【月のまとめ】2022年5月公開の記事ランキング

【月のまとめ】2022年5月公開の記事ランキング

5月が過ぎ、春から保育園がスタートして毎朝泣いていた息子もトコトコと先生に駆け寄っていくようになりました。大人の私も早く新しい環境に慣れなくては、と身の引き締まる思いです。

さて、2022年5月公開の記事のうち、Twitterで話題になった記事をランキング形式でお届けします。見逃してしまった記事のおさらいにもご活用ください。

※このランキングはTwitterのいいね数をもとに集計しました。集計は2022年06月02日時点のもので、その後更新されている場合があります

Twitterで話題の記事TOP5

<1位> 「なんとなく」のフォント選びから卒業! バナー広告やスライドに使えるフォントの基本を事例付きで紹介

フォントを選ぶ時、色々当てはめた上で「こんなもんかな……?」と不安になる方、もしくはどんな場面でも毎回同じフォントを使う方というのは少なくないと思います。

こちらの記事では、フォントの特性から視認性やテキストの配置まで、例を用いながら詳しく解説しています。5月30日公開にも関わらずランキング1位でした!まだ読んでない方はぜひご一読ください。

(個人的に「デザイナーの筆者のパソコンには600種類近くのフォントが入っていますが、使用頻度の高いフォントはその内のだいたい20〜30種類程度です。」という言葉に勇気づけられました。)

<2位>Google タグマネージャー(GTM)でタグの実行順序を制御する3つの方法と注意点

GTMの設定で意外と見落としがちなのが、タグの実行順序。せっかく広告を配信してもきちんと計測できていない……という事態に陥ってしまうのは避けたいですよね。

広告運用を始めたばかりの方やGTMに苦手意識を持っている方も、世の中には丁寧に解説されたGTM関連の記事がたくさんあるので大丈夫です。

今回の記事でも「この場合はこの方法でタグの実行順序を制御しよう」とフローチャートを載せていますので、困ったときは参考にしてくださいね。

<3位>Google Cloud が提供する Retail Search は、Googleのリテールメディア化支援の布石なのか

Googleが小売業向けに提供開始した「Retail Search」。Retail Search によってECサイトの商品検索機能に次のような機能を持たせることができるようになります。

  • 商品以外の検索を含む幅広いクエリからより良い結果を生み出す高度なクエリ理解
  • 製品属性とウェブサイトコンテンツを効果的にマッチングさせるセマンティック検索により、関連性の高い製品を迅速に発見することができます
  • 特定のビジネス目標を達成するために、ユーザーとのインタラクションやランキングモデルを活用した最適化結果
  • 小売企業のデータを強力なアクセス制御で隔離し、自社のプロパティで関連性の高い検索結果を提供するためにのみ使用する、最先端のセキュリティとプライバシー保護対策

後半は「もしも、Retail Search とあのプロダクトが連携できるようになったら……?」と筆者が想像を膨らませています。少しマニアックな内容ですが、「世の中の2~3人くらいがうんうんと言ってくれれば良い」とのことです。(本人談)

<4位>EC以外でも活用できる、コンバージョン値を利用したROASに基づく広告運用

商品の値段がはっきりしているECでは、コンバージョン値を設定して運用調整をしている方も多いと思います。ですが、実はEC以外でもコンバージョンポイントごとに重み付けをすることで、より質の高いコンバージョンを最大化できる可能性があります。

たとえばBtoBだと「契約に繋がりやすい資料請求のCVを増やしたいのに、実際はホワイトペーパーダウンロードばかり……」という悩みも結構ありますよね。

コンバージョンの数だけでなく質を追い求める……Web上で完結しないビジネスでは、このあたりが広告運用者の腕の見せ所でもあります。

<5位>運用型広告コンサルタントからデザイナーに転身した私が大切にしている7つのこと

マーケティング方面で活躍しているWebデザイナーも、その需要も増えている印象です。しかしながら、広告運用とWebデザイン両方の経験がある人というのは少ないのではないでしょうか?

こちらの記事では、両方を経験した弊社のクリエイティブチームリーダーが、仕事で大切にしていることを7つ紹介しています。中でも「職業名で業務範囲を区別しすぎない」というのは、どの仕事でも意識したいことですね。

キャリアチェンジを経験した方も、これからのキャリアパスの参考にしたい方もぜひ読んでみてください。

もっと読む





この記事のURLをコピーする
Erika Sunagawa

Erika Sunagawa

アナグラム株式会社 クルー。5年ほどBtoBのインハウスマーケターを経験した後、幅広い業界・商材の課題解決に携わりたいと思いアナグラムに入社。広告運用では「適切なターゲットに、適切なタイミングで、適切なメッセージを届けること」を常に心がけています。沖縄生まれ、趣味はTwitterと1人カラオケ。

最近書いた記事