご紹介します。(※2023年7月時点で商用利用可能)

    動画素材サイトの選び方

    「動画素材サイト」で検索するとたくさんのサイトが出てきますが、実際に利用する前にいくつか注意しておきたいポイントがあります。

    商用利用の可否

    基本的に画像や動画には著作権が存在し、無許可で商標利用や無断転載を行うと罰せられる可能性があります。無料で利用できるフリー素材でも同じで、「商標利用ができるか」「クレジットの記載は必要か」など、サイトによって利用規約は異なります。

    ちなみに商用利用の定義は「利用者が自分の利益を得る目的で営利目的で利用すること。」とされており、具体的には以下のようなケースが該当します。

    • 素材を使って商品を開発・販売する
    • プレゼンや提案資料の挿絵としてとして使用する
    • 広告収入が得られる動画やブログなどに使用する
    • チラシやパンフレットなどに使用する

    素材をダウンロードする前に、利用規約をしっかりと確認しておきましょう。

    ロイヤリティのライセンス料

    商用利用という言葉とセットで、「ロイヤリティ」という言葉も利用規約内に書いてあることが多いです。ロイヤリティとは、対象物の権利を利用するために、権利所有者に支払う対価のことを指します。

    昔は1回使用される度に使用の許諾をとり使用料金を支払う「ライツマネージド」というライセンスの形式が多かったのですが、ここ最近では一度使用許諾を取得するとその後の使用料は支払いが発生しない「ロイヤリティフリー」と呼ばれる形式が増えてきました。

    使用する素材がライツマネージドの場合は使用のたびに手続きが必要となってきますので、よっぽど素材の選択肢に困ることがなければ、ロイヤリティーフリーの素材を選ぶ方が買い切りで使用できるのでおすすめです。

    料金体系

    動画素材には無料のものと有料のものがあります。しかし、無料と記載されていても作成者への謝辞として帰属表示が必要な場合や、動画素材サイトのロゴを載せる必要がある場合などがあるため、無料と書かれていても、必ず利用規約を読んで使い方を確認しましょう。

    有料の場合は、買い切りと定額制の2種類あります。

    買い切り:1本単位で決まった価格で購入するプランです

    定額制:「月何本までならいくら」と数で決まるパターンと、期間中ダウンロードし放題パターンがあります

    動画素材の数

    素材が豊富なサイトであれば、探している映像も見つけやすいです。ただ、素材数が多くても、クオリティが低かったり、使い道が限られている素材ばかり……といったこともあります。素材数だけでサイトを選ぶのではなく、探している目的の素材があるかどうかも要チェックです。

    動画のクオリティ

    フリーの動画素材は、有料の素材と比べると解像度や画質が低いものもあります。同じサイト内でも、素材によってはクオリティにムラがあることも少なくありません。サンプルなどで動画の品質をしっかりとチェックしてから、ダウンロードしましょう。

    解像度

    解像度は動画素材のサイズのことで、基本的に1920×1080pxのフルHDサイズというサイズがおすすめです。3840px×2160pxと高画質の4K素材もありますが、使っているPCやスマートフォンの画面サイズが小さいと、4Kの解像度では見られなかったり、動画を読み込む時に時間がかかってしまうこともあります。現段階ではフルHDの動画が主流となっています。

    画質

    画質とは、動画そのもののキレイさのことです。4Kの解像度でも昔のビデオカメラで撮影する場合や、カメラの設定を誤っている動画は画質が荒れてしまう場合があります。無料の動画素材サイトや、一般の方が投稿している動画などに多いので覚えておきましょう。

    信頼性

    その会社やサイトの名前を聞いたことがあるか、しっかりした運営基盤か確認しておきましょう。海外の動画素材サイトの場合、急にサイトを畳んでしまい閲覧できなくなったり、有料素材を購入したのにサイトがなくなり再ダウンロードできなくなったといったケースも起こり得ます。

    利用するサイトやその運営会社を信頼でき、長く使うことができるかを事前に考えておきましょう。

    無料で使える動画素材サイト

    それでは、前述した選び方を踏まえておすすめの動画素材サイトを紹介します。まずは無料で利用できるサイトからです。

    Pexels(ピクセルス)

    https://www.pexels.com/ja-jp/

    Pexelsは動画素材以外にもフリー画像を提供しており、知っている方も多いかと思います。会員登録不要で、掲載されているすべての写真や動画は無料でダウンロードできます。

    個人のユーザーがアップロードする素材サイトで、著作者の出典表示不要で、営利目的や商用利用も可能となっています。美麗な動画が揃っており、風景動画や縦型動画も複数揃えています。日本語対応しているので、日本語での検索もしやすく使いやすいです。カラー別など独自の検索方法があるのも特徴です。

    Mixkit(ミックスキット)

    https://mixkit.co/

    mixkitはオーストラリアの無料動画素材サイトで、今のところ日本語は非対応となっています。日本の素材も風景が少しある程度ですが、その他のライフスタイル、食べ物、自然などの使いやすいジャンルや映像編集が行いやすいアングルの素材が多いのが魅力です。

    基本商用利用可能ではありますが、制限付きライセンスの動画は不可となっています。英語の動画素材無料サイトを使う場合は、必ず利用規約をしっかり翻訳して目を通しておきましょう。商用利用の場合は特に注意してください。

    Pixabay(ピクサベイ)

    https://pixabay.com/ja/

    PixabayもPexelsと同様に、動画素材以外にフリー画像も提供しており、知名度が高いサイトです。クレジットの掲載や許可は不要で、シンプルでおしゃれな素材を探している人におすすめです。

    動画素材は、著作物の知的財産権が発生していない状態、または消滅した状態のパブリックドメインとして提供されています。日本の風景や日本人素材などは少ないですが、動画素材数はハイクオリティかつ色々なジャンルの動画が約30,000本用意されており、映像だけでなく写真やイラストも無料でダウンロードできます。

    8K/4K映像ハイビジョン映像素材集

    http://www.openspc2.org/HDTV/

    Web関連書籍を多数執筆、映像制作も手掛けている古籏一浩氏による日本発の無料動画素材サイトです。高画質で、クオリティの高い動画が揃っています。日本のサイトなので日本語で検索できたり、利用規約も日本語で確認できるため安心してお使いいただけます。

    自然の動画素材が多く、シンプルな背景素材などを探している人におすすめです。

    有料で使える動画素材提供サイト

    無料の動画素材サイトと比べると、有料のサイトは素材数も多く、クオリティの高い素材が揃っています。また、動画を購入して使用するため、基本的に著作権フリーで安心して使えます。高いクオリティの動画制作を行いたい方は、有料素材を利用するのが良いでしょう。

    Adobe Stock(アドビストック)

    https://stock.adobe.com/jp/

    Adobe Stockは、アメリカのクリエイティブソフトウェア最大手のアドビ社が運営するサイトです。ロイヤリティフリーの写真やイラスト、動画素材などを販売しているストックフォトサービスで、動画素材の点数は約2000万点もあります。大手の信頼性があり動画素材のクオリティも高いです。

    有料動画素材は、買い切りと定額制のサブスクリプションプランがあります。定期的に動画素材を使うのであれば、サブスクリプションプランがお得です。

    Envato Elements(エンバトエレメンツ)

    https://elements.envato.com/

    EnvatoElementsは、動画素材以外にもビデオテンプレートやストック映像、オーディオ/サウンド、写真、WordPressテーマ、Adobeテンプレートなど、5500万を超える膨大な素材が揃ったサイトです。

    動画素材の本数自体は34万種類ほどですが、他サイトのように買い切りであったり月何本までのDLといった制限がなく、月額プランに登録すればサイト内の素材を制限なくDLすることが可能となっています。

    shutterstock(シャッターストック)

    https://www.shutterstock.com/ja/

    shutterstockは、今では業界のスタンダードとなっているサブスク型のデジタル素材サイトの先駆けとなるサービスです。もともとは画像専門のサイトでしたが、現在は動画素材やBGM素材など質も高く、幅広い素材を数多く提供しています。アメリカの企業が運営していますが、日本語での検索もしやすく、高品質な動画素材を探すのにピッタリです。

    料金は1本買い切りと、定額制が準備されています。

    iStock(アイストック)

    https://www.istockphoto.com/jp

    iStockはゲッティ・イメージズが運営している素材サイトで、大手の会社も利用していることが多いです。

    幅広いジャンルの作品が揃い、日本人向けの動画素材もあり検索機能も使いやすいです。

    料金は1本買い切りと、月でDL本数が変わる定額プラン、クレジットパックの3種類が用意されています。動画素材のみダウンロードするのであれば、1本6,200円と他社と比較するとかなり安いです。

    PIXTA(ピクスタ)

    https://pixta.jp/

    PIXTAは説明不要、日本のデザイナーの方は一度は使ったことがあると言っても過言ではない素材サイトです。元々、写真素材サービスで有名なサイトではありますが、2010年から動画素材を提供しています。日本の風景や日本人の動画素材がたくさんあります

    1本買い切り以外に定額制プランもあり、定額プランは月3~20点までとプランによってダウンロード数に制限があります。

    イメージに合った動画素材を見つけるには

    オススメの動画素材サイトを紹介してきましたが、実際に自分の思い描くイメージに合った素材を見つけることは中々難しいと思います。

    例えば「草原にいるシマウマの親子の映像」と具体的なイメージを考えていたとしても、ピンポイントでその動画素材が見つからないことは多々あります。

    そのような場合は動画素材を選ぶ前に、動画のテーマやストーリーに合わせた素材とは何なのかを考えることが大事です。「草原のシチュエーションでなければならないのか」「シマウマは親子でなければダメなのか」「ライオンだとダメなのか」など、代替可能な部分があれば柔軟に考えを変えて、動画素材を選ぶと良いでしょう。

    関連記事

    顧客インサイトだけでは足りない?3C分析を使った戦略的な広告クリエイティブの設計方法
    顧客インサイトだけでは足りない?3C分析を使った戦略的な広告クリエイティブの設計方法
    続きを見る
    【年末商戦を成功に導く】購買行動の注目すべきトレンドと課題
    【年末商戦を成功に導く】購買行動の注目すべきトレンドと課題
    続きを見る
    「なんとなく」のフォント選びから卒業! バナー広告やスライドに使えるフォントの基本を事例付きで紹介
    「なんとなく」のフォント選びから卒業! バナー広告やスライドに使えるフォントの基本を事例付きで紹介
    続きを見る