Google 広告とサーチコンソールを連携させる方法とその活用法

Google 広告とサーチコンソールを連携させる方法とその活用法

Google Search Console (サーチコンソール)は、Google 検索におけるウェブサイトのパフォーマンスを確認、管理できる無料サービスです。このサービスを使えば、自社のウェブサイトがGoogleからどのように認識されているかを確認し、検索結果のパフォーマンスを最適化するのに役立ちます。

参考:Search Consoleヘルプ‐Search Console の概要

サーチコンソールでは、自社サイトのリンクが貼られているサイトを確認したり、正常に各ページのインデックスがされているか(Google 検索エンジンに各ページが認識されているか)を確認したりできますが、その中でもGoogle 検索のトラフィックデータの確認がよくある使い方の一つです。

検索トラフィックデータでは、自社サイトがGoogle 検索結果に表示されたときの検索語句、表示された回数、表示された回数に対してユーザーからどのくらいクリックされたかなどを確認できます。広告運用者にとって、ユーザーがどんな課題を抱えているか読み取るヒントになる検索語句に関するデータは宝の山です。サーチコンソールとGoogle 広告を連携させれば、Google のオーガニックで表示された検索語句と検索広告が表示された検索語句をGoogle 広告の管理画面上で「有料とオーガニックのレポート」という機能で確認できます。

広告とオーガニックどちらの検索語句も分析し改善アクションを考えられたら、よりウェブ集客が上手く行きそうですよね。

本記事ではGoogle 広告とサーチコンソールを連携させる方法から、「有料とオーガニック」レポートの活用法までをご紹介します。

サーチコンソールとGoogle 広告の連携方法

はじめにサーチコンソールとGoogle 広告を連携させる方法を解説します。

まず、事前に以下の要件が満たされているかチェックしましょう。

  • サーチコンソールのアカウントをすでに作成している
  • サーチコンソールのアカウントにリンクするGoogle 広告のアカウントの管理者権限がある
  • Google 広告で利用しているGoogle アカウントがサーチコンソールのアカウントでも所有者として登録されている

※サーチコンソールのアカウントに所有者として登録されていない場合、Google 広告とサーチコンソールのアカウントをリンクする際に、ウェブサイトへのアクセスのリクエストは現在の所有者に送信されます。

※リンクしようとしているウェブサイトでサーチコンソールのアカウント設定がされていない場合、リンクする過程で、そのウェブサイトが自分の所有であることを申し立てる必要があります。

サーチコンソールとGoogle 広告を連携させる手順

事前の準備が整ったら連携を進めていきましょう。


①Googe 広告の管理画面の右上にある「ツールと設定」アイコンを選択します。
②「設定」の項目内から「リンク アカウント」を選択します。


③「リンク アカウント」の項目から「Search Console」の「詳細」を選択します。


④ダイアログボックス(確認画面)の「リンク」を選択します。


⑤サーチコンソールとGoogle 広告をリンクさせたいウェブサイトのURLを入力します。
※入力するURLはHTTPまたHTTPSを指定する必要はありません。(例:anagrams.jp)
⑥ 「続行」を選択します。


⑦ステータスの列に「リンク済み」の表記を確認できたら完了です。

※「www」ありのパターンと「www」なしのパターンを 2 つ入力が必要な場合は、⑦の画面に戻って上図の赤枠「+」ボタンを選択すればURLを追加できます。

※「リンク済み」の表記ではなく、次のいずれかが表示された場合は別途対応が必要となります。

アクセスを要求しました

サーチコンソールとGoogle 広告のGoogle アカウントでウェブサイトの所有者が異なる場合に表示されます。

アクセス要求のリクエストはサーチコンソールでウェブサイトの所有者に登録されているユーザーに送信され、所有者がアクセスを許可すると「リンク済み」になります。アクセス要求のリクエストを再送信したい場合は、⑦の画面で「リクエストを再送信」を選択してください。

未申請

リンクしようとしているウェブサイトでまだサーチコンソールのアカウントが設定されていない場合に表示されます。

⑦の画面で「サーチコンソールで申請」を選択するとサーチコンソールのアカウント申請ページが表示されるので、そちらでアカウント設定を行ってください。

もし、すでにサーチコンソールのアカウントを設定しているのに「未申請」が表示されるという場合は⑦の画面の「リンクを再試行」を選択し、再度ウェブサイトの所有者にリクエストを再送信してください。

「有料とオーガニック」レポートの作成と確認方法

サーチコンソールとGoogle 広告の連携が完了したら、いよいよ自然検索と有料検索それぞれの検索語句レポートを確認してみましょう。

レポートの作成方法は以下の手順です。


①Googe 広告の管理画面の右上にある「レポート」アイコンを選択します。
②表示された項目内の「事前定義レポート(詳細分析)」を選択します。
③次に表示された項目で「基本」を選択します。


④「有料とオーガニック」を選択すれば「有料とオーガニック」レポートが表示されます。


「有料とオーガニック」レポートのデータは、Google 広告の検索キャンペーンのテキスト広告の掲載結果のみカウントされ、ショッピングキャンペーンやアプリキャンペーンの掲載結果はカウントされない点は注意しましょう。

参考:Google 広告ヘルプ - 検索広告とオーガニック検索結果の測定について

レポートの指標に使われている言葉の意味は下図を参考にしてください。

「有料とオーガニック」レポートの活用法

オーガニックでは表示されているが検索広告は表示されていない検索語句を見つけてキーワード追加やクリエイティブ改善に活かす

オーガニックでは頻繁に表示されていたりクリック率が高かったりする検索語句は、広告主がユーザーの検索意図に沿ったコンテンツを用意できている証拠です。そういった広告主が解決できそうなユーザーの悩みが潜む語句に検索広告も表示できれば、コンバージョンの獲得も期待できそうですよね。

アパレル通販を例にしましょう。「デート 服装」という検索語句にオーガニックのみでデートコーデ特集のページが表示されており、このページ経由で月に10件ほどの新規購入があることがわかりました。そこで、「デート 服装」という検索キーワードを追加したり、「デートでおすすめの服装は」といった広告文を追加したりすることで検索広告も表示されるようにできれば、オーガニックでのみページが表示されていたときよりも新規購入者を増やせる可能性があるということです。

ただし、広告を配信すれば広告費が発生するので、対象の検索語句に対して広告を表示させることで本当に利益が出るのかは十分に検討しましょう。

検索広告は表示されているがオーガニックでは表示されていない検索語句を見つけてSEOに活かす

検索広告を継続的に配信していれば、コンバージョンが獲れている、利益を上げている検索語句が一つ以上はあると思います。そういった検索語句でオーガニックにサイトを表示できていなければ機会損失ではないでしょうか?対象の検索語句で新しいコンテンツの制作や改善といったSEOに注力することで、より多くのコンバージョン見込みがあるユーザーをサイトに呼び込むチャンスです。

再びアパレル通販を例にしましょう。「有料とオーガニック」レポートを確認すると、「夏 コーデ」という検索語句に対して検索広告が表示されており、月に30件の注文を獲得していることがわかりました。ところが「夏 コーデ」という検索ニーズに沿ったコンテンツを用意しておらずオーガニックでは表示がありません。そこで「夏のコーデ特集 2020」という特集ページを作成し、オーガニックでも「夏 コーデ」に対して自社サイトが表示されるようにできれば、「夏 コーデ」の検索語句経由で購入してくれるユーザーを月30人からさらに増やせる可能性があるのです。

SEOの場合は広告費は発生しませんが、広告にくらべて時間もかかりますし、コンテンツを企画したり制作したりする費用が発生するので、広告の費用対効果と同じように人の工数対効果が見合うかは注意しましょう。

広告とオーガニックの両面から検索語句の改善幅を判断する

「有料とオーガニック」レポートを見れば、検索語句の実績を広告とオーガニックをまたいで確認できます。つまり、広告・オーガニック関係なく検索結果において特定のクエリでどのくらいサイトを表示できているか、流入を獲得できているか確認できるわけです。

広告運用は、利益を求めて広告費を投資するので費用対効果を意識することが大切ですが、利益を求めて運用時間を投資するという工数対効果の視点も同じくらい重要です。これまでいくら自社にとって重要だった検索語句でも、たとえば広告とオーガニック合わせてクリック率が50%近くあるなど改善幅が小さいと判断できれば、そこに改善の時間を使い過ぎるより、別の検索語句や媒体・プロダクト、もしくは広告以外に時間を使った方がリターンが大きいことだってあるかもしれませんよね。

まとめ

広告とオーガニックどちらの検索語句も分析すれば、広告配信やSEOにおいてさらに改善できそうな検索語句や、思わぬキーワードの対策漏れを見つけることができます。

広告運用者の仕事の一つは、課題を抱えるユーザーに適切な情報やサービスを届け切ること。検索結果をより有用なものにするためにも、広告運用者として検索意図に沿った広告やコンテンツを考え続けていきたいですね。

関連記事

Google、商品構造化データの利用範囲を拡大。Merchant Center 無しでも Google 検索でリッチな商品表示が提供できるように
Google、商品構造化データの利用範囲を拡大。Merchant Center 無しでも Google 検索でリッチな商品表示が提供できるように
続きを見る
Apple Search Adsの基本的なキャンペーン構造と成果を大きく伸ばす3つのポイント
Apple Search Adsの基本的なキャンペーン構造と成果を大きく伸ばす3つのポイント
続きを見る
Google Cloud が提供する Retail Search は、Googleのリテールメディア化支援の布石なのか
Google Cloud が提供する Retail Search は、Googleのリテールメディア化支援の布石なのか
続きを見る