Google アドワーズ、YouTube以外にリーチを広げる「アウトストリーム動画広告」の提供開始

Google アドワーズ、YouTube以外にリーチを広げる「アウトストリーム動画広告」の提供開始

動画広告といえば、YouTube上に掲載できるGoogleのTrueView動画広告がメジャーですが、実は昨年はじめよりYouTube以外のウェブサイトに動画広告を掲載できるアウトストリーム広告をベータ版として提供していました。

そして先日、アウトストリーム動画広告がベータ版ではなく、全てのアカウントへの正式ローンチがGoogleにより発表されました。

参考:A new video format to reach people across the mobile web and apps

すでに全てのアカウントで配信が可能になっています。

アウトストリーム動画広告とは

アウトストリーム動画広告は、モバイル専用の動画広告フォーマットのひとつです。6秒~30秒の動画広告をYouTube以外のウェブサイトやモバイルアプリなどのGoogle動画パートナーサイトに配信することができます。

参考:Google 動画パートナーについて – AdWords ヘルプ

一般的に、動画広告には大きく分けて「インストリーム広告」と「アウトストリーム広告」の2種類があります。インストリーム広告は、TrueViewのインストリーム広告に代表されるように、動画コンテンツの再生前や再生中、再生後に配信される動画広告のフォーマットです。一方、アウトストリーム広告とは、ウェブサイトやアプリなど動画以外に表示できる広告フォーマットです。

アウトストリーム動画広告により、これまで動画広告ではアプローチできなかったYouTubeを普段使っていない、新しいユーザーにリーチを拡大することが可能となりました。

アウトストリーム広告のおもな特徴

① 新たなユーザー層へのリーチが可能に

YouTubeやGoogle ディスプレイネットワーク上の動画コンテンツの中に配信できるインストリーム広告(TrueView動画広告やバンパー広告)とは違い、アウトストリーム広告は動画コンテンツ以外の広告枠に配信することができます。これにより普段動画コンテンツを視聴しないユーザーに対して、新しい広告枠でリーチできる機会を得られます。

② ユーザーのモバイル体験を最大限配慮した配信が可能

アウトストリーム広告は音声が流れることなく動画が再生されるため、自動再生に伴う突然の音声によるユーザーの混乱を避けることができます。また、動画をタップして簡単にミュートを解除することや、スクロールして広告を飛ばすことができるためユーザーのモバイル体験を損なわないように配慮されています。

③ 有意な視聴に対してのみ課金が発生する仕様に

この広告のインプレッションは、広告の面積の50%以上がモバイル上で表示され、動画が自動再生された時点でカウントされます。そのうえで2秒以上画面に表示された場合に広告が視聴可能とみなされ料金が発生するため、費用対効果の高いリーチの拡大が可能になります。

参考:アウトストリーム動画広告フォーマットとは

参考:動画広告フォーマットの概要

④ 動画+テキストでさまざまな広告枠に柔軟に対応

モバイルウェブでの表示やインフィードなどにネイティブな形式など、モバイルに合わせたさまざま形式に柔軟に対応できます。
以下は一部の形式のサンプルです。

画像引用元:Rich Media Gallery – Formats(※アナグラムで独自に編集加工済み)

キャンペーンの設定手順

広告の作成に必要なもの

  • YouTube動画のURL
  • ロゴ画像(形式: JPG、GIF、PNG。推奨アスペクト比: 200x200 ピクセル以上のスクエア、背景は透明)
  • 広告見出し(半角80文字以内)と広告文(半角100文字以内)
  • ランディング ページ URL


①まずGoogleアドワーズにログインし、キャンペーンの「+」ボタンをクリックします。


②キャンペーンタイプ「動画」を選択します。
③キャンペーンの目標として「ブランド認知度をリーチ」を選択します。
④キャンペーンのサブタイプ「アウトストリーム」を選択します。
⑤「続行」をクリックし、次に進みます。


⑥「キャンペーン名」を作成します。
⑦「予算タイプ」を選択します。
⑧「配信開始日と終了日」「配信ネットワーク」など、キャンペーンの設定を行います。


⑨広告グループ名を作成します。
⑩入札戦略を設定します。
⑪リーチしたいユーザーを選択します。
⑫広告を表示する場所を選択します。


⑬事前にYouTubeでホストした動画を検索、またはURLを張り付けて広告を設定します。


⑭動画から自動的に抽出された候補から、サムネイルを選びます。
※6秒~配信可能ですが、動画広告として視聴回数を計測するためには11秒以上の再生時間が必要とのアラートが出ています。


⑮「広告見出し」「説明文」「ロゴ」「最終ページURL」「広告名」を作成します。
⑯「保存して次へ」を選択し、設定終了です。

参考:アウトストリーム動画広告キャンペーンを作成する

最後に

公式ブログでは、香港政府観光局(HKTB)のアジアの旅行者に向けた観光地としての認知拡大の事例が取り上げられており、CPMを85%低く抑え完全視聴の単価を40%削減し、リーチを30%増やしたと紹介されています。

参考:Inside AdWords: A new video format to reach people across the mobile web and apps

YouTubeのTrueView動画広告でも、他の動画を視聴しようとしているユーザーに対して、以下に興味をもってもらいスキップせずに視聴してもらえる動画広告を配信するのは非常に難しいです。下記の調査でも分かりますが、動画を見に来ている訳ではないウェブサイトに関しては、それ以上に難しいのは想像に難くないでしょう。

参考:最も不快感を持つのは「Webサイト」の動画広告【ジャストシステム調査】:MarkeZine(マーケジン)

一方で、動画広告に対してポジティブな反応を示す調査も出てきています。

参考:動画広告による態度変容は若年層ほど起こりやすい──ニールセン デジタル調査 – ITmedia マーケティング

上記の調査では、若年層ほどテレビの視聴時間が短い傾向になっているためではないかとの考察が述べられています。これが正しいかはさておき、ユーザーの行動は時代や環境によって変わりますし、そのスピードは増すばかりです。これまでのやり方に固執せず、ターゲットとしたいユーザーがどこに居てどんな状況なのかを絶えず考えてくことは今後も変わらず大切ですね。

Eichi Tano

Eichi Tano

アナグラム株式会社。クルー。学業の傍ら、写真家として創作活動、撮影の仕事を請け負う。2017年8月からアナグラムへ参画。現在はFacebook広告とinstagram広告の運用を行っています。

最近書いた記事

カテゴリ

更新情報をお届けいたします!

メールアドレスを登録していただくだけで、あなたにおすすめの情報や更新情報をお届けいたします。ぜひご登録ください!アナグラムのブログ更新は公式Facebookページ、Twitterでも受け取れます。

  • メールアドレスと登録する
  • Facebookで更新情報を受け取るTwitterで更新情報を受け取る

関連記事