Google 広告、すべてのアトリビューションレポートに「クロスデバイスアクティビティ」を含むように

Google 広告、すべてのアトリビューションレポートに「クロスデバイスアクティビティ」を含むように

Googleは全てのアトリビューションレポートにクロスデバイスアクティビティ(ユーザーのデバイスをまたぐアクション)を、2019年5月1日以降に追加することを発表いたしました。

参考:Adding cross-device activity to all attribution reports

アトリビューションレポートとは

広告管理画面上右上のツールアイコンから測定>検索アトリビューションで表示

Google 広告では、検索キャンペーンを対象に、アトリビューションレポートが提供されています。アトリビューションレポートを利用すると、ユーザーがコンバージョンに至った要因や経路に関するデータをさまざまな視点から可視化することができます。

確認できるレポートは次のとおりです。

参考:アトリビューション レポートについて

アトリビューションレポート間の不整合を解消

このうち、「クロスデバイスアクティビティ」では、たとえばモバイルで広告をクリックしたユーザーが、そのままコンバージョンはせずにあとからパソコンなど別のデバイスでコンバージョンに至る、といったデバイスをまたいだユーザーのデバイス間の移動があるアクション(クロスデバイスアクティビティ)を可視化することができます。

ただ、同じアトリビューションレポートでも、他の項目で確認できるデータにはクロスデバイスの数値は含まれていないため、アトリビューションレポート間でコンバージョン数が一致しないという状況があります。

このようなアトリビューションレポート間の不整合を解消するため、すべてのアトリビューションレポートにクロスデバイスアクティビティを含めるアップデートが行われます。

4月30日以前のレポートには含まず

4月30日以前のデータはアトリビューションレポート(クロスデバイスアクティビティ欄以外)にはクロスデバイスアクティビティは追加されません。変更日の5月1日をまたいだレポートを参照する際には、前後で異なる計算方法で算出されていることに注意が必要です。

ひとりが複数の端末を使い分けるのが当たり前の時代

今回のアップデートにより、クロスデバイス欄と他の欄のレポートの数値のズレが解消され、これまでよりもスムーズな分析が可能になります。

パソコンとスマートフォン、タブレットと、ひとりが複数の端末を使い分けるのが当たり前の時代です。これを機にアトリビューションレポートで、ユーザーのデバイス間の移動状況を確認してみるのがオススメです。

この記事のURLをコピーする
Hirotsugu Okada

Hirotsugu Okada

アナグラム株式会社 クルー。入札単価だけで掲載順位が決まらない運用型広告のフェアな仕組みと、売上よりもクライアントの成長を重視するアナグラムに興味を持ち、2017年10月からアナグラムに参画。初めて入った中華料理屋にでは必ず回鍋肉を注文する癖がある。

最近書いた記事

カテゴリ

更新情報をお届けいたします!

メールアドレスを登録していただくだけで、あなたにおすすめの情報や更新情報をお届けいたします。ぜひご登録ください!アナグラムのブログ更新は公式Facebookページ、Twitterでも受け取れます。

  • メールアドレスと登録する
  • Facebookで更新情報を受け取るTwitterで更新情報を受け取る

関連記事