Twitter広告、広告の一部編集機能の提供開始

Twitter広告、広告の一部編集機能の提供開始

2022年 4月4日に、Twitter広告のツイート作成画面で、投稿済みのツイートの一部を編集できるようになりました。

これまでも下書きや予約投稿ツイートを公開前に変更することは可能でしたが、今回のアップデートで投稿済みツイートも編集することが可能になりました。

本記事では、編集できるようになった範囲、そして広告の編集方法を解説していきます。

どこが編集できるようになった?

今回のアップデートで、編集可能になった箇所は以下です。

  • 設定済みのメディア
  • ヘッドラインやウェブサイトのURL(ウェブサイトボタンを設定したツイートの場合)

一方、以下の箇所は編集の対象外となっています。

  • ツイート本文の変更
  • 設定したメディアの数/順番/アスペクト比に関わる変更
  • アプリボタンに関連する変更

なお編集が可能なのは、ツイート作成画面やAds APIを使って作成されたツイートのみです。オーガニックツイートや、従来のツイート作成画面を使って作成されたツイートは編集できません

もしオーガニックツイートや、従来のツイート作成画面を使って作成されたツイートを編集したい場合は、一度該当のツイートを複製し、複製したツイートを編集して投稿し直すかたちになります。

編集方法

続いて編集方法を解説していきます。今回はメディアを変更してみます。

①広告マネージャーを開き、クリエイティブ > ツイートをクリック

②一覧から編集したいツイートを探してカーソルを合わせると[編集]ボタンが表示されるので、クリック

③[更新]をクリック

④変更したいメディアをアップロード

⑤アップロードした画像を選択

⑥[保存]をクリック

以上でツイートの編集は完了です。

まとめ

今回のアップデートでクリエイティブの作成がより簡単になりました。

例えば、画像や遷移先だけ変えたい場合、従来であればゼロからツイートを作成する必要がありました。しかし、編集機能を使用すれば既存のツイートを編集するだけです。

これにより、ツイートについている「いいね」や「リツイート」を維持できます。Twitter広告のオークションでは「いいね」や「リツイート」が頻繁にされているかも考慮される指標のひとつなので、これらを維持できるのはオークション上メリットです。

参考:入札とオークションに関するよくある質問

参考:Twitter広告のレポートの使い方と見るべき指標

もちろん、他にも考慮される指標はありますし、「いいね」や「リツイート」を稼ぐことが広告の目的ではないことも多いでしょう。目標としている成果に見合っていない広告を、「いいね」が多いからといって、編集して使い回すことは本末転倒です。

状況に応じて、そのツイートを配信しつづけるために編集機能をうまく使うのか、新しいツイートをテストするのか、柔軟に使い分けられるといいですね。

この記事のURLをコピーする
Rintaro Hotate

Rintaro Hotate

一気通貫でお客様と向き合えるアナグラムの体制に魅力を感じ、新卒でアナグラムに入社。リスティング広告とFacebook広告、Twitter広告の運用・コンサルティングを行っています。 本が好きで将来は本屋を経営したい。

最近書いた記事